[グッドスマイルカンパニー]島村卯月 ニュージェネレーションVer. 製品レビュー

gsc_shimamura_uzuki_01

グッドスマイルカンパニーより発売の『島村卯月 ニュージェネレーションVer.』製品レビューをお送り致します。

Mobage提供の人気ソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』より島村卯月がスケールフィギュアとして登場です!……という好調な書き出しで始めてみたものの、管理人はゲームとかしない人なので実はこの子については何も知らないんですよね!/(^o^)\あうあうあ!

この時点で既に管理人のへそフェチ欲求を満たすための買い物だった事がバレバレなのですが、細かいことは気にせずレビューを続行してみたいと思います。アイマス・モバマス(実はこの違いもよく分かってない)関連のフィギュアは各社から数多くリリースされており、人気のシリーズなのだろうな、と思いながらも、なかなか手を出せずにいました。キャラを知らないため、購入のキッカケが掴めなかったんですね。

グッスマの『島村卯月』を購入したのは、ダブルピース&へそ出しルックという萌え要素にビビッと来るものがあったからで、発売後しばらく経ったこのタイミングでのレビュー公開にも関わらず、実は予約で購入してそのまま積んだままになっていた作品でした。(オイ) オルカトイズの黒猫と同時期には届いていたかなと記憶していますが、メガホビのレポートとも重なってしまい、撮影のタイミングを逃してそのままになっていたんですよね…。キャッチコピーは「なげられたりもしたけれど、私はげんきです。」で決まりですね!(恨み節)

まぁ、色々と思うところはありますが、早く開封してあげれば良かったなぁと思える可愛らしいフィギュアに仕上がっていましたので、おへそのあたりを丹念にprprして堪能レビューを始めましょう!

 

  • メーカー:グッドスマイルカンパニー
  • 商品名:島村卯月 ニュージェネレーションVer.
  • 作品名:アイドルマスター シンデレラガールズ
  • サイズ:1/8スケール(全高約200mm)
  • 原型制作:加藤学
  • 発売日:2014年5月

 

■パッケージ

gsc_shimamura_uzuki_02gsc_shimamura_uzuki_03

白と鮮やかなピンクを基調とした商品パッケージ。きらびやかな星型が随所にあしらわれたデザインで、アイドルっぽい囲気を醸し出しています。箱サイズは約W140mm×H260mm×D140mmで、綺麗な直方体形状。大きさはごく標準的な1/8スケールのサイズ感でそれほど場所を取りません。

gsc_shimamura_uzuki_04

窓は正面・側面・天面の計3箇所で、正面以外は明かり取り用といった印象。正面窓の視認性は高い方だと思いますので、中身の確認はしやすいと思います。デザイン上、斜めのラインが効果的に使用され、キャラクター名等の書体にも斜体が掛けられています。

gsc_shimamura_uzuki_05

箱全面にはホログラム箔の表面加工が施されており、光を当てるとキラキラと光ります。ホログラムが光る関係で商品写真の視認性が少し落ちる印象もありますが、きらびやかなアイドルっぽい雰囲気が出ていてこれはこれで良いのではないでしょうか。さすがグッスマ。パッケージも凝ってますなぁ…!

 

■ブリスター

gsc_shimamura_uzuki_06gsc_shimamura_uzuki_07

本体と台座、差し換え用の表情パーツが収められたブリスター。無駄のないシンプルな構成。

 

■取扱上の注意

gsc_shimamura_uzuki_08

顔パーツの交換方法が記載された説明書が付属。特に難しいことはないと思います。

 

■全身

gsc_shimamura_uzuki_09

満面の笑顔でダブルピース!が印象的なしまむらさん。ステージ上で小走りに駆けているようなポーズで片足立ちしており、動きを感じる造形です。ぱっと見では「いかにも可愛いアイドル」的な分かりやすさがありますね。この子の属性がキュートというのはそういう事か。

gsc_shimamura_uzuki_10

左足を大きく曲げて立っており、正面以外からの方が動きが強調されて見える印象です。

gsc_shimamura_uzuki_11

ピンク基調のフリフリコスチュームの露出度が高いのが特徴的で、可愛さとエロさの両方を兼ね備えているだと…?(震え声)

gsc_shimamura_uzuki_12 gsc_shimamura_uzuki_13

短いフリルのスカートから覗く太ももがまぶしっ…!!

gsc_shimamura_uzuki_14 gsc_shimamura_uzuki_15

腋の締め方や、微妙な腰のひねりなど、身体のシルエットはとても美しいです。見ようによっては若干あざとくも見えるポーズなのですが…。

gsc_shimamura_uzuki_16

純朴そうな笑顔があざとさをかき消してしまいます。これは普通に可愛いです。

コスチュームはフリフリで派手だけど、中身は普通の女の子といった感じで、管理人的にはこの辺がむしろ好印象だったのでした。アイドルっぽくないアイドルかも知れませんね。(ちょっと酷い?)

 

■少しアップで

gsc_shimamura_uzuki_17

上半身をアップ気味で切り取って見ました。表情とポーズが織り成す可愛さが溢れ過ぎて止まらない…!!

gsc_shimamura_uzuki_18gsc_shimamura_uzuki_19

可愛さを受け止めるなら目線を合わせたアングルがおススメですが、横から見た方が動きを感じますね。

 

■お顔

gsc_shimamura_uzuki_20

大きくお口を開いた満面の笑顔で、目がニッコリ状態なのが最大の特徴でしょうか。「満点スマイル」とはこの表情の事なのかな? 固目を閉じたウィンク顔は時々見かけますが、両目でニッコリな表情のフィギュアはあまり見かけない気がしますね。珍しいです。

gsc_shimamura_uzuki_21

この表情、ダブルピースのポーズと良く合います。可愛くて蕩けそう…。(*´ω`*)

gsc_shimamura_uzuki_22

お顔は角度によって破綻することはなく、どのアングルで見てもちゃんと可愛いのが嬉しい。

gsc_shimamura_uzuki_23

横から見た際には、立体的なお口の造形が効いてきますね。

 

■差し換えパーツ

gsc_shimamura_uzuki_24

このフィギュアには、表情の差し換えパーツが付属しています。「目を閉じているのはちょっと…」という場合には、こちらの表情に差し換えて飾る事も可能なんですね。これは至れり尽くせり。

gsc_shimamura_uzuki_25

表情パーツは前髪とお顔が一体になったもので、後ろ髪のパーツから取り外して交換する形になります。パーツ交換は頭部を外してから行いましょう。

gsc_shimamura_uzuki_26

目を開いた普通の笑顔のしまむらさん。(*´ω`*)うむ。この表情も可愛い。

gsc_shimamura_uzuki_27

アイプリントはマットな質感で、とてもシャープな仕上がり。この仕上げはさすがグッスマ、と言った感じでしょうか。

gsc_shimamura_uzuki_28 gsc_shimamura_uzuki_29

目を開いた笑顔の方がキャラクターのお顔立ちがハッキリと読み取れる感じはありますが、ポーズとのマッチングと言う点ではニッコリ顔の方が上手くハマる気もしますね。まぁ、この辺はお好みでどうぞ、と。

 

■髪の毛

gsc_shimamura_uzuki_30

毛先がクルクルっとカールした髪の毛は身体の動きに合わせて広がったようなボリューム感のある造形。色はこげ茶をベースにグラデーションが入れられており、仕上げはとても丁寧でした。

gsc_shimamura_uzuki_31

後ろ髪の造形はとても複雑で、情報量は多め。あぁ、こういうパスタあったなぁとか感慨に浸りたくなります。

gsc_shimamura_uzuki_32

gsc_shimamura_uzuki_33 gsc_shimamura_uzuki_34

髪の毛のバンドには立体感のあるリボンと花の飾りを付けています。リボンはスカートの柄と同じチェック模様で塗り分けられており、ボリューム感のある造形。それにしても、このリボンだけで何色使ってるんでしょうね…。

 

■上半身

gsc_shimamura_uzuki_35

可愛らしさがギュギュギュッと凝縮されたかのような上半身カット。

視線は胸へ、おへそへ──。世界よ、これがニュージェネレーションだ…!! ※いや、たぶん違う

gsc_shimamura_uzuki_36

いやね、ダブルピースポーズによってむぎゅっとなった柔らかそうなバストに嫌でも目が行きます。硬度はマシュマロ相当と推定。(*´ω`*)

gsc_shimamura_uzuki_37

寄せて上げる効果が最大限に発揮されております。

gsc_shimamura_uzuki_38

普通よりも少し大きいかなといったサイズ感だと思いますが、とにかく柔らかそうな質感が伝わってくる造形で、これはもうニヤケるしかないw。

gsc_shimamura_uzuki_39

(*´д`*) いや、これは結構大きいかもw。ムギュムギュー!!

gsc_shimamura_uzuki_40

コスチュームにも髪に付けていたのと同じようなデザインのリボンがあしらわれており、こちらもかなり細かく造形されています。

gsc_shimamura_uzuki_41

エロ可愛いへそ出しルックで、困ってしまうのー!! (*´д`*)

 

■お手手

gsc_shimamura_uzuki_42

腋を締めたダブルピースがとても可愛らしいです。

gsc_shimamura_uzuki_43

指先には爪の造形・塗装表現あり。爪はクリア塗装されており、光沢感があります。

gsc_shimamura_uzuki_44

指先の造形表現が素晴らしく、指の腹と爪側の造形に差が付けられています。爪の先が尖っているように見えるのがリアルに感じました。

 

■(*´д`*) おなかprpr

gsc_shimamura_uzuki_45

しまむらさんの破壊力を極限まで高めているのは、このおなかでしょうねw。キュートなおへそにドキッ!!

gsc_shimamura_uzuki_46

あざとい…あざとすぎるぜこのコスチューム…!! フリフリの可愛らしさと大胆な露出を組み合わせた罪なデザインですよ。

gsc_shimamura_uzuki_47

むにっとしたお胸の下には白いおなかが広がっております。どちらも柔らかそう…。(*´д`*)

gsc_shimamura_uzuki_48

おへその窪みやその周囲の微妙な膨らみ感が再現された素晴らしい造形。おへそへと続くおなかのラインに舌を這わせたくなること請け合いです。

gsc_shimamura_uzuki_49

(*´д`*) ハァハァ…

gsc_shimamura_uzuki_50

スカートとおなかの間に生まれたわずかな隙間がエロさを醸し出しているね。

gsc_shimamura_uzuki_51

(*´ω`*) この、ビフィズス菌が生きたまま腸まで届いてる感じが最高なんや!※落ち着け

gsc_shimamura_uzuki_52

へそフェチさんが狂喜乱舞しちゃいそうな可愛らしいおへそです。

gsc_shimamura_uzuki_53

身体とスカートとの隙間に悶々としてしまいますが、簡単に外せる仕様ではないようですね。コトブキヤのようにスカートが簡単にパージできたら最高なんですがw。

 

■スカート

gsc_shimamura_uzuki_54

ピンクのスカートはフリルが何重にも重なったボリューム感のある造形。それにしてもスカート短かっ!!

gsc_shimamura_uzuki_55

フリルの造形のなんと細かいこと!チャック柄の塗り分けも丁寧で、これだけシャープなら仕上げについて不満はないですね。

gsc_shimamura_uzuki_56 gsc_shimamura_uzuki_57

(*´ω`*) 撮影中に見つけてしまったムフフアングル。スカートから覗くお尻のくぼみ感がすんばらしいよ!!

gsc_shimamura_uzuki_58

(*´ω`*) 堪能しちゃってマジごめんなさい。

gsc_shimamura_uzuki_59

スカートはとても短いのですが、見えるか見えないかのギリギリのラインで巧みに調整されているようで、実際相当下からでないと中身は拝めません。(・ω・)h

gsc_shimamura_uzuki_60

白い太腿が眩しいですね~。ぱんつは見えませんが、後ろから眺めていても楽しいフィギュアです。

 

■おみ足

gsc_shimamura_uzuki_61

フリルの下からすらっと伸びたおみ足の肉付き感は、全体的にスレンダーな印象。

gsc_shimamura_uzuki_62

ただ、太ももの辺りにはふっくらとした肉感が与えられており、この周囲だけ妙にエロいw。

gsc_shimamura_uzuki_63

17歳に相応しい太ももと言えるのではないでしょうか。成長が楽しみです。(*´ω`*)

 

■靴

gsc_shimamura_uzuki_64

靴は光沢感のある鮮やかなピンクに塗装されていました。

gsc_shimamura_uzuki_65

足首の部分をベルトで固定するタイプの靴で、ベルト部分にはリボンのあしらいも。

gsc_shimamura_uzuki_66

靴下の折り返し部分の飾り等、細かい部分も丁寧に仕上げられていました。

 

■台座

gsc_shimamura_uzuki_68

シンプルな白色の円形台座が付属。乳白系のクリア素材で、うっすらと透明感を感じます。台座にはロゴのプリントや装飾が一切ないので、ちょっと寂しい印象も…。フィギュア本体とは2本のダボで固定されます。

gsc_shimamura_uzuki_67

片足立ちに加えて足を斜めに差し込むタイプのため、夏場の傾き等がちょっと心配かも知れません。バランスは悪くはないのですが、片足立ちポーズのフィギュアはダボをもう少し長めにして欲しいかな…。

 

■ローアングル

gsc_shimamura_uzuki_69

スカート短めにも関わらず、しまむらさんのガードは固めです。相当低い位置からでないと、中身は拝めません。

gsc_shimamura_uzuki_70

(*´ω`*) チラッとするのは、この辺とかかなぁ…。

gsc_shimamura_uzuki_71

面倒なので執行モードに移行。(・∀・)ぱんつは純白!

gsc_shimamura_uzuki_72

デザインはシンプルで、フリル等の装飾はなし。正直なところ、それほどエロさは感じませんね。※既に感覚麻痺

gsc_shimamura_uzuki_73

(*´ω`*) ここはひとつ、太もものむっちり感と、ぱんつの微妙なシワ感に心躍らせることにしよう。

gsc_shimamura_uzuki_74

(*´д`*) リビングで寝転んだ妹のぱんつを見てしまったかのような素朴感…!!

しぶりんのぱんつはパール塗装だったりするみたいですが、しまむらさんのぱんつはわりと普通でしたね。ちなみにこのぱんつ、ファッションセンターしま○らで買ってたりしないよね…?

 

■フリーアングルショット

gsc_shimamura_uzuki_75

島村卯月のフリーアングルショットです。背景紙にラメ紙を使用し、フィギュアの右後方でストロボをワイヤレス発光させてキラキラ感を出して見ました。(内蔵ストロボと合わせて2灯使用しています。)

このブログはレビューがメインになるので、どうしても説明調のカットが多くなってしまうのですが、もう少しイメージ的な写真の枚数を増やしてみたい気もしています。そこで、今回はラメ紙を使用したイメージに限って三脚を使用せずに、手持ちで撮影して見ることにしました。ストロボを使用する場合はシャッタースピードが稼げるので、カメラ手持ちでもブレずに撮れるんですよね…。(今頃気付いた)

レビューの撮影は全て三脚を使用して撮影していますが、イメージ撮りで三脚を使うとアングル出しに時間がかかる事が多く、カット数(アングル数)が稼げないのがネックでした。実際やって見て、自分が動きながらバシバシ撮るのも気持ちの良いものだなと感じました。ストロボを使用する場合には手持ちのカットも増やして見ようかと思います。

gsc_shimamura_uzuki_76 gsc_shimamura_uzuki_77 gsc_shimamura_uzuki_78

少し絞りを開いて、バックのキラキラのボケ量を大きくして見ました。

gsc_shimamura_uzuki_79

(*´ω`*) しまむらさん可愛いなぁ…。

gsc_shimamura_uzuki_80 gsc_shimamura_uzuki_81 gsc_shimamura_uzuki_82 gsc_shimamura_uzuki_83 gsc_shimamura_uzuki_84 gsc_shimamura_uzuki_85 gsc_shimamura_uzuki_86 gsc_shimamura_uzuki_87 gsc_shimamura_uzuki_88 gsc_shimamura_uzuki_89 gsc_shimamura_uzuki_90

お顔の差し換えも…。

gsc_shimamura_uzuki_91

gsc_shimamura_uzuki_92 gsc_shimamura_uzuki_93 gsc_shimamura_uzuki_94 gsc_shimamura_uzuki_95 gsc_shimamura_uzuki_96 gsc_shimamura_uzuki_97 gsc_shimamura_uzuki_98 gsc_shimamura_uzuki_99 gsc_shimamura_uzuki_100

巷ではしまむらさんは普通とか言われているそうですが、フィギュアはとても可愛いらしく仕上がっておりました。ポーズと表情のマッチングが素晴らしく、おまけにおへそもprprと堪能できるのが良いですね~。差し換え用の表情パーツが付属するのも面白いと思います。仕上げについてはグッスマらしく細部までキッチリと仕上げている印象で、この精度なら殆ど不満はありませんね。アイマス・モバマスシリーズで管理人的にヒットしたのはしまむらさんだったのですが、他所さんのレビューを見てしぶりんも気になっていたりします…。さてさて、どうしたものか…。

『島村卯月 ニュージェネレーションVer.』製品レビューをお送り致しました。

写真はFlickrにもUPしてあります。

 

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販