[コトブキヤ]南ことり -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- 製品レビュー

kotobukiya_minami_kotori_01

コトブキヤより発売の『南ことり -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.-』製品レビューをお送り致します。

絶大な人気を誇る『ラブライブ! School idol project』より、天然ボケおっとり系美少女の南ことりが登場です。

コトブキヤからは高坂穂乃果と園田海未が「夏色えがおで1,2,Jump!」バージョンとして既に発売済みで、ことりちゃんはこのシリーズでは3人目となりますね。ラブライブ!関連のフィギュアは発売後に瞬殺となるケースが多く、ことりちゃんも相当に人気が高かったようです。管理人は予約購入でしたが、発売当日の店頭での入手難易度は相当高かったとか…。ラブライブ!人気恐るべし…!! 先日発売され入手困難となっていた「園田海未 -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.-」は早々に再販決定のアナウンスがありましたが、ことりちゃんは果たして…?w

それでは上手く捕獲できたちゅんちゅん!なことりちゃんのレビューをドゾー。

 

  • メーカー:コトブキヤ
  • 商品名:南ことり -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.-
  • 作品名:ラブライブ! School idol project
  • サイズ:1/8スケール(約220mm)
  • 原型制作:阿部まさと
  • 発売日:2014年6月

 

■パッケージ

kotobukiya_minami_kotori_02

夏空のブルーを基調とした爽やかな印象の商品パッケージ。シリーズで共通のデザインフォーマットと思われます。正面には大きく窓が開けられ、視認性は良好。窓の右下には、モチーフとなった「夏色えがおで1,2,Jump!」のイラストが掲載されています。

サイズは約W150mm×H270mm×D130mmで、縦長の直方体形状。少し高さはありますが、パッケージはコンパクトにまとめられている印象です。

kotobukiya_minami_kotori_03

パッケージ背面には商品写真が大きく掲載。キャラ説明のプロフィール欄がアイドルっぽい雰囲気を醸し出していますw。背面にも元イラストが掲載されていますので、まじまじとフィギュアと見比べてみるのも面白いかも知れません。首の角度など微妙に異なる部分もありますが、これはなかなかの完成度ですぞ…!

kotobukiya_minami_kotori_04kotobukiya_minami_kotori_05

側面には青空をバックに舞う花が散りばめられており、左側面にはハート形の打ち抜き窓が。花びらのどこかトロピカルな色彩が効いた明るいパッケージデザインですね。窓は正面・天面・側面1ヶ所の計3ヶ所で、正面窓が大きいため視認性は良好かと思います。

 

■中台紙

kotobukiya_minami_kotori_08

パッケージの中台紙には背景がプリントされており、穂乃果と海未の分を組み合わせてディスプレイ用の背景として使えるようです。後ろに見えている橋はレインボーブリッジかな?

 

■ブリスター

kotobukiya_minami_kotori_06kotobukiya_minami_kotori_07

本体と台座が収められたブリスター。オプションパーツ等は特になく、シンプルな構成です。

 

■全身

kotobukiya_minami_kotori_09

両手を口元でそっと広げ、笑顔を振りまいているかのような可愛らしいポージング。重心を右足に寄せて片足立ちしており、台座の水しぶきと相まって着地の瞬間を切り取ったような、動きのある造形に思わず引き込まれます。

kotobukiya_minami_kotori_10 kotobukiya_minami_kotori_11

身体の動きに合わせて揺れる、髪の毛のふんわりとした広がり感が(・∀・)イイですね!

kotobukiya_minami_kotori_12

顔の前に両手を広げているポーズのため、「お顔が良く見えるアングル」についてはやや限定的とも言えるのですが、身体全体のシルエットはとても美しいです。動きのあるフィギュアは撮っていて楽しいなあ…(*´ω`*)

kotobukiya_minami_kotori_13 kotobukiya_minami_kotori_14 kotobukiya_minami_kotori_15 kotobukiya_minami_kotori_16

この「夏色えがお」シリーズ、穂乃果は元気いっぱい!、海未はセクシー!、ことりちゃんはキュート!と、それぞれにキャラの特徴が出ていて面白いですね。(まぁこれは、管理人的な勝手な解釈ですけど…w。)

 

■少しアップで

kotobukiya_minami_kotori_17

(*´∀`*) ことりちゃんキューーーート!!

kotobukiya_minami_kotori_18

このタレ目がちなあどけない表情とポーズにノックアウトされてしまえ!! 柔らかなカーブを描きながら揺れる髪の毛にも注目なのです。この表情とポーズは、動きがあってこそ活きてくるものではないかと。

kotobukiya_minami_kotori_19

シリーズ3人の中でポーズに最も大胆さを感じたのは穂乃果だったのですが、ことりちゃんもなかなか見せてくれます。アイドルっぽくていい感じ!

kotobukiya_minami_kotori_20

両手の位置の関係で、このフィギュアの鑑賞アングルはやや上からがお勧めかも知れません。お顔とかお胸とか、地味にガードが固い。

kotobukiya_minami_kotori_21

全体的にコスチュームの露出度は低めで、ぱっと見水着に見えない印象もあります。まあ、愛いから許す。(*´ω`*)

 

■上半身アップ

kotobukiya_minami_kotori_22

ことりちゃんは水着の上からオーバーオール風のコスチュームを身に着けています。ダボっと着た感じがかえってエロい…?w

kotobukiya_minami_kotori_23

コスチュームの肩紐がずり落ちた感じがアカン感じにエロいのだ…。

kotobukiya_minami_kotori_24

(*´ω`*) お胸に関しては後で詳細にチェックしましょうね。

 

■お顔

kotobukiya_minami_kotori_25

たれ目がちでキュートなことりちゃんのお顔も可愛く再現。アイプリントは例によって光沢感の強いコトブキヤ仕様なので、これは結構テカりますね…。^^;; 頬の部分にはほんのりとチークが入れられ、ラブリー感がアップしています。( ゚∀゚)キュンキュン!!

kotobukiya_minami_kotori_26kotobukiya_minami_kotori_27

両耳には膨らみ感のあるハート型のイヤリングを付けており、こちらはゴールドに塗装されていました。首元にはオレンジの花飾りの付いたチョーカーを身に着けています。

 

■髪の毛

kotobukiya_minami_kotori_28

身体の動きに合わせて揺れる長い髪の毛。カーブがとても柔らかく、毛先がくるんっとなった箇所がチャームポイントです。

kotobukiya_minami_kotori_29

kotobukiya_minami_kotori_30

後ろ髪は毛先まで細かく造形され、情報量は多めです。

kotobukiya_minami_kotori_31

頭頂部の髪房のボリューム感がことりちゃんらしくて良いですな。髪の結び目にはオレンジの花飾りを付けています。このオレンジの花は他の部分にも繰り返し使われていますね。

kotobukiya_minami_kotori_32

この髪飾り、葉っぱとリボンの部分にクリア素材が使われています。この透き通った感じがトロピカル!鮮やかなグリーンとイエロー系の色合いが花のオレンジを一層引き立てていますね。

kotobukiya_minami_kotori_33

後ろ髪の緩やかなカーブが美しいです。シャープな中に柔らかさを感じる造形です。

kotobukiya_minami_kotori_34

 

■胸など(*´д`*)

たとえガードが固くても執拗にチェックするぜ!! これも仕事だからな!!(※違います)

kotobukiya_minami_kotori_35

ご覧の通り、両手とオーバーオールに阻まれ、お胸の視認性は低いと言わざるを得えません。しかし腕の向こうには確かな膨らみが…!! ハートのマークが呼んでるぜ!!

kotobukiya_minami_kotori_36

前からは難しそうなので、横から狙ったところ、 (*´д`*) ことりちゃんおっきい…!! 腋を締めているので寄せて上げて効果が発揮されているのかも知れませんが、ことりちゃんはボリューミーなバストを隠し持ってたぜ!!

kotobukiya_minami_kotori_37

( ・∀・)つ乳 ミルクドゾー!のポーズ!(※違います)

kotobukiya_minami_kotori_38

(*´ω`*) アップにするとぽちゃ子に通じるエロさがありますね。

kotobukiya_minami_kotori_39

下からでも膨らみは確認できますが、やはり上から眺めるのがおススメでしょうか。

kotobukiya_minami_kotori_40

(*´д`*) は、挟み込めそうな谷間ですね…!! ちゅんちゅん!

kotobukiya_minami_kotori_41

下乳の確認に邪魔なオーバーオールは、金具等がゴールドに塗装されているなど丁寧な仕上がり。別パーツになっているので構造上は外せなくもないようですが、方法が良く分かりませんね…。

kotobukiya_minami_kotori_42

このダボっとした着こなしは、どこか裸エプロンのエロさに通じるものがあるような気がします。

kotobukiya_minami_kotori_43

背中側もチェックチェーック!! 正面よりも肌の露出度は高く、背中もなかなかセクシーです。髪の毛が上の方に翻っているため、背中側も容易に視認できます。

kotobukiya_minami_kotori_44

ことりちゃんは可愛らしさの裏側にエロさを隠し持っている…。なんて恐ろしい子…!!

kotobukiya_minami_kotori_45

左腕の肩下あたりには真っ赤なハートのボディペイントが。

 

■お手手

kotobukiya_minami_kotori_46

両腕には明るい黄緑色のバンドをはめています。

kotobukiya_minami_kotori_47

ミルクを差し出す両手は指先まで丁寧に造形されています。柔らかそうなお手手ですね。

kotobukiya_minami_kotori_48

指先には爪の造形と塗装あり。爪は光沢感のある緑に塗装されていました。色合い的にはちょっと毒々しい感じもw。

 

■腰まわり

kotobukiya_minami_kotori_49

穂乃果と海未がフリルの付いた水着・パレオのようなデザインだったのに対し、ことりちゃんはガッツリズボン的なデザインのコスチュームを身に着けています。ちょびっとガード固めな感じもw。

kotobukiya_minami_kotori_50

フリル部分にはクリアパーツが使用されており、鮮やかさと透明感を感じる仕上がりになっていました。

kotobukiya_minami_kotori_51

フリルは細かく造形されています。

kotobukiya_minami_kotori_52

(*´ω`*) お尻フリフリ~。

kotobukiya_minami_kotori_53

フリル部分は上は黄色、下はオレンジに近い色合いで、微妙な変化が付けられているようです。

kotobukiya_minami_kotori_54

(*´ω`*) 数少ない露出部分である「おへそ」を、いかにフェティッシュに撮るか?という挑戦。

kotobukiya_minami_kotori_55

(*´ω`*) へそフェチさんいらっしゃーい。

kotobukiya_minami_kotori_56

露出は少ないものの、積極的に隙間を楽しんでみるのも良いかも知れません。

 

■おみ足

kotobukiya_minami_kotori_57

スラリと伸びたおみ足にはサンダルを着用。太ももの下あたりまでぐるぐると巻かれた紐が印象的です。

kotobukiya_minami_kotori_58

足先は水しぶきの中心に固定。ポーズ的にも、今まさに着地したかのような臨場感を感じますね。

kotobukiya_minami_kotori_59

サンダルの紐は黒に近いこげ茶色で、ビターチョコレートのような色合いです。

kotobukiya_minami_kotori_60

(*´ω`*) 見ようによっては「ことりちゃんがうっかりドボン」なシーンに見えなくもないw。

kotobukiya_minami_kotori_61

台座とポーズの相乗効果を感じる造形美ですね。

kotobukiya_minami_kotori_62

足指の爪にも手と同様の塗装が施されていました。

 

■ローアングル

kotobukiya_minami_kotori_63

水着ですが一応ローアングルも。正直言ってフリルのガードが強力で、下から拝むのは困難です。

kotobukiya_minami_kotori_64

(*´д`*) み、見えそうで見えない…!(見てどうする)

kotobukiya_minami_kotori_65

実力行使するとこんな感じです。み、水着だから全然問題ないですよ。

kotobukiya_minami_kotori_66 kotobukiya_minami_kotori_67

かなり濃い目の緑系の色合いで、造形はそこそこ。水着なのでスジ等はありません。

 

■台座

kotobukiya_minami_kotori_68

このシリーズで特徴的なのは水しぶきをモチーフにしたクリア台座でしょうか。作品の雰囲気にピッタリと合っていて、飾り栄えしそうです。

kotobukiya_minami_kotori_69

水しぶきにはオレンジの花びらがあしらわれており、色合いも鮮やか。この花びらはキャラによって異なっているようですね。

kotobukiya_minami_kotori_70

水の造形がとにかく素晴らしいです。

kotobukiya_minami_kotori_71 kotobukiya_minami_kotori_72

台座の色合いを見るため、白い紙の上に置いてみました。水しぶきにはグラデーションで青い色合いが付けられており、水の雰囲気が再現されています。素材の使い方が上手く、台座にもこだわるコトブキヤの熱意を感じます。

kotobukiya_minami_kotori_73

水しぶきの中心部分にはダボ穴が設けられており、ここにフィギュア本体のダボをはめ込みます。

kotobukiya_minami_kotori_74

足先のダボ付近には、水と同じ色合いのクリアパーツが取り付けられていました。フィギュアの足元を上から見下ろしても接続分にまったく違和感を感じなかったのはこのパーツのおかげなんですね。仕事が細かい!

kotobukiya_minami_kotori_75

(*´ω`*) 水しぶきの中に立つ少女の姿と言うのは、スピリチュアルやね。

 

■フリーアングルショット

ことりちゃんのフリーアングルショットです。背景はレビューと同じブルーのグラデーションペーパーの他、色数の多いタント紙なども使ってみました。

kotobukiya_minami_kotori_76 kotobukiya_minami_kotori_77 kotobukiya_minami_kotori_78 kotobukiya_minami_kotori_79 kotobukiya_minami_kotori_80 kotobukiya_minami_kotori_81 kotobukiya_minami_kotori_82 kotobukiya_minami_kotori_83 kotobukiya_minami_kotori_84 kotobukiya_minami_kotori_85 kotobukiya_minami_kotori_86 kotobukiya_minami_kotori_87

以下はタント紙(肝心の色名忘れた)を使用したもの。背景紙にはレザックを使っている方が多いかと思いますが、色のバリエーションがそれほど多くないため、色の微妙なトーンを出したい時は他の紙を使ってみるのもアリですね。耐久性が今ひとつかも知れませんが、タントやマーメイドは色数も豊富でおススメです。

kotobukiya_minami_kotori_88 kotobukiya_minami_kotori_89 kotobukiya_minami_kotori_90

同じ背景紙のまま、バックの照明を落とした例。最近のフィギュア撮影ではフィギュア用と背景紙用の2灯を使っていますが、後ろの照明を落とすと色合いが大きく変わりますね。色の薄い紙を使うと現像時に色が飛んでしまう事があるのですが、照明を落とす方法も有効かも知れません…。

kotobukiya_minami_kotori_91 kotobukiya_minami_kotori_92 kotobukiya_minami_kotori_93 kotobukiya_minami_kotori_94 kotobukiya_minami_kotori_95 kotobukiya_minami_kotori_96

困ったときの白バックなどなどw。

kotobukiya_minami_kotori_97 kotobukiya_minami_kotori_98 kotobukiya_minami_kotori_99 kotobukiya_minami_kotori_100

コトブキヤの『南ことり -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.-』は、ポーズや表情の可愛らしさと躍動感の両方が楽しめる、ちょっと贅沢なフィギュアに仕上がっていました。ポーズ上、お顔が良く見えるアングルとなるとやや限定される感じはあるのですが、身体全体のポージングにも魅力はあり、クリア素材を用いた台座の見せ方がとても印象的です。この「夏色」フィギュアシリーズが2年生組の3人で一旦終了なのか、それとも楽曲やテーマを変えるなどしてまだまだ続くのか不明ですが、他のキャラクターのフィギュア化を望む声は多そうですね…。完全新作劇場版の制作も決定したようですし、ラブライブ人気はまだまだ続きそうです…!!

『南ことり -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.-』製品レビューをお送りしました。

写真はFlickrにもUPしてあります。

 

 

■【ラブライブ】μ’s 3rdシングル「夏色えがおで1,2,Jump!」 ショートサイズPV

 



前後の記事


“[コトブキヤ]南ことり -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- 製品レビュー” への1件のコメント

  1. […] 南ことり -夏色えがおで1,2,Jump! Ver.- 製品レビュー (HobbyHolicさん) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販