[コトブキヤ]艦隊これくしょん -艦これ- 吹雪 製品レビュー

kotobukiya_fubuki_01

コトブキヤより発売の「艦隊これくしょん -艦これ- 吹雪」製品レビューをお送り致します。

キューポッシュ雷に引き続き、今度はスケールフィギュアとして発売された艦これ「吹雪」のレビューであります。

戦艦だったり空母だったり潜水艦だったりと、次から次へと発売されまくる艦これ関連フィギュア。戦況を静観(?)していたコトブキヤも、遂にスケールフィギュアを実戦投入してきましたw。

スケール第1弾は、特型駆逐艦1番艦「吹雪」。アニメでは主人公を務めていましたね。

これまで発売されてきた艦これフィギュアはとにかく大きなものが多かった気がしますが、「吹雪」は駆逐艦と言うこともあり、サイズは比較的控えめ。艤装があるとは言え、普通のスケールフィギュアの感覚で飾れるサイズ感にまとめられていました。

コトブキヤはキューポッシュとスケールの両面で「駆逐艦」シリーズを展開するようで、スケールでは他に雷・電などが発売予定となっています。艦娘の人気の度合いも様々でしょうが、駆逐艦という括りで揃えやすさを重視したシリーズ展開…ということでしょうか。

それでは駆逐艦「吹雪」を丹念にprprしてみましょう。レビューの方をドゾー。

 

  • メーカー:コトブキヤ
  • 商品名:吹雪
  • 作品名:艦隊これくしょん -艦これ-
  • サイズ:1/8スケール(約200mm)
  • 原型制作:榊馨 / 協力:コトブキヤ
  • 発売日:2015年6月

 

■パッケージ

kotobukiya_fubuki_02kotobukiya_fubuki_03

紺碧の大海原を背景にあしらったいかにもな商品パッケージ。側面窓や背面のデザインに六角形をあしらうなど、ゲーム版を意識したデザインが施されています。窓は正面・両側面・天面の計4ヶ所で、正面窓の視認性は良好。中身の確認は容易かと思います。

kotobukiya_fubuki_04

パッケージサイズは約W170mmm×H240mmm×D140mmmで、標準的な1/8スケールフィギュアの箱と同じくらいでしょうか。とてもコンパクトにまとめられていました。

kotobukiya_fubuki_05

側面には「しばふ絵」も掲載。(*´ω`*) イラストの時点でぱんつ見えてるぜ…!

kotobukiya_fubuki_06

パッケージのベロ部分には「お疲れさまです。司令官!」の文字がw。

 

■ブリスター

kotobukiya_fubuki_07kotobukiya_fubuki_08

本体・台座とジョイント2個が収められたブリスター。本体と台座はあらかじめネジ止めされているため、特に組立作業等は必要ありません。

kotobukiya_fubuki_09

注意点や可動域の説明が記載された説明書が付属。スケールフィギュアですが、一部が可動するようです。

kotobukiya_fubuki_10

付属するジョイントパーツは、後に発売される雷・電の台座と接続するためのもの。よって今回は使用しません。

 

■全身

kotobukiya_fubuki_11

艤装を身に纏い、脚を開いて連装砲を構えた姿を立体化。これはゲーム版のイラストの雰囲気そのままですね!

kotobukiya_fubuki_12

お顔まわりにはアレンジが加えられていると思いますが、それ以外は元絵の雰囲気を忠実に再現しているように感じます。

kotobukiya_fubuki_13

(*´ω`*) なんと言うか、艤装をまとった田舎娘的なw。(失礼w)

kotobukiya_fubuki_14

駆逐艦なので派手さには欠けますが、それでも艤装のボリューム感はなかなかのものです。造り込まれたディテールが、フィギュアに説得力を与えています。

kotobukiya_fubuki_15

でもこの子、艤装を全部没収したら相当地味な子になってしまうでしょうねw。(ぉぃ

kotobukiya_fubuki_16 kotobukiya_fubuki_17

斜め後ろから捉えたシルエットがとても美しいですね。艤装部分の情報量が多いため、後ろから眺めた方が見応えを感じるフィギュアかもしれません。

kotobukiya_fubuki_18

開封する前は「キャラ的にちょっと地味かなぁ…」などと思っていたのですが、開けてみると元絵の再現度の高さにビックリ。良く出来ているじゃないの、とw。(ヒドイ感想だw) 艤装の作り込みも細かく、また大きすぎないため、飾った際のバランスも良く、派手さはないもののとても良くまとまっているな、と感じました。

 

■少しアップで

kotobukiya_fubuki_19

キリッとした表情で連装砲を構える吹雪。気迫が感じられますw。

kotobukiya_fubuki_20

目線アングルよりも元絵に近いアングルの方が艤装のボリューム感が良く出ますね。前方に向けた視線やポーズにも意味が見出せるようになります。

kotobukiya_fubuki_21

こうして見ると、駆逐艦は本当に艤装を背負った小娘なんだなぁ、とw。

kotobukiya_fubuki_22

「私がやっつけちゃうんだから!」的な?(*´ω`*)

kotobukiya_fubuki_23

艦これフィギュアとしては珍しく、各種艤装はあらかじめ本体に固定されています。パーツが多いと組立が大変だったりするので、箱から取り出してすぐに飾れるのは美点ですね。

kotobukiya_fubuki_24

吹雪はちょっと地味だけどちゃんと可愛く、そして格好いい。そんな印象ですw。(*´ω`*)

kotobukiya_fubuki_25

(*´д`*) 元絵同様にぱんつも見えるしね…!!

kotobukiya_fubuki_26

(*´ω`*) 良い仕事をしてくれました。

 

■お顔

kotobukiya_fubuki_27

元絵との違いを明確に感じるのはお顔まわりでしょうか。元絵のクセの強さ(失礼)を和らげ、アニメ版のエッセンスをわずかに加えたようなお顔立ちですね。結果的には可愛らしく仕上がっていましたので、これで良かったのかなと。アイプリントは光沢のあるタイプで、若干テカリが強く見られました。

kotobukiya_fubuki_28

頬はふにふにっと柔らかそうな造形で、ほんのりとピンク色の頬染め処理が施されていました。開いたお口の塗りも丁寧な仕上がり。

kotobukiya_fubuki_29

フィギュアの元絵となるのはアニメ版の絵柄である事が多いと思うのですが、吹雪はゲーム版の絵柄の雰囲気を残しながら上手くアレンジを加えることで、違和感なく立体化する事に成功していると感じます。良い仕事をしますね。(*´ω`*)

 

■髪の毛

kotobukiya_fubuki_30

髪の毛は田舎娘らしいシンプルな造形。ここまで地味な髪型って最近見ないよねw。

kotobukiya_fubuki_31

まぁ髪型は地味なんですが、セーラー服との相乗効果で、うなじが必要以上にセクシーに見えてしまう、と言う罠が潜んでいます…!!

kotobukiya_fubuki_32

吹雪のコスチュームはセーラー服ですが、スカーフやリボンまで紺色であるため、一層地味に見えてしまいますね。艦娘なので華美な服は不要なのかも知れませんが…w。あと、ロリな駆逐艦なので当然胸はありません…!!w

 

■艤装

kotobukiya_fubuki_33

吹雪の12.7cm連装砲は、ディテールまで細かく造形されています。艤装全般に言えることですが、表面はウェザリング(汚し)処理され、使い込まれた兵装の雰囲気が再現されています。

kotobukiya_fubuki_34

連装砲は可動しませんが、エッジの効いたシャープな造形は兵器としてのリアリティを感じさせるものです。塗装処理もあって、安っぽく見えない点は評価できると思います。

kotobukiya_fubuki_35

砲身には穴(窪み?)が開けられ、中は黒く塗られているなど、細かい部分も丁寧に仕上げられています。

kotobukiya_fubuki_36

指先の爪は造形のみの再現で特に塗装はされていませんでした。

kotobukiya_fubuki_37

連装砲はあらかじめ手に固定されていましたので、取り外せるかは試していません。

kotobukiya_fubuki_38

個人的に注目したポイントは、艤装を繋いでいるベルト部分の造形でした。複雑で細かいw。

kotobukiya_fubuki_39

艦娘が艤装を背負っている感が良く出ているのは、このベルト部分がしっかり造形されているからなのかな、と。(艤装って、身体のジョイントにガッシャーン!となってるわけではないんですなw。改造人間じゃねーんだぞ、とw)

kotobukiya_fubuki_40

背中の艤装は煙突やダクト、マストが組み合わさっており、そこそこのボリュームがあります。

kotobukiya_fubuki_41

艤装をまじまじと。2本のダクトが印象的な後姿w。

kotobukiya_fubuki_42

煙突部分も細かく造形されています。艤装部分はフィギュアと言うよりもきちんと塗られたプラモデルに近い雰囲気ですねw。素材もABSが使われています。

kotobukiya_fubuki_43

艤装部分は直線的でシャープな造形です。マスト部分が細くポキッと折れやすそうなので、力を加えないよう注意が必要かも。

kotobukiya_fubuki_44

艤装はボディとの間に透明なパーツを挟み込む形でフィギュア本体と接続されています。目には付きますが、強度を考えるとこの方が安心かも知れません。

 

■錨

背中の艤装の両舷には錨が取り付けられています。

kotobukiya_fubuki_45

この錨はね、可動するんですよ…!

kotobukiya_fubuki_46

こんな風に!!w なぜ錨を可動パーツにしたのかw。(結構プラプラと揺れるので、長秒時露光時は揺れが収まるまで待って撮影しましたよw。面白いからいいけど…w。)

 

■魚雷

kotobukiya_fubuki_47

両足に装備しているのは61cm三連装魚雷ですね。こちらも表面のモールド等細かく造型されています。

kotobukiya_fubuki_48

太ももに巻かれたベルトも再現。吹雪、何気に膝裏が可愛らしいw。

kotobukiya_fubuki_49

洋上で魚雷を発射する瞬間が、駆逐艦のハイライトなのかも知れませんねw。

kotobukiya_fubuki_50

こちらの魚雷も、両側とも可動します。

kotobukiya_fubuki_51

ぐるんと発射体制に。スケールフィギュアでは兵装は非可動というケースが多いのかなと思いますが、コトブキヤは(部分的にせよ)積極的に可動させる方向で艦これシリーズを展開させるのかも知れません。どことなくプラモデルのエッセンスを感じる艤装ギミックですね。これはこれで面白いのかなとw。

 

■おみ足

kotobukiya_fubuki_52

吹雪のおみ足。ここにもいかつい艤装がw。

kotobukiya_fubuki_53

艦娘の柔らかい造型と艤装のシャープな造型の対比が面白いですね。艤装部分の造型からは、重さや硬さが感じられます。

kotobukiya_fubuki_54

表面の汚し処理は使い古した筆でこすって線を付けたようなもので、それ以上のニュアンスを持ったものではないのですが、量産品としてはまずまずの出来ではないかと思います。(あった方がダンゼン良い、と言う意味合いで)

錆びやハゲなどの細かい表現を求め始めるとキリがない気もしますので…。

kotobukiya_fubuki_55

両足は台座としっかり固定されているため、ダボ抜けによる転倒の心配はないでしょう。

 

■台座

kotobukiya_fubuki_56

製品には六角形を組み合わせたクリアブルーの台座が付属します。この台座は後に発売される雷や電の台座と組み合わせる事を想定しているようです。

kotobukiya_fubuki_57

台座の形状もある程度自由に組み替えられるようになっているようですね。いじっていたら外れて焦りましたがw。

 

■キャストオフ!

kotobukiya_fubuki_58

もはやコトブキヤの伝統芸と言うべき「スカート外し」のお時間ですw。

kotobukiya_fubuki_59

吹雪「司令官!スカートをパージしました!!」

洋上に白いぱんつを確認!

kotobukiya_fubuki_60

吹雪「私がやっつけちゃうんだから!」

田舎娘らしい野暮ったいぱんつが海面からの反射で輝いている…!

kotobukiya_fubuki_61

吹雪「いっけぇ!」

(;´Д`A 艦これってスカート脱いで戦うゲームだっけ?w

kotobukiya_fubuki_62

吹雪のぱんつはシンプルなデザインの白!! 正直野暮ったい!だがそれがイイ!!(提督・談)

kotobukiya_fubuki_63

フリル等の装飾が無い分、身体のラインがハッキリと分かるぱんつですねw。

kotobukiya_fubuki_64

(*´д`*) お尻の膨らみ感もしっかりと…!!

kotobukiya_fubuki_65 kotobukiya_fubuki_66

スジはない。改や改二になれば変わるのだろうか…?w

kotobukiya_fubuki_67

吹雪「司令官!こういうのはどうですか!」

kotobukiya_fubuki_68

吹雪「スカートから連装砲がにょっきりです!」

kotobukiya_fubuki_69

吹雪「当たってー!!」

司令官「いいからもうスカート穿きなさい…!」

 

■フリーアングルショット

吹雪のフリーアングルショットです。特に背景等は変えずに画角やアングルを変えて色々撮っています。今回海をイメージして背景をセットしたのですが、効果が今ひとつだったり…w。海よりも背景の空のニュアンスの方が重要なのかもしれませんね。

水平線に沸き立つ入道雲とか、雲の隙間から太陽の光が差すシーンとか、そういった光景は背景紙自体をプリントして自作するか、CG合成で作ったほうが早いのかも知れません。

kotobukiya_fubuki_70 kotobukiya_fubuki_71

吹雪を撮影していて感じたのは、やや広角寄りのレンズでパースを付けて撮ったほうが絵になるな、と言う事でした。仰ぎ気味で撮ればぱんつも見えますしねw。

kotobukiya_fubuki_72kotobukiya_fubuki_73kotobukiya_fubuki_74 kotobukiya_fubuki_75 kotobukiya_fubuki_76 kotobukiya_fubuki_77 kotobukiya_fubuki_78

キャラ的にはちょっと地味なんだけど、じっくり向き合っていると良い部分が色々と見えてくる。そんなフィギュアでしたw。

kotobukiya_fubuki_79 kotobukiya_fubuki_80

艤装のディテールの作り込みがしっかりしているため、フィギュア全体に説得力が生まれていますね。

kotobukiya_fubuki_81

お顔も可愛らしく、良くまとまっていると思います。

kotobukiya_fubuki_82 kotobukiya_fubuki_83 kotobukiya_fubuki_84

コトブキヤの艦これスケール第1弾となる「吹雪」は、ゲーム版の元絵の雰囲気を最大限活かして立体化されており、アレンジの度合いも非常に良くまとまっていると感じました。戦艦や空母に比べれば派手さには欠けますが、細部まで作りこまれた艤装の造型や塗装は丁寧な仕上がりで、飾った際のバランス良く、駆逐艦コレクションの第1作目に相応しいフィギュアと言えるのではないでしょうか。雷や電も台座を組み合わせて飾れる仕様になっているようですので、こちらも楽しみに待ちたいと思います。

艦これ関連のスケールは大当たりと大ハズレの落差が大きいのかなと感じていたのですが、コトブキヤが参入することでその辺のバランスも少しは変わるかも知れませんね…w。「大当たり」でなくとも、普通に「当たり」と思える製品が増える事を望みます…。

コトブキヤ「吹雪」製品レビューをお送りしました。

画像はFlickrにもUPしてあります。

 

■おまけ

背景がチョット寂しかったので、画像を合成してイメージを捏造してみました。撮影で苦労するよりもCG処理してしまった方が早い事もありますな…w。(´ཀ`)ぬふぅ。

kotobukiya_fubuki_85

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販