[コトブキヤ]機巧少女は傷つかない 夜々 製品レビュー

kotobukiya_yaya_77

コトブキヤより発売の『機巧少女は傷つかない 夜々』製品レビューをお送り致します。

ライトノベル・コミックス・アニメとマルチに展開されているシンフォニック学園バトルアクション『機巧少女は傷つかない』より、主人公赤羽雷真のヤンデレ逆セクハラ自動人形「夜々」がフィギュアとなって登場です。「夜々は雷真のお人形です、ベッドの中でも❤」という台詞を聞いたときは、素で「ベッド用の自動人形欲しい!」とか思ったりもしましたが、そこはフィギュアで我慢するしかないですね。(*´ω`*) 夜々は他社からもフィギュア化されておりますが、今回はどちらかと言うと全体の造形を重視しての購入となりました。キャラクターそのものも可愛いんですが、台座も含めた造形の見せ方に惚れた感じですね。それではレビューの方をドゾー。

 

  • メーカー:コトブキヤ
  • 商品名:夜々
  • 作品名:機巧少女は傷つかない
  • サイズ:1/8スケール(約175mm)
  • 原型制作:清原秀昌
  • 発売日:2014年6月

 

■パッケージ

kotobukiya_yaya_01kotobukiya_yaya_02

地にあでやかな和柄をあしらった商品パッケージ。手にして最初に感じるのはとにかく窓が大きいと言うことでしょうか。窓は正面と背面に同程度の大きさで開けれらており、視認性の高いパッケージ構成となっています。作品名と商品名は右上と左下に縦組みで入れられており、和のテイストを感じさせますね。

kotobukiya_yaya_03

両側面には窓はなく、商品写真が大きく掲載されています。

kotobukiya_yaya_04

窓は正面と背面、天面の計3箇所正面窓の視認性は良好です。上部の円形窓の周囲に歯車があしらわれているなど、細かい部分のデザインも凝っていますね。パッケージサイズは約W230mm×H240mm×D220mmで、ほぼ立方体形状。1/8スケールとしては少し大きめですが、「大物」と言った程ではありません。(ず、ズドン巫女に比べればこんなの可愛いものですよ…!!)

 

■ブリスター

kotobukiya_yaya_05kotobukiya_yaya_06

本体・台座と台座の歯車が納められたブリスター。説明書は底面にテープ止めされています。

 

■説明書

kotobukiya_yaya_07

差し換えパーツ等はありませんが、台座に関しては歯車の組み立てが必要です。差し込むだけなので難しくはありません。

 

■台座の組み立て

kotobukiya_yaya_08

両サイドの小さな歯車2個を台座に差し込みます。説明書どおりにやれば無問題。

kotobukiya_yaya_09

歯車台座が出来上がりました。あとは夜々をセットすれば完成です。

kotobukiya_yaya_10

夜々の腰の辺りには台座の金属支柱と接続するための穴が設けられています。接続は比較的スムーズで、力を入れなくてもスッと入る感じでした。

 

■全身

kotobukiya_yaya_11

両手両足を大きく広げ、歯車の上にふわりと落下していく様を捉えたような不思議なポージング。髪の毛や着物の袖の翻り方などを見るに、動きの中の一瞬を切り取ったかのような臨場感あふれる造形です。歯車台座と組み合わせた時のバランスが絶妙で、このフィギュアは殆ど造形買いしたようなものですね。

kotobukiya_yaya_12

手足の広げ方は結構大胆で、角度を変えて見ていくとこりゃすげぇポーズだなと感心させられます。

kotobukiya_yaya_13

髪の毛と袖口にも翻ったような動きが付けられています。

kotobukiya_yaya_14 kotobukiya_yaya_15 kotobukiya_yaya_16 kotobukiya_yaya_17

(・ω・)ノ のっけから見えちゃいましたー!!

kotobukiya_yaya_18

こりゃチラじゃねーな、モロだモロ。

 

■少しアップで

kotobukiya_yaya_19

ポーズと表情のマッチングが素晴らしく、全身で可愛さをアピールしてる感じがよろしいですなぁ。(*´ω`*)

kotobukiya_yaya_20 kotobukiya_yaya_21

(*´ω`*) チラッとな!!

kotobukiya_yaya_22

アングルによっては、足を蹴り上げているようにも見えたりします。

kotobukiya_yaya_23

長い髪の毛の動きに注目。この、重力に逆らって髪が上方になびく感じが、「身体の落下感」を強調しているような気がしますね。

kotobukiya_yaya_24

(*´д`*) このアングルだと見えそうで見え…いや、何でもないです。

kotobukiya_yaya_25

大胆なポーズの中にもどこか繊細さを感じさせる、不思議な造形ですね。

 

■お顔

kotobukiya_yaya_26

イベント等で度々展示サンプルを見てきましたが、製品版では目元の印象が少し変わったかも知れませんね。製品版の目は少し落ち着いた印象で、その分若干色気がアップしたようにも思えます。アイプリントは比較的シャープな仕上がりでしたが、瞳の部分のみに少し強めのテカリが見られました。

kotobukiya_yaya_27

頬には薄くチークが入れられ、可愛らしさが強調されています。

kotobukiya_yaya_28

(*´ω`*) 夜々かわいいよ夜々…。

 

■髪の毛

kotobukiya_yaya_29

長い黒髪は大きな動きが付けられた躍動感あふれる造形。今朝気まで細かく造形されており、情報量は多めです。髪にはクリアパーツが使われているようで、毛先に行くほど透明感が増していくのが分かります。

kotobukiya_yaya_36kotobukiya_yaya_37

光を透かすとこんな感じですね。髪の塗装の色合いは完全な黒ではなく、濃いグレーに近いかも知れません。

kotobukiya_yaya_30

(*´ω`*) この髪の動きに惚れた。

kotobukiya_yaya_31

髪の成型はシャープな方かなと思いますが、エッジの部分のバリ取りが不十分に見える箇所もあり、仕上げについては評価が分かれそうです…。クリアー系の素材は面白い効果を生むことが出来る一方、生産時のクオリティコントロールが難しそうですね。個人的にはこういった素材的なチャレンジは大歓迎!なのですが、仕上げにこだわる方にとっては髪の毛が鬼門になりそうな気も…。^^;

kotobukiya_yaya_32

髪の毛の素材は軟質系の柔らかいものではなく、少し硬めの素材が使われているようです。うっかり引っ掛けたりするとバキッと行きそうな気もしますので注意が必要かもしれません。

kotobukiya_yaya_33

全身ではなく、身体の一部をアップにしたフレーミングでも動きを感じます。こういうフィギュアは大好きですね。(*´ω`*)

kotobukiya_yaya_34

髪の両サイドには黒と赤のリボンを身に付けています。黒髪に黒い着物で少し地味な印象のキャラですが、赤いリボンが色彩上の良いアクセントとなっています。

kotobukiya_yaya_35

赤いリボンはかなり長く、ラウンドしながら手と絡み合うような造形が与えられています。とても繊細な造形。

 

■衣装

kotobukiya_yaya_38

夜々の衣装は丈の短い黒い着物で、白いスカートのようなものを穿いてます。着物の丈よりも袖の方が長いんですね…。

kotobukiya_yaya_39

鮮やかな帯の上にはふくよかな胸の膨らみが…w。(*´ω`*) 着物は肩を大きく露出させていて、これがなかなかセクシーです。帯締の藤色も綺麗ですね。

kotobukiya_yaya_40

夜々の胸はそれほど大きくはないハズですが、帯の締め付けで寄せて上げて効果が発揮されているのか、確かな膨らみを感じます。それと、下の方で白いものが見えてしまっていますねw。

kotobukiya_yaya_41

着物は細かなシワなどもしっかりと造形されており、ディテールに踏み込んで見ても結構見応えがあります。

kotobukiya_yaya_42

やはり肩が露出しているのが色っぽいですな~。

kotobukiya_yaya_43

(*´ω`*) 隙間から覗く白い腋の造形にも注目ぢゃ!!(腋フェチ管理人)

 

■お胸など

kotobukiya_yaya_44

(*´д`*) この、帯に締め上げられてむにっとなった感じがまた…。

kotobukiya_yaya_45 kotobukiya_yaya_46 kotobukiya_yaya_47

髪の毛のせいで見づらい部分ですが、この衣装は背中もセクシーですね。

 

■袖

kotobukiya_yaya_48

髪の毛と同様、着物の袖にも動きが付けられており、フィギュアにボリューム感を与えています。

kotobukiya_yaya_49

身体の落下に合わせて袖がはためく感じが良く再現されています。

kotobukiya_yaya_50

右袖には柄のプリントが。ゴールド調に見えますが、塗装は普通の色なのかも知れません。

kotobukiya_yaya_51

着物の柄は袖の裏側にもプリントされているのですが、フィギュアの下から見上げないと良く見えません。せっかくシャープにプリントされてるのにちょっと勿体ない気もします…。

 

■お手手

kotobukiya_yaya_52

指の先には爪の造形と塗装ありで、爪は光沢感のあるグロス塗装が施されていました。

kotobukiya_yaya_53

右手と左手で「手の表情」が異なっているのが面白いなと感じました。

 

■スカート

kotobukiya_yaya_54

着物の下には白いフリフリのスカートめいたものを着用。夜々は着物も短いがスカートも短い。なんてこった!!(*´д`*)

kotobukiya_yaya_55 kotobukiya_yaya_56

(*´ω`*) 絶対領域も楽しめます。ニーソのリボンが何気にエロいですw。

 

■おみ足

kotobukiya_yaya_57

上に大きく蹴り上げたようなポーズのおみ足には、ブーツと白ニーソを着用。下駄ではなくブーツを履いているのは、物語の進行に合わせたためなんでしょうね。

kotobukiya_yaya_58

(*´д`*) フィギュアのポーズ上、どうしてもチラします。

kotobukiya_yaya_59 kotobukiya_yaya_60

太ももの赤いリボンがとてもチャーミング(直訳するとエロい)で、絶対領域に華を添えております。

kotobukiya_yaya_61

 

■ブーツ

kotobukiya_yaya_62kotobukiya_yaya_63

ブーツは靴底の厚いごっついタイプで、塗装の濃淡で革の微妙な質感が再現されています。止め具の部分には光沢感のある塗装が施されていました。

kotobukiya_yaya_64 kotobukiya_yaya_65

靴底もごっつくて痛そうです。(*´д`*)ふ、踏まれてぇ…!!

 

■(・ω・) ぱんつ!

kotobukiya_yaya_66

(・∀・) 序盤から見えてましたが、夜々のおぱぬつです!

kotobukiya_yaya_67

ぱんつはシンプルな白でフリル等はなし。スジ的な表現もありません。ちょっと素っ気無い?

kotobukiya_yaya_68

どうしても見えてしまうポージングなので、ぱんつは少し大人しめに造形されてるのかも知れません。ぱんつよりも柔らかそうな太ももに目が行きますね。(*´ω`*)

kotobukiya_yaya_69 kotobukiya_yaya_70

奥の方まで造形されてるっぽいですが、詳細は不明。

 

■台座

kotobukiya_yaya_71

歯車を組み合わせたような凝った台座が付属。台座と言うよりも、作品の造形の一部と言った感じですね。

kotobukiya_yaya_72

台座は全面がゴールド塗装されており、鈍い輝きを放ちます。造形はとてもシャープな印象です。

kotobukiya_yaya_73

歯車には2本の金属支柱が埋め込まれており、こちらを夜々の腰に接続します。強度に不安は感じませんでした。

kotobukiya_yaya_74

フィギュア本体を固定する一番大きな歯車は、台座底面にネジ止めされていましたので、抜ける心配はないでしょう。コトブキヤらしい仕上げだと思います。

kotobukiya_yaya_75

支柱との接続は角度さえ合わせれば比較的スムーズに取り付けられます。

 

■フリーアングルショット

夜々のフリーアングル撮影です。今回赤のレザックをメインで使ってみたのですが、撮影後に「少しクドかったかなぁ…」と思い至ったため、イメージ撮りでは白バックでも撮影してみました。赤いリボンは白バックの方が際立ちますね。夜々はとにかく大胆なポージングで、アングルによって様々な表情を引き出せそうなフィギュアでした。今回は試しませんでしたが、あえて台座から外して上から吊るしてみたりしても面白いかも知れません。

kotobukiya_yaya_76 kotobukiya_yaya_78 kotobukiya_yaya_79 kotobukiya_yaya_80 kotobukiya_yaya_81 kotobukiya_yaya_82 kotobukiya_yaya_83 kotobukiya_yaya_84 kotobukiya_yaya_85 kotobukiya_yaya_86 kotobukiya_yaya_87 kotobukiya_yaya_88 kotobukiya_yaya_89 kotobukiya_yaya_90 kotobukiya_yaya_91 kotobukiya_yaya_92 kotobukiya_yaya_93 kotobukiya_yaya_94

コトブキヤの「夜々」は浮遊感漂う大胆なポージングと凝った台座が魅力で、造形物としての完成度は非常に高いと感じます。お顔の雰囲気がアニメ版とは若干異なるため、このあたりで好みが分かれそうな気はしますが、歯車の上で微笑む姿はとても可愛らしく、おまけにぱんつも丸見え(*´ω`*)というご褒美付! 夜々のスケール品としては安定版と言える出来ではないかと思います。

『機巧少女は傷つかない 夜々』製品レビューをお送り致しました。

 

写真はFlickrにもUPしてあります。



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販