[グッドスマイルカンパニー]暁美ほむら you are not alone.(受注生産版)製品レビュー

gsc_akemi_homura_wf2013winter_88

グッドスマイルカンパニーより発売の「暁美ほむら you are not alone.」製品レビューをお送り致します。こちらは今年2月に行われた『ワンダーフェスティバル 2013[冬]』の限定販売商品(既に受付終了)で、会場で買えなかった管理人は受注生産版を購入しました。

  • メーカー:グッドスマイルカンパニー
  • 商品名:暁美ほむら you are not alone.
  • サイズ:1/8スケール(全高約200mm)
  • 原型制作:横田健・田城康二
  • 発売日:2013年2月(受注生産版は2013年7月)

■パッケージ

gsc_akemi_homura_wf2013winter_01gsc_akemi_homura_wf2013winter_02

このシリーズではおなじみの丸型潜水艦窓の周囲に、時計のエレメントをあしらったデザインが印象的な商品パッケージ。表面はマットPP加工され、商品写真部分のみに光沢感のあるニス加工がされているなど、毎度の事ながら凝った造りです。正面のデザインは派手目ですが、背面は少し暗めのトーンで、表裏で印象が異なります。サイズは約W260mm×H250mm×D130mmで、ぱっと見は結構大きいのですが、奥行きは小さめに作られていました。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_03gsc_akemi_homura_wf2013winter_04

窓は正面・天面・側面に1箇所ずつ。限定販売/受注商品で、店頭で見て購入判断するものではないので、特に問題はないかと。

■ブリスター

gsc_akemi_homura_wf2013winter_06gsc_akemi_homura_wf2013winter_07

もしかしてコレfigmaか…?と疑いたくなる程のオプションパーツの充実ぶり。値段はそれなりにしましたが、このプレイバリューが高さが魅力的ですね。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_08

ブリスターはテープのほか、針金で3箇所固定されていますので、ニッパーを用意したほうが良いかも知れません。ほぐせなくもないですが、針金はそれなりに硬ので怪我をしないように注意です。

■取扱説明書

gsc_akemi_homura_wf2013winter_09

こちらの商品は、パーツの差し替えで3種類のポーズでディスプレイすることが可能になっています。これ以降はポーズごとにそれぞれ取説の表記(Aポーズ~Cポーズ)を記載します。

■全身(Aポーズ)

gsc_akemi_homura_wf2013winter_10

まずはリボンほむほむ(通称リボほむ)ver.のほむらチャンから(ヤヤコシイ)。通常版ほむらとの大きな違いは、右手に大きな弓を持ち、まどかの赤いリボンをヘアバンド風に結んでいる点でしょうか。この時点のほむらは左腕に盾を装備しておらず、コスチュームはスッキリと洗練された印象が強いです。身体~足にかけてのポーズは通常版と殆ど同じですが、大きな弓を持たせるだけでもだいぶ印象が変わりますね。

リボほむ(・∀・)格好イイ!

gsc_akemi_homura_wf2013winter_11gsc_akemi_homura_wf2013winter_12 gsc_akemi_homura_wf2013winter_13

gsc_akemi_homura_wf2013winter_14gsc_akemi_homura_wf2013winter_15

gsc_akemi_homura_wf2013winter_16gsc_akemi_homura_wf2013winter_17

■アップ/ディテール

gsc_akemi_homura_wf2013winter_18

通常版ほむらが「クール」な表情だとすれば、こちらのほむほむは「凛々しい」表情。よりキリリ感が高まっております。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_19

眉のラインがかなりツリ上がっており、これが凛々しさの要因かなと。アイプリや頬染めの処理も綺麗に仕上がっていました。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_20

ワンポイントの赤いリボンが黒髪に映えます。通常版ほむらは色彩的には少々地味な印象がありましたが、赤いリボンが加わったことでアクセントが付いてお顔の印象が明るく見えます。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_21

大きくブワッと広がった黒髪。この部分の造形は通常版と同じでしょうか。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_22 gsc_akemi_homura_wf2013winter_23 gsc_akemi_homura_wf2013winter_24

左手の甲にはソウルジェムが。クリアパーツではなく、金属感のあるゴールドと紫のラメ塗装。細かい部分ですが、しっかり造形されています。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_25

弓には紫色の宝石があしらわれています。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_26

何だか透明感があるなぁと思ったら、クリアパーツになっていました。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_27

ご覧の通り、光を綺麗に通します。別パーツを埋め込んでいるのではなく、どうやら弓全体がクリアパーツで整形されており、周囲を塗装する事で実現しているようです。なるほど、こういう方法があるのか。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_28

コスチュームの雰囲気は通常版とさほど変わらず。服の裾の返しが少し異なっていましたが、見比べなければ分からないレベル。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_29

背中のリボンはなびく角度が通常版とは若干異なっていました。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_30 gsc_akemi_homura_wf2013winter_31

■おみ足

gsc_akemi_homura_wf2013winter_32gsc_akemi_homura_wf2013winter_33

サイドにダイヤパターンがあしらわれた黒ストッキングが印象的なおみ足。ポーズは通常版と変わりませんが、塗装の仕上げは少し異なっていました。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_34

通常版は光沢感の強い塗装でしたが、若干マットな感じの仕上げに。テカリ感が弱まった感じですね。吹き付けで濃淡が付けられており、なまめかしさは依然として健在です。

 

■ローアングル

gsc_akemi_homura_wf2013winter_35

何かもう毎度毎度申し訳ございませんが、パンツもちゃんと撮る方針、なので。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_36 gsc_akemi_homura_wf2013winter_37 gsc_akemi_homura_wf2013winter_38 gsc_akemi_homura_wf2013winter_39

黒のほむパンは健在だ!!

 

■差し替えパーツ

gsc_akemi_homura_wf2013winter_40

Aポーズ状態で組んだとき、他にこれだけのパーツが余っています。これらのパーツを付け替えながら、B・Cポーズを組み上げていきます。

■全身(Bポーズ)

gsc_akemi_homura_wf2013winter_41

メガネほむほむ(通称メガほむ)

キタ━━(゜∀゜)━━ッ!!

頭部と腕・手首パーツを差し替える事で、三つ編み+眼鏡+内気なほむほむが完成します。Bポーズは左手に爆弾を持っているバージョンです。あぁ、もう、ドジっ娘の上に手に爆弾とか、そのギャップがたまりません。ちなみに『内気』というパーツは本製品には付属しておりませんので、それは勝手に脳内補完よろ、という事ですね。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_42gsc_akemi_homura_wf2013winter_43 gsc_akemi_homura_wf2013winter_44

gsc_akemi_homura_wf2013winter_45gsc_akemi_homura_wf2013winter_46

gsc_akemi_homura_wf2013winter_47gsc_akemi_homura_wf2013winter_48

■アップ/ディテール

gsc_akemi_homura_wf2013winter_49

髪型と表情を変更すると、ガラッと印象が変わりますね。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_50

Bポーズは左腕に縦を装備しています。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_51

お顔は穏やかにはにかんだような表情で、今までのシリアス路線とは大きく異なります。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_52

赤いアンダーリム眼鏡は金属パーツで、髪の毛のミゾに差し込んで固定します。レンズ部分は再現されておらず、フレームだけの仕様ですが、この方がアイプリが良く見えますのでよろしいかと。予備が1本付属しているのが嬉しいところです。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_73

ちなみにこのお顔、眼鏡を取っても普通に可愛いです。この三つ編み頭部だけでも欲しい!という人も結構多いのではないでしょうか。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_53

左腕の縦は金属感あふれる塗装。相変わらず細かく塗り分けられているのが凄い。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_54

右手にはお手製の爆弾が…。爆弾専用の手首を使用します。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_55

爆弾は結構太さがあるので、秘蔵のパーツコレクションをお持ちの方は別のものを持たせても良いかも知れません。(他力本願モード)

gsc_akemi_homura_wf2013winter_56

可動こそしませんが、三つ編みには適度なボリュームが与えられています。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_57

三つ編み+眼鏡クラスタさん狂喜乱舞。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_58

 

■全身(Cポーズ)

gsc_akemi_homura_wf2013winter_59

続いてCポーズです。頭部は三つ編みのまま、腕を差し替えてゴルフクラブを持たせます。ええと、Cポーズでは盾は装備していませんね。(実はちょっと混乱気味…)

可動フィギュアではないので自由にポーズを付けることは出来ませんが、「はにかみ顔にゴルフクラブ」という、この後一体何が行われるのか、想像力刺激されまくりなポーズを付属させるあたりにセンスを感じます。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_60gsc_akemi_homura_wf2013winter_61

gsc_akemi_homura_wf2013winter_62

gsc_akemi_homura_wf2013winter_63gsc_akemi_homura_wf2013winter_64

gsc_akemi_homura_wf2013winter_65gsc_akemi_homura_wf2013winter_66

gsc_akemi_homura_wf2013winter_67

gsc_akemi_homura_wf2013winter_68 gsc_akemi_homura_wf2013winter_69

グリップ部分が分割式になっており、先に手に通してから金属部分を取り付けます。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_70

ゴルフクラブの塗装もなかなか細かいです。持ち方からして、間違いなくゴルフ以外の用途に使用されるのでしょうけど。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_71

ヽ(‘ ∇‘ )ノ ワーイ。今日はほむらチャンとゴルフだぁ!

gsc_akemi_homura_wf2013winter_72

という夢を見た。ゴフッ。(これ以上のネタは他のレビューサイトさんに期待!!)

 

■台座

gsc_akemi_homura_wf2013winter_74

台座は円形のクリアパーツ仕様。後に比較画像を載せますが、通常版と比較すると若干薄めの塗装でした。

■手持ちパーツ

gsc_akemi_homura_wf2013winter_75

弓・ゴルフクラブ・爆弾を分割した図。一旦分割してから手に持たせます。

 

■限定版(左)通常版(右)との比較

gsc_akemi_homura_wf2013winter_76

通常版ほむほむとの比較画像。共通の部分も多いと思いますが、塗装や仕上げが異なる箇所が結構ありました。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_77

ストッキングの光沢感が若干異なります。限定版(左)は光沢はあるものの質感がややマットな雰囲気になっていました。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_78 gsc_akemi_homura_wf2013winter_79

台座の濃度が微妙に異なります。限定版はクリア感がより強まった感じです。

■パーツの差し替えなど

gsc_akemi_homura_wf2013winter_80

左が通常版のボディに三つ編み頭部を取り付けたもので、メガほむにベレッタを持たせたりすることも可能です。頭部や腕のダボ形状は共通と思われますが、腕については互換性の細かなチェックはしていません。(頭部を差し替えるほうが簡単だったため)

どうも限定版は腕のダボ付近の造形に少し手が入れられているようで、通常版に比べ付け外しがとてもやりやすくなっていました。(通常版は少し固かった)。限定版のボディに通常版の腕を取り付ける場合など、取り付けがキツイ場合があるかも知れません。パーツの交換は自己責任にてお願い致します。

 

■フリーアングルショット

リボンほむほむのフリーショットです。グレーのグラデーションペーパー中心で撮影しましたが、最後の方のイメージショットだけ背景紙を変更し、イメージをガラッと変えて撮って見ました。もともとグッスマのフォトコン用に買った背景紙だったのですが、1回しか使用しないのは勿体無いので…。外国製のラッピングペーパーで、表面がひたすらキラキラとラメっているという不思議な紙です。1枚300円ほどの品でしたが、ライティング次第でなかなか面白い効果が生み出せるものですね。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_81 gsc_akemi_homura_wf2013winter_82 gsc_akemi_homura_wf2013winter_83 gsc_akemi_homura_wf2013winter_84 gsc_akemi_homura_wf2013winter_85 gsc_akemi_homura_wf2013winter_86 gsc_akemi_homura_wf2013winter_87 gsc_akemi_homura_wf2013winter_89 gsc_akemi_homura_wf2013winter_90 gsc_akemi_homura_wf2013winter_91

普段のレビューでは滅多に使わない21mmの単焦点レンズ(35mm判換算で32mm相当)も使って撮ってみました。適度にパースが付くことで、フィギュアがダイナミックな印象で写ります。もう少し寄って、遠近感を出したほうが良かっただろうか…。

gsc_akemi_homura_wf2013winter_92

gsc_akemi_homura_wf2013winter_93 gsc_akemi_homura_wf2013winter_94

gsc_akemi_homura_wf2013winter_95

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語』が10月26日から公開となりますが、『新編』の劇場公開前に何とかリボンほむほむを入手する事ができました。2月のワンフェス会場での限定販売から5ヶ月近く待ちましたが、受注生産で確実に入手できる道が用意されているのは有り難いことかなと思います。管理人も夏のワンフェスに参加する予定でおりますが、撮影がメインであるため、夏の限定品を手に入れるのは相当先になりそうです…。

「暁美ほむら you are not alone.」製品レビューをお送り致しました。

この記事の写真はFlickrにもUPしてあります。

 

■おまけ

gsc_akemi_homura_wf2013winter_05

届いたダンボールにはちゃっかり『フィギュアJAPAN』のチラシが入っていましたので、ついでにご紹介。『フィギュアJAPAN』はホビージャパンより12月に発売予定の雑誌(完全受注生産)で、創刊号には1/10スケールの「アルティメットまどか」が付属するとの事。受注締め切りは7/31迄となっています。予約受付はホビージャパンオンラインショップ他、Amazon等でも取り扱いがあるようです。

より日本の住宅事情に適したサイズとなっているようですので、気になる方はチェックしてみてください。今後どのようなフィギュアが付属するのか、これ以降の展開が非常に気になりますね…。



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販