[ANIPLEX]巴マミ 舞妓Ver. 製品レビュー

aniplex_tomoe_mami_maiko_01

ANIPLEXより発売の「巴マミ 舞妓Ver.」製品レビューをお送り致します。

(゚∀゚) 舞妓マミさん艶やかに登場ー!

舞妓まどか晴着ほむらと続いてきたANIPLEXのまどマギ和装フィギュアシリーズに「巴マミ 舞妓Ver.」が加わりました。ANIPLEX+限定の受注生産品としてリリースされているこのシリーズは、艶やかな着物姿のまどマギキャラクターの可愛らしさも手伝って、キャラが増えるごとにフィギュア棚がどんどん華やかになっていくという計算されたシリーズ設計が魅力ですw。今回3人目となるマミさんが発売(発送)されましたので、さっそくprprしていきましょう…!

既に発売済みの舞妓まどかと晴着ほむらのレビューは下の画像よりどうぞ。

aniplex_kaname_madoka_maiko_73aniplex_akemi_homura_haregi_59

 

  • メーカー:ANIPLEX
  • 商品名:巴マミ 舞妓Ver. 1/8スケールフィギュア
  • 作品名:劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
  • サイズ:1/8スケール(全高:約190mm) ・専用台座付属・付属パーツ「ベベ」
  • 原型制作:宮嶋克佳(パッケージの記載は間違い)
  • 製作協力:株式会社ストロンガー
  • 発売日:2015年6月

 

■パッケージ

aniplex_tomoe_mami_maiko_02aniplex_tomoe_mami_maiko_03

マミさんのイメージカラーであるオレンジ・黄色を基調とした商品パッケージ。帯や和模様ピクトの入れ方やアーチ状に開けられた窓など、シリーズ共通のデザインフォーマットを踏襲しています。(べべのピクトがデザインに違和感なく溶け込んでいてワロタw。)

パッケージ背面には金色の屏風の前でポーズを取る舞妓マミさんのイメージ写真が掲載されており、「悪代官の屋敷で強制的にティロ・フィナーレさせられちゃうマミさん」といった薄い本的妄想がいっそう捗りますw。(やめなさいってw)

 

■側面

aniplex_tomoe_mami_maiko_04aniplex_tomoe_mami_maiko_05

パッケージ側面にはデコマス写真と元となったイラストが掲載されていました。空の淡い色にピンクの着物と桜が映えて美しいですね。

aniplex_tomoe_mami_maiko_06

パッケージ寸法は約W210mm×H250mm×D160mmで、舞妓まどか、晴着ほむらの箱よりも若干大き目。窓は正面と天面に設けられており、正面窓からの視認性は良い方だと思います。

 

■ブリスター

aniplex_tomoe_mami_maiko_07aniplex_tomoe_mami_maiko_08

ブリスターには本体・台座・べべのほか、べべを台座に固定するアタッチメントが納められています。説明書は特に付属しておりませんでした。

 

■全身

aniplex_tomoe_mami_maiko_09

華やかな桃色の着物に身を包み、扇を持って舞う姿を捉えたようなポージング。お座敷で舞妓さんのお仕事中…という設定でしょうか。本製品にはべべも付属しており、足元でマミさんと同じようなポーズを取っているのが微笑ましいですw。(*´ω`*)

aniplex_tomoe_mami_maiko_10

マミさんの立ち振舞いはとてもエレガント。しなやかな身体の動きが再現された造形だと思います。

aniplex_tomoe_mami_maiko_11 aniplex_tomoe_mami_maiko_12 aniplex_tomoe_mami_maiko_13

後姿のシルエットも美しいですね。艶っぽい色香を漂わせております。

aniplex_tomoe_mami_maiko_14 aniplex_tomoe_mami_maiko_15 aniplex_tomoe_mami_maiko_16 aniplex_tomoe_mami_maiko_17

大人っぽい雰囲気の中にあどけない少女の可愛らしさを感じる舞妓マミさんに思わず(゚∀゚)キュンキュン!

 

■少しアップで

aniplex_tomoe_mami_maiko_18

舞妓マミさんの造形から受け取る印象はしなやかで柔らかいもので、優雅な舞い姿を想起させます。

aniplex_tomoe_mami_maiko_19

(*´д`*) や、柔らかそうな身体のラインが…み、見えるぞ…!!(結局それかw)

aniplex_tomoe_mami_maiko_20

着物の色合いも関係あるかも知れませんが、ふんわりとした雰囲気が感じられるのはマミさんらしくて良いのかなとw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_21

帯は鮮やかな赤色で、後ろから眺めると雅な印象が強まります。柄のプリントも高精細な仕上がり。

aniplex_tomoe_mami_maiko_22

とにかくしなやかな身体の動きが感じられるフィギュアで、マミさんのチャーミングな表情が引き立って見えます。

aniplex_tomoe_mami_maiko_23

マミさんは金髪縦ロールというエレガントすぎる髪型であるため、着物を着せると京都観光に来た外人さんにしか見えない、と言う罠w。 Oh! コレガ ジャパニーズ マイコ デスネー!(誰だよw)

aniplex_tomoe_mami_maiko_24

まぁ元々まどマギ作品と舞妓はストーリー上は何の繋がりもないため、ここは日本の伝統芸能との粋なコラボ(?)を愉しむのが正解でしょうw。

 

■お顔

aniplex_tomoe_mami_maiko_25

つつましやかに微笑むマミさんのお顔は、とても可愛らしく再現されています。色香よりもあどけなさを感じる表情ですね。

aniplex_tomoe_mami_maiko_26

お顔にはふっくらとした丸みが感じられ、頬にはマンガ的・記号的な頬染めが入れられています。柔らかい身体の仕草と表情のマッチングが素晴らしいです。

aniplex_tomoe_mami_maiko_27

(*´ω`*) 結んだお口の形が可愛いらしい。

aniplex_tomoe_mami_maiko_28

(*´ω`*) 魔法少女姿ではナイスバディな部分ばかり強調されがちだったマミさんですが、こうして見ると普通に可愛い女の子なのですよね…。う~ん、可愛さ新発見w。

3年前ほど前にグッスマ版のマミさんをレビューしましたが、「はち切れそうなほど豊満なのに、マシュマロ並みに柔らかそうなこの感じ!」などと書いていて、このブログの管理人のバカっぷりはまったく変わってねぇなぁ、とw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_29

マミさんのアイプリントは光沢のない仕上がりで、瞳の斜めのラインやグラデーションなど緻密に再現されていました。とても良い出来で可愛らしい!(*´ω`*)

 

■髪飾り

aniplex_tomoe_mami_maiko_30

舞妓さんらしく、髪にはかんざしや飾りがふんだんに付けられております。造形も塗装も細やかな仕上がりです。

aniplex_tomoe_mami_maiko_31

かんざしは金属感溢れるシルバー塗装で、一部にゴールド調のグラデーションが入れられニュアンスを含んだ色合いに仕上げられていました。金属の質感が高められていますね。

 

■髪の毛

aniplex_tomoe_mami_maiko_34

金髪縦ロールが特徴的なマミさんの髪の毛には、所々にグラデーションが入れられていました。造形の情報量はそれほど多くはありませんが、前髪等はシャープに仕上げられております。

aniplex_tomoe_mami_maiko_32

後頭部は…満月みたいというかちょっとツルツルすぎる?w(キャラ的に元々こういうデザインなのかも知れませんが萩の月みたいで美味そうとか思ってしまったぜ) ツインドリル状の縦ロールは柔らかい別パーツを側頭部に接着しているようですね。引っ張ると伸びますw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_33

ツインドリル部分はとても柔らかい素材なので、変形してしまった時などはドライヤーで温めれば直せそうです。

 

■胸など

aniplex_tomoe_mami_maiko_35

和装フィギュアの宿命と言うか、胸がぎゅぎゅっぎゅっ!と締め付けられてしまい、本来の破壊力を失っている感はあります。それでもちゃんと膨らみを感じるのだからマミさんのバストはスゴイw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_36

(*´д`*) 巨乳感はありませんが、とても美しいジャパニーズ微乳ですw。

 

■うなじ

aniplex_tomoe_mami_maiko_37

(*´д`*) もうね、和服ったらコレでしょ!? うなじですようなじ!! 肌が露出した数少ないポイントなのでわすれずにprprしましょうね!!

aniplex_tomoe_mami_maiko_38

背中の微妙なくぼみ感など、ほんのりと色香が漂う罪な造形w。prprしたいぜ!(*´д`*)

 

■舞妓服

aniplex_tomoe_mami_maiko_39

毎度細やかな仕上がりでレビューサイトを驚愕させる着物の柄は今回も健在ですw。薄い桃色の着物には梅をモチーフにしたと思われる花柄が散りばめられております。胸の部分には蝶のシルエットも。

aniplex_tomoe_mami_maiko_40

グラデーション塗装+柄のプリントで艶やかな舞妓さんの着物が再現されており、この色数の豊富さときたら…w。淡い黄色でシャープに入れられたグラデーションはプリントで再現されているようです。(網点を確認しました)

aniplex_tomoe_mami_maiko_41

着物の裏地部分には飛翔する蝶のシルエットが。胸の部分の蝶との連続性を感じさせるデザインですね。

aniplex_tomoe_mami_maiko_42

柄のプリント精度は非常に高く、グッスマやアルター製品と比べても遜色ないレベルだと思います。

aniplex_tomoe_mami_maiko_43

「だらりの帯」には鮮やかな朱色をベースにグラデーションで濃淡が入れられ、帯の「重さ」まで感じさせる風合いに仕上げられています。緑色の車輪(あるいは風車?)が、色彩上のアクセントになっていますね。

aniplex_tomoe_mami_maiko_44

2本の帯にはそれぞれ表裏両方にプリントが入れられています。重なって隠れている部分もめくりあげれば見ることは可能です。

aniplex_tomoe_mami_maiko_45

ぱんつ以外の隠れた部分の仕上げに強いこだわりがあるわけではありませんが、見えない部分も丁寧に仕上げられているのは買った身としては嬉しいものです。価格も価格ですので…。

 

■お手手

aniplex_tomoe_mami_maiko_46

袖口をちょこんとつまみあげるような仕草の可愛らしいお手手。

aniplex_tomoe_mami_maiko_47

(*´д`*) 袖の奥には素肌も露出しているぜ!!

aniplex_tomoe_mami_maiko_48

指先は爪まで細かく造形され、ピンク色に塗装されていました。

aniplex_tomoe_mami_maiko_49

扇を手にした右腕のポーズはとてもしなやかで美しいですね。大胆で躍動感溢れるポーズ!と言うわけではありませんが、こういった所作に美しさを見出せるのは日本人特有の感性なのかも知れません。

aniplex_tomoe_mami_maiko_50

右手も指先まで丁寧に造形されています。扇は後付パーツではなく、あらかじめ接着されているため差し替え等はできません。

aniplex_tomoe_mami_maiko_51

右手の爪にも左手同様ピンクの塗装が。

aniplex_tomoe_mami_maiko_52

扇は爽やかな水色で、白い波模様のような柄がプリントされています。桃色の着物との色彩上の対比が面白いですね。

 

■おみ足

aniplex_tomoe_mami_maiko_53

着物の裾からは赤い襦袢と白い足袋が覗いております。凝った台座のデザイン効果もあって、足元まで華やかなフィギュアですね。

aniplex_tomoe_mami_maiko_54

舞妓まどかと晴着ほむらが下駄を履いていましたが、マミさんは足袋のみ。これはお座敷のシーンを再現しているからなのでしょうね。

aniplex_tomoe_mami_maiko_55

台座のデザインも凝っていて、赤い部分には絨毯のようなザラっとしたテクスチャ感が加えられています。舞い散るピンクの花びらが美しいですね。

aniplex_tomoe_mami_maiko_56

白い部分と赤い部分で表面の風合いが異なる面白い台座です。桜の白い花のプリントが引き立つよう、ベース自体のパーツ色は淡いブルーが使われているようです。とても細やかな色彩デザインです。

aniplex_tomoe_mami_maiko_57

花びらの配置も、フィギュアの置き位置を計算に入れてレイアウトされているようです。

 

■台座単体

aniplex_tomoe_mami_maiko_69

毎回凝った台座が付属するこのシリーズですが、今回も美しい仕上がりでした。サイズは直径約130mmで、舞妓まどか・晴着ほむらの台座よりも少し大きくなっています。

aniplex_tomoe_mami_maiko_70

台座と本体の接続は左足一箇所のみ。マミさんは自立するため、台座なしでも一応飾ることは可能です。地震で倒れるかも知れませんが…w。

aniplex_tomoe_mami_maiko_71

サイズは若干大きくなりましたが、フィギュアに合わせてデザインされている台座ですので、一緒に飾って楽しみたいところです。

 

■べべ

aniplex_tomoe_mami_maiko_58

ブリスターの中にビニールに入れられた小さなパーツが入っていて「これ何ぞ?」と思いましたが、こちらはべべを台座にセットするためのアタッチメントのようなものでしたw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_59aniplex_tomoe_mami_maiko_60

べべは自立しないため、このアタッチメントに足を差し込んで台座上に立たせます。殆んど目立たないので見た目的に違和感はありません。

aniplex_tomoe_mami_maiko_61

劇場版[新編]に登場したべべもしっかりと再現。おしゃまなポーズが可愛らしいですねw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_62

サイズは小さいですが、細部まで丁寧に造形されています。汎用お遊びパーツとしても使えそうな気がw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_63

(*´ω`*) べべも舞妓マミさんのポーズを真似しておりますw。 それにしても、扇のデザインがブルーチーズを思わせる色合でこれは妙にじわじわ来るなw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_64

べべは背中に赤いマントを身に付けていて…んんん??

aniplex_tomoe_mami_maiko_65

(;゙゚’ω゚’) こ、この顔わああああああ!!! なぜここまで高精細にプリントしたのかw。こりゃ本気だわw。(何がだw)

aniplex_tomoe_mami_maiko_66

(*´д`*) ちなみにべべのぱんつは拝めませんでしたw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_67

べべは台座上にセットするのが正しいのですが、マミさんの左腕にちょこんと乗っけたりもできます。うん。これはこれで可愛い。(*´ω`*)

aniplex_tomoe_mami_maiko_68

べべはマミさんの大切な友だちですから…。

 

■フリーアングルショット

(*´ω`*) 舞妓マミさんの乱舞はっじまっるよー!

舞妓マミさんのフリーアングルショットです。ここ最近、レビューパートの撮影からある程度背景をセッティングして撮るようになったため、背景そのままでアングルのみ変えながら撮影しています。ぐるりぐるりと舞妓さんの踊りをご堪能あれ。

aniplex_tomoe_mami_maiko_72 aniplex_tomoe_mami_maiko_73 aniplex_tomoe_mami_maiko_74 aniplex_tomoe_mami_maiko_75 aniplex_tomoe_mami_maiko_76 aniplex_tomoe_mami_maiko_77 aniplex_tomoe_mami_maiko_78 aniplex_tomoe_mami_maiko_79 aniplex_tomoe_mami_maiko_80 aniplex_tomoe_mami_maiko_81 aniplex_tomoe_mami_maiko_82

少し大人びた色っぽさの奥から、少女のようなあどけない可愛らしさが湧き出てくるようなフィギュアですね。とても可愛いマミさんです。

 

さてさて、ここから背景を変えてイメージチェンジです!

パッケージに掲載されていたイラストの配色が綺麗だったので、そのままパクッて似たような配色を目指してセッティングしてみました。

aniplex_tomoe_mami_maiko_83

と言うか、背景は前回のシリカの撮影と同じセッティングなんですけど…w。桜は以前撮影用に買った造花を引っ張り出してきました。

aniplex_tomoe_mami_maiko_84

淡いブルーが着物と髪色を浮き立たせて綺麗に見えますね。

aniplex_tomoe_mami_maiko_85 aniplex_tomoe_mami_maiko_86

色調的には柔らかい春のトーンを感じます。

aniplex_tomoe_mami_maiko_87 aniplex_tomoe_mami_maiko_88 aniplex_tomoe_mami_maiko_89

背景に淡い色を使うのは苦手で極力避けてきたのですが、少し練習して使いこなせるようにならないとあきまへんな。

 

■シリーズ集合

aniplex_tomoe_mami_maiko_90

ピュエラ・マギ・舞妓・クインテット!!(現状ではトリオですがw) このシリーズも3人が揃い、並べたときの色合いも華やかになりましたね~。杏子・さやかも早く並べてあげたいですなw。

aniplex_tomoe_mami_maiko_91

一人じゃないマミさんが輝いて見えるよ…!

aniplex_tomoe_mami_maiko_92

ピュエラ・マギ・舞妓・クインテットが花びら大回転する薄い本とかありませんかねw。

 

■おまけ(舞妓マミさんの舞い)

aniplex_tomoe_mami_maiko_93

何となく明るい背景で撮影してしまったので、一枚だけ毛色の違うものを。金箔が貼られた和紙を置いて、お座敷で舞う舞妓マミさんの姿を演出。(この後「あーれー!」な事態になったのかどうかは管理人にも分かりませんw。)

 

「巴マミ 舞妓Ver.」は、舞妓まどかより続く『まどマギ和装フィギュアシリーズ』の最新作として相応しい、とても丁寧な仕上がりで登場しました。

受注限定フィギュアと言うこともあり、購入者の属性も熱心なまどマギファンやコアなフィギュアコレクターになるのかなと思いますが、期待値も大きく「目の肥えた」層向けのシリーズだけに、しっかりとした仕上げで発売されたのは良かったな、と。(価格的にも結構お高いですし…)

個体差等もあるかも知れませんが、管理人の個体は良個体だったようで、晴着ほむらの時に「あれ…?」と感じた舞妓まどかとの仕上げの差異については、今回は殆んど感じませんでした。杏子&さやかも期待して発売を待ちたいと思います。(*´ω`*)

 

撮影小ネタ

aniplex_tomoe_mami_maiko_94

前回あたりから殆んどノリで書いている、蛇足的な撮影後記です。

今回のマミさんの撮影は淡いピンク色の背景を使用しましたが、この色にたどり着くまでに実はかなりの時間を要してしまいました。

具体的には、以下のようなセッティングを試行していたのです。

マミさんのイメージカラーは黄色(もしくはオレンジ)。キャラクターにイメージカラーが設定されている場合には、それと同系統の背景色を使用するのが比較的無難で安全な背景選択のあり方だと思います。(キャライメージとの乖離を避ける、と言う意味においては)

でも写真で撮る場合には、他の問題が出てきたりして、一概にイメージカラーを使用すればおk!とは言えないんですよね…。(いつも悩んでいる点…)

aniplex_tomoe_mami_maiko_96aniplex_tomoe_mami_maiko_97

今回もある意味セオリー通りに黄色系の背景から試してみたのですが、実際に撮影してみるとどうにも「コレジャナイ」感が…。写真で撮る場合、髪色と背景の色が似ていると同化してしまって頭部の輪郭が出ないんですね…。ほんのりとした淡い黄色も採用一歩手前だったのですが、もうバックに少し色のニュアンスが欲しいと言う理由で没にしました。(あと黄色系は色被りが強くて現像が大変だったり…)

aniplex_tomoe_mami_maiko_98aniplex_tomoe_mami_maiko_99

次にピンク系統の色を試してみました。明るさ的にフィギュアの輪郭はきちんと出たのですが、やはりもう少し色合いにニュアンスが欲しいと感じてこちらも没に。紫系の色合いも悪くはないと思いましたが、少し寒すぎるかな?と感じてもう少しだけ暖色系に振る事にしました。

最終的には薄紙を3枚重ね、後ろから照明してこんな感じのトーンが出来上がりました。(;´Д`A

aniplex_tomoe_mami_maiko_79

明るく飛ばしすぎない程度に色のトーンを残した風合いで、ピンク系統の色合いの中に若干紫の色成分が含まれています。

フィギュアと背景の明度差が小さくなり過ぎてしまったため、もう少し背景の照明を強くして飛ばない程度に明るくしても良かったのかも知れませんね…。背景はピンク系統の色合いな のですが、淡いブルーのソフトペーパーを一枚噛ませているため、若干寒色に振れていて、見た目上は淡い赤紫のような色合いに見えます。ピンクのみの色合いだと、着物と背景の色合いが同化してしまうような気がしたので、若干色相をずらしました。

また、イメージ撮りで淡いブルーの背景を使用しましたが、こちらはレザック66・スカイの手前に淡いブルーのソフトペーパーを重ね、その隙間を照明して作り出した透過色を使用しています。

aniplex_tomoe_mami_maiko_83

背面のレザックの紙色を、半透明のソフトペーパーで和らげている、と言う言い方が正しいのかも。ソフトペーパーではなくトレペを使う方法の方が技法としては一般的かも知れません。

この撮り方の場合、最背面にどのような紙色をセットするか、それをどのように照明するかが重要になってきます。

試しに、背面のレザックを白い紙(グラペの裏ですが…w)に変えてみるとどうなるか…?

aniplex_tomoe_mami_maiko_95

ソフトペーパー自体にも淡い色が付いていますが、単体では現像すると殆んど白く飛んでしまって色がまったく出ませんw。背景紙のセッティングは肉眼でイイ感じに見えていても、実際に撮影・現像してみるまで結果が分からない事が多く、出したい色をサッとセッティング出来るようになるためには、色々な事を試して「引き出し」を増やしていくしかないんですよね…。時には失敗する事も必要なのでしょうw。

前回のレビュー後記で「いつも使っている背景紙に飽きてしまった」的な事を書きましたが、これは同じ背景紙の「上がり」に飽きたのではなく、「撮る前から上がりが読める」ことに飽きてしまったのだな、とあらためて自己分析してみたり。つまり、撮影する前から「この紙で撮ると、きっとこんな感じの上がりになるな」と言う結果が先にイメージできてしまって、そこに新鮮味や驚きといったワクワク感を感じなくなってしまった、と言うことなのかも知れません。※これを良しとするかは人によると思いますが…。

時間がない時は上がりの読める紙を使うかも知れませんが、楽しみを広げるため未体験の新しい事にもどんどんチャレンジしていきたいと思っている今日この頃です。

「巴マミ 舞妓Ver.」製品レビューをお送りしました。

写真はFlickrにもUPしてあります。

 



前後の記事


“[ANIPLEX]巴マミ 舞妓Ver. 製品レビュー” への1件のコメント

  1. […] [ANIPLEX]巴マミ 舞妓Ver. 製品レビュー (HobbyHolicさん) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販