[グッドスマイルカンパニー]美樹さやか 劇場版ver. 製品レビュー

gsc_miki_sayaka_gekijouban_06

グッドスマイルカンパニーより発売の『美樹さやか 劇場版ver.』製品レビューをお送り致します。

最近ネタに走り過ぎた感がありましたが、今回は久々に普通のレビューでございます。

まどかほむらマミと続けてレビューして来て、あれれ?さやかはどうしたの?と疑問に思っておられた方も多いことでしょう。白状しますと、通常版さやかの購入に失敗して以降心がもげてしまい、「シリーズコンプ目指すのヤーメタ」と放置していたのです。杏子は普通に手に入るようですが、杏子を買ってしまうとさやかだけ欠けているのが目立ってしまうため、さやかが手に入ったら杏子も揃えよう、と考えていました。今回劇場版さやかが発売されたおかげで、杏子の購入意欲も蘇ってきましたので、折を見て購入し、レビューしたいと思います。

 

  • メーカー:グッドスマイルカンパニー
  • 商品名:美樹さやか 劇場版ver.
  • サイズ:1/8スケール
  • 原型制作:かわにしけん(ぐりむろっく)
  • 発売日:2013年3月

■パッケージ

gsc_miki_sayaka_gekijouban_01gsc_miki_sayaka_gekijouban_02

届いたダンボールを開けてみて驚いたのは、パッケージが完全にリニューアルされていたこと。このシリーズ、まん丸の潜水艦窓が印象的だったので、スグに違いに気付きました。再販ではなく、あくまで新商品という扱いなので、外箱だけ新規にデザインを起こしたのでしょうね。

パッケージは明るい水色を基調とした爽やかなデザインで、レース柄があしらわれた円弧のカーブが印象的です。マット調の紙に部分的なニス引き処理が施されており、製品写真とレース柄の部分に光沢があります。特殊印刷は版を余計に作らなければならないので、手間とコストがかかるはずなんですが、手を抜かない姿勢はさすがグッスマですね。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_03

新パッケージでは側面と天面に窓が追加されていました。天面の窓はソウルジェムの形に打ち抜かれているなど芸が細かい。側面の窓については、通常版との違いが分かるよう、髪飾りのある側に開けるべきだったのでは? と若干思ったりもしました。

■ブリスター

gsc_miki_sayaka_gekijouban_04gsc_miki_sayaka_gekijouban_05

通常版を入手できなかったので比較はできませんが、ブリスターは通常版と同じ構成だと思います。サーベル状の剣2本と交換用の両手首が付属します。

■全身

gsc_miki_sayaka_gekijouban_08

普通のさやかちゃんだと思った? ざーんねん!劇場版さやかちゃんでしたー!

白いマントをはためかさせながら、両手を広げて立つポージング。やや前傾姿勢でお尻を後ろにきゅっと突き出したようなポーズが印象的です。衣装の露出度が高めで、同シリーズでは最もセクシーなキャラと言えるかも知れません。それにしてもスカート短すぎだよ!

gsc_miki_sayaka_gekijouban_09

劇場版という事で、ゴールドのff(フォルティッシモ)マークの髪飾りが追加されています。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_10gsc_miki_sayaka_gekijouban_11 gsc_miki_sayaka_gekijouban_12

見えちゃいそうなギリギリのアングル! キワドイ!

gsc_miki_sayaka_gekijouban_13gsc_miki_sayaka_gekijouban_14

gsc_miki_sayaka_gekijouban_15gsc_miki_sayaka_gekijouban_16

gsc_miki_sayaka_gekijouban_17 gsc_miki_sayaka_gekijouban_18 gsc_miki_sayaka_gekijouban_07

■アップ/ディテール

gsc_miki_sayaka_gekijouban_19 gsc_miki_sayaka_gekijouban_20

髪飾りはゴールド塗装されており、光を当てるとキラキラ輝きを放ちます。青系の髪色にも良く映えますね。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_21

劇場版で髪飾りが追加された経緯は詳しく知りませんが、これは良いアクセントになっていると感じました。魔法少女だってお洒落したいよね。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_22

腋フェチも納得の見事なワキ!

gsc_miki_sayaka_gekijouban_23

ソウルジェムはおへその辺りに装着。クリアパーツ仕様です。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_24 gsc_miki_sayaka_gekijouban_25

グローブをはめてますが、指先まで丁寧な造り。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_26

まぁまぁ、パンツはもうちょっと待て、と。(違う)

gsc_miki_sayaka_gekijouban_27

白いマントもシャープな造形。薄く造形されていて、ボテッとした感じはありません。軽くひるがえる感じがいいですね。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_28

アイプリの感じもシリーズを踏襲。少し頬を赤らめた感じが可愛いらしいです。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_29 gsc_miki_sayaka_gekijouban_30

■胸など

gsc_miki_sayaka_gekijouban_33

衣装の露出度が高いので、胸の膨らみもしっかりと拝めます。形の整った美乳ですな。胸まわりは光沢処理されているため、光の当て具合で色々と起伏の変化を楽しめます。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_34 gsc_miki_sayaka_gekijouban_35 gsc_miki_sayaka_gekijouban_36

谷間もお楽しみいただけますよっと。

■腰まわり

gsc_miki_sayaka_gekijouban_31gsc_miki_sayaka_gekijouban_32

このお尻を後ろにキュッと突き出した感じのポーズが気に入った! さや尻とは良く言ったものだと感心したのです。

■おみ足

gsc_miki_sayaka_gekijouban_37gsc_miki_sayaka_gekijouban_38

白のオーバーハイニーソと異様に短いスカート、これらが生み出す絶対領域!! 少し腰をひねっているため、スカートから覗く太ももの見え方に変化がつけられており、レベル高ぇぞこれは。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_40

オーバーハイニーソを留めるベルトのようなものも再現。バックルはゴールド塗装。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_39

ブーツの淵にもゴールドの塗装が。

■ローアングル

ハーイ。さやかちゃんはキャストオフできないので、ローアングルでお楽しみください。前から覗くのは至難の技ですので、後ろから行きまーす。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_42

色は白!!

gsc_miki_sayaka_gekijouban_43

純白!!

gsc_miki_sayaka_gekijouban_44

このシリーズでパンツ解禁なのはマミ・さやか・杏子の3人か・・・。まど神も含めれば4人? ほむほむのパンスト越しのアレはパンツと言ってよいものか判断に迷うな・・・。そう言えばまどかのフリルはガード最強でしたね。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_45

中の人的に縞パンを期待してしまったのはきっと管理人だけではないはずだ。

■台座

gsc_miki_sayaka_gekijouban_41

シリーズ共通のクリア台座。中心部に近付くにつれ透明になっていきます。足のジョイントは両足2箇所で固定する仕様となっています。金属支柱は入っていませんでした。

■差し替えパーツ

gsc_miki_sayaka_gekijouban_46

差し替え用の手首とサーベル状の剣2本が付属します。剣は2本とも同じものと思われ。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_47

武装さやかです。手首から先を変えただけでもガラッと印象が変わりますね。剣の長さの分だけ設置スペースが必要になりますので、飾る場所と相談ですな。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_48 gsc_miki_sayaka_gekijouban_49 gsc_miki_sayaka_gekijouban_50

剣を持たせる角度なんかも相当計算されているのか、色々なアングルでビシバシポーズが決まりますね。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_51 gsc_miki_sayaka_gekijouban_52

剣はシャープな造形で、塗装の塗り分けもしっかりしていました。人差し指のあたりにトリガーも再現されています。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_53 gsc_miki_sayaka_gekijouban_54 gsc_miki_sayaka_gekijouban_55

gsc_miki_sayaka_gekijouban_56 gsc_miki_sayaka_gekijouban_57

剣を持たせると結構なボリュームになりますので、広角寄りのレンズで寄って撮影しました。微妙に遠近感が付いていい感じ。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_58

後ろから撮るとどうしてもカメラの位置を下げたくなってしまいます。

gsc_miki_sayaka_gekijouban_59

gsc_miki_sayaka_gekijouban_60 gsc_miki_sayaka_gekijouban_61 gsc_miki_sayaka_gekijouban_62

あぁ、最後はやっぱり尻なのか。

通常版のさやかを逃した身としては、今回の劇場版さやかの発売は朗報で、シリーズコンプのモチベーションを取り戻す絶好の機会となりました。扱い的には新商品という事ですが、髪飾りが追加されただけですし、事実上の再販のようなものかなと思っています。今回少し気になったのは、ブリスターのテープが一度切り取られ、上から新たに二重貼りされたような箇所があったこと。これが何を意味するのか? 髪飾り一個とは言え、劇場版の仕様に対応するため、色々と見えない苦労があったのかも知れませんね・・・。不満点というわけではありませんので、あまり深くは突っ込みませんが・・・。

というわけで、『美樹さやか 劇場版ver.』製品レビューをお送り致しました。あとは杏子を揃えればシリーズコンプ!
(あ、そう言えばリボほむもあった! 既に注文入れてあるけど。)



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販