[コトブキヤ]キューポッシュえくすとら スクール水着ボディ 製品レビュー

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_01

コトブキヤより発売の『キューポッシュえくすとら スクール水着ボディ』製品レビューをお送り致します。

たまには季節ネタもいいよね~!というワケで、この度コトブキヤから発売となりました『キューポッシュえくすとら スクール水着ボディ』をレビューしてみたいと思います。海の日にピッタリですね!(たまには季節を読む管理人)

この『スクール水着ボディ』は、キューポッシュの遊び方を広げる『キューポッシュえくすとら』シリーズの第一弾としてリリースされたもので、手持ちのキューポッシュのヘッドを組み合わせて遊ぶための着せ替えオプションパーツのようなものですね。製品にヘッドが付属していないため、既にキューポッシュを持っている方・これから購入しようと思っている方が対象になるかと思われます。キューポッシュ単体でも結構遊べるのですが、こういった拡張パーツで更に遊び方の幅が広がるのは面白いと思います。単発ではなく今後もシリーズとして続いていくようですので、『キューポッシュえくすとら』に要注目なのです。

管理人のフィギュア購入傾向は相変わらずスケール品が中心ですが、先日レビューしたキューポッシュ桐乃と黒猫も手元にあることですし、折角の海の日なので…という事でスク水ボディを買ってprprレビューしてみる事にしました。白スクも発売されるようですが、現時点で手に入るのは紺スクのみですね。それでは正統派の紺スクprprなレビューをドゾー。

 

  • メーカー:コトブキヤ
  • 商品名:キューポッシュえくすとら スクール水着ボディ
  • サイズ:ノンスケール(約75mm)
  • 原型制作:稲田 基樹/エイル 協力:コトブキヤ
  • 発売日:2014年7月

 

■パッケージ

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_04

細長い直方体形状の商品パッケージ。スティック型と言っても良いくらいにコンパクトです。サイズは約W85mm×H210mm×W65mmで、これくらいの大きさなら店頭で買ってもカバンに入れて持ち帰れそうですね。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_02kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_03

白とブルーを基調とした爽やかなデザインで、正面にはトラック形状の窓が開けられています。窓は正面一箇所のみですが、ボディの確認に不都合はないかと思います。背面のデザインは通常のキューポッシュと同様のフォーマットが使用されているようです。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_05

パッケージ側面にはセット内容が掲載されています。何が付属しているのか一目瞭然なので分かりやすいです。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_06

パッケージを2つ並べるとこんな感じです。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_07

このスク水ボディのパッケージは、2つ並べると通常のキューポッシュの箱正面と同じ大きさになります(厚みは若干異なります)。サイズ感の参考にしてください。いや、それより2つも買ったのかよ!!という突っ込みはナシの方向でひとつ…w。(*´ω`*)

 

■ブリスター

 

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_08kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_09

スク水ボディ本体、ビート板、台座、手首パーツ(ビート板用)と支柱が収められたブリスター。手首と支柱は台座の裏側に纏められています。非常にコンパクトなブリスター構成です。

 

■付属物一覧

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_10

この製品自体が拡張パーツという事もあり、付属物は少し少な目かも知れません。スク水ボディに標準で付いている手首はパーに開いたもので、ビート板を持たせるための専用手首が付属しているのが分かります。台座と支柱がクリアブルーになっているのが特徴的ですね。

 

■スクール水着ボディ

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_11

紺スクール水着(旧型)登場ーー!!! 正統派かつマニアックなセレクトで、今後の展開にも期待なのです!

デフォルメフィギュアなので細かい部分について多くは語りませんが、思っていた以上に水着のラインやシワ感が良く再現されており、結構リアルな造形です。ややツヤ感のある紺色の塗装が艶かしいですね。体型についてはキャラを無視して全て同一のものとなってしまいますが、そこはあまり問題ではないかな…。ドールの素体のように爆乳ボディとか出されても困惑してしまいますね、きっと。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_12

スク水衣装ということで、手足の可動域が広いのが特徴的ですね。スカート等を身に着けていない分、足の付け根部分を自由に動かせる印象です。通常のキューポッシュと同様に、足裏にはマグネットが仕込まれており、台座の上できちんと自立します。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_13

水着なので当たり前と言えば当たり前なのですが、素足というのも面白いですね。足の指まで細かく造形された可愛らしいおみ足を拝めます。

このスク水ボディはドール用の衣装を着せたりするための素体としても使用可能なようで、5月に行われた『キューポッシュ 1さい☆生誕祭』ではゆかたが参考出品されていたりもしましたね。

 

■台座

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_14

スチールプレートが埋め込まれた専用台座はクリアブルー仕様のものが付属します。爽やかな印象でスク水ボディに良く合います。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_15

通常のキューポッシュの台座と並べてみました。大きさや支柱穴の数は同じですが、底面に埋め込まれたプレートの仕上げが異なっていました。通常のキューポッシュはヘアライン処理したような仕上げでしたが、スク水ボディの台座はツルツルの鏡面仕上げになっており、台座の上にキューポッシュを置くと鏡のような映り込みが得られます。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_16

並べて比較するとこんな感じです。※ポーズに意味はありません(*´д`*)

 

■ビート板

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_17

ブルーのビート板は軟質系の素材でできており、触った感じはゴムのような質感ですね。それなりに弾力があり、ペラペラという程ではありません。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_18

ビート板を持たせる場合は専用の手首を使用します。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_19

通常のキューポッシュ同様、背中の部分には支柱を接続するための穴が設けられています。穴の内部まで紺色に塗装されているため、穴はそれほど目立ちません。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_20

キューポッシュはマグネットで自立しますが、アクションポーズを取らせたい場合にはこんな感じで支柱を活用するわけですね。ワーイ!ヾ(*´∀`*)ノ

 

さて、首なし状態の不思議な踊りはこのくらいにして、ヘッドを組み合わせて見ていきましょうか。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_21

キューポッシュ高坂桐乃のヘッドにスクール水着ボディを組み合わせて見ました。メチャクチャ可愛いじゃんよ!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_22

ちょっと幼児体型すぎる印象もありますが、逆にそこがいいのかも知れません。(*´д`*)

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_23kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_24 kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_25kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_26

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_27 kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_28

キューポッシュは手足が長い分、水着姿でも身体のラインが自然に見える印象があります。身体に対して頭部が大きいのはデフォルメフィギュアなので仕方ないですね。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_29

ビート板デュフフ…なポーズが自然に取れるのも可動フィギュアの強みでしょうか。ビート板を持たせる場合は、専用の手首パーツに交換します。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_30

ビート板は比較的柔らかい素材で出来ているため、簡単に手に持たせる事が出来ます。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_31

ビート板と手首の接続部には適度な固さがあり、ポロっと取れてしまう事がないのは助かりますね。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_32

桐乃「ビート板prprpr」

黒猫「ちょっ…!!」

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_33

ビート板用の手首パーツは、ちょっとした仕草の演出にも使えそうです。(表情にもよりますがw)

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_34

(*´ω`*) 桐乃のこの表情使い出ありすぎ!!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_35

可動域の広さを利用して、様々なポーズを作ることが可能です。こんなポーズでもマグネットでちゃんと片足立ちしてくれるのがポイント!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_36

…と、さすがにこれは調子に乗り過ぎですね。黒猫も呆れてます。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_37

黒猫と桐乃のレビューにも書きましたが桐乃は髪の毛の長さの関係で、背中の穴に支柱を接続することが出来ません。この場合は、キューポッシュに付属しているマグネットパーツを使用することになります。先端だけブルーではないけど、細かい事はキニシナイ!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_38

少し後ろに傾きますが、スク水ボディはペタンと座らせることも出来ます。スク水姿でたくさん並べるとプールサイドっぽくて面白くなりそうです。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_39

折角なので泳いでるっぽいポーズを。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_40

バタ足させてる風に。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_41

(*´д`*) すまんな黒猫!このアングルだけは外せないんや!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_42

撮影のためアクリルキューブを使用しましたが、床面に直に置いてこのポーズを作るのはちょっと難しいかも知れません。何か台座的なものを用意した方が良いかも。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_43

お気に入りのキャラをスク水姿に着せ替えられるのは面白いですね。ポーズの自由度が高いので、色々遊べると思います。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_44

『可愛らしく、程よくセクシー』を心得た感じと言いますかw。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_46

「デュフフ…ちょっとだけならええやん」って、あのネタまたやるのかよ!!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_47

(*´д`*) 黒猫ピーーンチ!!!(続く) ※続きません

 

■イメージショット

さて、スク水ボディを着用した桐乃と黒猫のイメージショットです。ヤシの木とか絡めながら適当に撮ってます。撮影していて思ったのは、スク水ボディは1体だけよりも複数体あった方が楽しめそうだな、という事でした。たくさんのキャラでワイワイやってた方が、シチュエーションを作りやすいんですよね。スクール水着の統一感がかえって良い方向に働いた印象もあります。同一作品のキャラだった…というのも関係あるかも知れませんがw。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_48

夏といえば海!海なのになぜかスクール水着!これが正義だー!!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_49

生誕祭で頂いた手つなぎパーツも徹底活用~!2人ともスク水着用だとすごく自然に見えるから不思議ですね。

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_50 kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_51 kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_52

黒猫「あなたに本当の泳ぎというものを教えてあげるわ」

桐乃「(なぜビート板…?)」

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_53

黒猫ざっぱーーーーん!!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_54

桐乃もざっぱーーーーん!!

kotobukiya_cupoche_schoolswimsuitbody_55

こんな古典的なやっつけ撮影手法で良かったのだろうか…という内省もあるわけですが、海の日っぽいからいいよね!!(震え声)

とまぁそんな感じでスク水ボディで楽しく遊んだ一日でした。『キューポッシュえくすとら スクール水着ボディ』は価格的にも手頃なので、既にキューポッシュをお持ちの方は試しに買って遊んでみるのも良いかも知れません。管理人は試していませんが、ドール服用の素体としてのニーズもあるようで、様々な楽しみ方が可能なようです。キューポッシュを複数体持っている場合には、キャラの人数分揃えたくなってしまう怖さを秘めている気がしますがいかがでしょうかねw。

今回は紺スクール水着版を購入しましたが、コトブキヤショップとイベント等限定で白スクール水着版も発売されるようです。白スク版は開催が目前に迫ったワンダーフェスティバル2014[夏]でも数量限定先行販売されるようですので、気になる方はぜひチェックして見てください。

『キューポッシュえくすとら スクール水着ボディ』製品レビューをお送りしました。

写真はFlickrにもUPしてあります。

 

キューポッシュえくすとら スクール水着ボディ関連リンク(外部サイト)

ふぃぎゅる!

レビュー キューポッシュえくすとら スクール水着ボディ

 




前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販