[コトブキヤ]俺の妹がこんなに可愛いわけがない。黒猫 -Sweet Lolita- 製品レビュー

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_01

コトブキヤより発売の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。黒猫 -Sweet Lolita-」製品レビューをお送り致します。

というわけで、コトブキヤの甘ロリ版黒猫のレビューです。最近黒猫を買い過ぎている気がするのですが、たぶん気のせいですよね、きっと。黒猫は各社より様々なバリエーションが登場していますが、コトブキヤはピンクのゴスロリバージョンで攻めてきました。黒猫のキャライメージとピンクのフリフリドレスのギャップが面白くて、これは要チェック対象となっていました。先日アルファアマックス版の黒猫をprprして堪能したばかりですが、こっちの黒猫はあーまいぞっというわけでスイーツ(萌)な黒猫のレビューをドゾー。

 

  • メーカー:コトブキヤ
  • 商品名:俺の妹がこんなに可愛いわけがない。黒猫 -Sweet Lolita-
  • サイズ:1/7スケール(約225mm)
  • 原型制作:LEVANA 協力:コトブキヤ
  • 発売日:2013年12月

 

■パッケージ

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_02kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_03

スケールは1/7で、パッケージは縦に長い直方体形状。サイズは約W160mm×H265mm×D150mmで、電車でも持ち帰れるくらいの大きさでしょうか。ピンクを基調に薄紫のアクセントカラーを配したデザインで、いたるところにレースやリボンの装飾が。デザインもコスチュームの雰囲気とピッタリ合っています。窓は正面と両側面・天面の計4箇所で、正面窓が大きく取られているため視認性は良好。四角窓はデザイン的な面白味に欠ける部分もありますが、中身の見やすさという点ではメリットが大きいのかなと思います。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_04 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_05

正面から向かって左側の窓は猫の顔の形に打ち抜かれていました。にゃーん。

 

■ブリスター

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_06kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_07

本体と台座のみのシンプルな構成。差し替えパーツ等はありません。

■全身

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_08

フリフリピンクのゴスロリ服に身を包み、片足立ちしてにゃーんのポーズ。頭の大きなネコ耳カチューシャといい、「そうかそう言えば黒猫って猫だったんだね…。」とあらためて実感させられるポージングです。(え?)

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_09

このフィギュアの面白さは、「フ…愚かね…」とか言ってそうな黒猫が、こんな可愛いポーズを取ってしまっている点にあると思うんですよ。ピンクのゴスロリ服の効果、スゴイ。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_10kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_11

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_12kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_13

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_14kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_15

 

■少しアップで

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_16

ハイ。両手でにゃーんしてます。表情は笑顔でも怒り顔でもなく、「仕方ないからちょっとにゃーんしてみた」といった感じの微妙な表情。いや、ありがとうございます。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_17kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_18

 

■にゃーん

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_19 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_20

■お顔

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_21

お顔はキツ過ぎず、可愛すぎず、でもちゃんと黒猫、といった感じの見事なアレンジで、コトブキヤらしい顔立ちかなと思います。顔の大きさも含めてややデフォルメ感が強い気もしますが、だからこそ可愛く見えるのだと思ったり。目元はパッチリで、アイプリはテカリが強いもののシャープで綺麗な仕上がりでした。マンガ的なピンクの頬染めも可愛らしいですね。

 

■ネコ耳カチューシャ

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_22

頭部には黒いネコ耳カチューシャを着用しています。ネコ耳は少し大きめで立体的に造形されており、フィギュア全体をシルエットで見たときも絵になりますね。このネコ耳カチューシャは交換出来ませんが、それは特に困らないかと思います。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_23

このネコ耳の立体感がよろしい。

 

■髪の毛

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_24

ふわりと広がった黒髪。造形はシャープ…という程ではないのですが、流れるようなラインを上手く捉えた造形で結構情報量があります。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_25

後ろ髪の方が情報量が多い。よく見ると上と下の2箇所に髪のハイライト的な塗装がボカシで入れられているのが分かります。少し紫がかった色の部分ですね。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_26

ピンクの衣装に長い黒髪…というのも、ギャップがあって面白いかなと感じました。

 

■コスチューム

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_27

フリフリピンクの甘ロリコスチューム。もうね、何と言うか、これはコスチューム的に買いだろ!

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_28

衣装は薄ピンク色…なんですが、いかにもな生っぽいピンク色ではなく、少しサーモンピンクに寄った落ち着いた色合い。例えば鹿目まどかのコスチュームのピンク色とは系統が異なりますね。白いフリルが可愛らしい。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_29

メーカーや作品によって胸が大きかったり小さかったりする黒猫ですが、B77という数字に偽りなし!といったかんじの慎ましやかなバストが拝めます。膨らみかけです。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_30

首元には赤いリボンが。

 

■お手手

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_31

握りこんだ両手を顔のあたりに上げています。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_32

爪は造形あり・塗装なし。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_33

髪の毛で見づらい部分ですが、背中の部分のフリルやリボンも細かく造形されていました。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_34

大きくはありませんが、膨らみは十分堪能できます。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_35

甘ロリ服はフリルの造形が見物です。かなり細かく、相当な情報量。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_37

全てというわけではないのですが、フリルのフチの部分などもシャープに細かく造形されています。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_39

ゴスロリ服は見応えがあって好きなんですが、造形は大変そうですね…。^^;

 

■おみ足

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_40

片足立ちしたおみ足を前から。これだけ見ると白タイツかな…?と思うのですが、いやいや、ちゃんと絶対領域は拝めますよ。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_41

Σ(; ゚Д゚) 白のニーハイだとぉ!? 飾りと赤いリボンの付いたすばらしいニーハイです。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_42

どーですか、お客さん、この見えそうで見えない、いや良く見るとちょっとだけ見えてるこのアングル。(自粛せい

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_43

ニーハイのシワ感なども造形されていました。

 

■足元

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_44

大きなリボンが付いたピンクのハイヒールパンプス。塗りは光の関係でパールっぽくも見えますが、普通の光沢塗装だと思います。靴はつま先の部分が丸くなったボリューム感のあるデザイン。二つのリボンとの相乗効果でお姫様感が漂っております…。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_45

靴裏は黒に塗装。リボンの金具部分はゴールドに塗装されています。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_46

右足はビスで台座と固定されています。コトブキヤのフィギュアはビス止めされているものが多いのですが、このフィギュアは台座との接続が右足一箇所のため、この方が安心かもしれませんね。台座底部はクリアパーツになっているため、よく見るとビスが透けて見えているのが分かります。見ようによってはこれは少し気になるかも。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_48

裏側から見るとこんな感じです。ビス1本で固定されています。

 

■台座

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_47

ピンクのチェック模様がプリントされた円形台座。底部はクリアパーツで、上側にピンクのライン、底部は白塗りされた仕様になっているようです。ラインに微妙な立体感というか、奥行き感があるのはこのためです。ただの白台座にしないところはエライと思います。

 

■ローアングル

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_49

台座が固定式なので何気に難易度が高いローアングル撮影。いい加減にすればという声が脳内から聞こえてきそうですが、方針として撮らざるを得ない。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_50

少しピンクの色かぶりが出ていますが、ぱんつはシンプルな白!でした。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_51

中学生が穿いてそうなぱんつを見事に再現してると思います。色気的には今ひとつですが、中学生に何を求めているだ!

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_52

お尻の膨らみ感とか、微妙なシワ感とか、これがなかなか。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_53

(*´ω`*) よいものはよい。

 

■キャストオフ

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_54

コイツまたバラしてんのかよ!という呆れた反応、誠に有難うございます。ビニールヒントのお導きにより、黒猫はスカート部分が取り外せる仕様と判明しましたので早速バラしてみました。※そろそろフィギュア分解サイトに鞍替えした方がよいかも知れません。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_55

先日のアルファマックス版黒猫も堪能させて頂きましたが、何で黒猫のフィギュアって、スカート外せる仕様なんですかね。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_56

白ぱんつとニーハイの絶対領域を心行くまで拝む事が出来ます。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_57kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_58

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_59kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_60

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_61kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_62

(‘A`) 改めてひつこく回す自分も正直どうかと思う。

 

■少しアップで

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_63

身体を少しひねったポージングのため、腰まわりに色気が生まれている気がします。一言で言うとえろい。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_64

分割箇所は服の下に隠れるため、スカートがなくても違和感なく飾れます。おへそも造形されていますし、これはもう確信犯ですね。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_65 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_66 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_67

ヒップラインも堪能。ぱんつからはみ出た柔らかそうなお尻の肉感に注目したい。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_68 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_69

フィギュアの撮影って楽しいですね。

 

■さらにアップで堪能…

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_70 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_71 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_72 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_73 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_75 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_76

スジ造形こそありませんが、微妙なシワ感と膨らみ感が見て取れてどうしたらいいんでしょう。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_77

ニーハイの飾りとリボンの造形も大変細かく、これを見ないで死ぬわけにはいかないな、と思います。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_78

 

■フリーアングルショット

黒猫の自由作例です。時間がなくて背景紙チェンジとかは出来ませんでした…。そのかわり、様々な角度から撮影を行っています。この黒猫、アングルによって表情の見え方が微妙に変化して見えるので、撮影していてとても面白かったです。見上げで撮るとちょっと怒っているように見えたりしてこれもまた一興です。

kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_79 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_80 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_81 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_82 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_83 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_84 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_85 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_86 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_87 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_88 kotobukiya_kuroneko_sweet_lolita_89

黒猫が続くとアレだなぁと年始に回そうと思っていたのですが、結局スグにビリビリと開封して撮り始めてしまいました。何だかんだ言って、管理人はコトブキヤの造形が好きなんでしょうね。この黒猫、塗りや仕上げは良くも悪くも普通で、パール塗装など凝ったものではないのですが、ポーズや表情など、可愛さをギュギュっと凝縮したような独特の魅力があって、管理人は放っておけなかったのでした。黒猫は桐乃と合わせて相当な数のフィギュアが発売されていますので、お好みでチョイスするのが良いかなと思います。ピンクの甘ロリ服の一風変わった黒猫を堪能したい方にはおススメのフィギュアです。ぶりっ子過ぎないレベルで抑えられている印象がありますので、女性から見ても嫌味に映らないフィギュアなのではないか…と思いますがいかがでしょうか?

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。黒猫 -Sweet Lolita-」製品レビューをお送り致しました。

画像はFlickrにもUPしてあります。

Asahiwa.jp様、にゅーあきばどっとこむ様、真紅のハルヒ様、記事をご紹介頂きありがとうございました~!

 



前後の記事


“[コトブキヤ]俺の妹がこんなに可愛いわけがない。黒猫 -Sweet Lolita- 製品レビュー” への1件のコメント

  1. […] [コトブキヤ]俺の妹がこんなに可愛いわけがない。黒猫 -Sweet Lolita- 製品レビュー (HobbyHolicさん) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販