[マックスファクトリー]這いよれ!ニャル子さんW ニャル子 製品レビュー

maxfactory_nyaruko_01

マックスファクトリーより発売の『這いよれ!ニャル子さんW ニャル子』製品レビューをお送り致します。

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

というわけで、久々のニャル子さんです。スケール品のレビューはシーエムズコーポレーション版以来でしょうか。今年2月のワンフェスで原型の展示を見ておりまして、これはもうコスチューム的に買いだな、とw。好みが分かりやすいですねw。

wf2013winter_wonderful_hobby_62

原型展示以降、着色版のサンプルの実物を見る機会はなかったのですが、期待を裏切らないあざと可愛さで発売となりました。それでは裸エプロン版ニャル子さんのレビューをドゾー。

 

  • メーカー:マックスファクトリー
  • 商品名:這いよれ!ニャル子さんW ニャル子
  • サイズ:1/7スケール(全高約260mm)
  • 原型制作:YOSHI
  • 発売日:2013年10月

 

■パッケージ

maxfactory_nyaruko_02maxfactory_nyaruko_03

1/7スケールと言うこともあり、パッケージは少し大き目。結構高さがあります。サイズは約W180mm×H320mm×D170mmです。正面に大きな窓が設けられていますので、視認性は高いと思います。薄いピンクを基調とした配色で、ほんのりとエロ臭が漂っております…。背面には結構キワドイ商品写真が…。

maxfactory_nyaruko_04

側面にはデカデカと商品写真が掲載されています。実物大以上の大迫力w。

maxfactory_nyaruko_05

天面と側面(片側のみ)にもハートや星型に打ち抜かれた窓が開けられていました。

 

■ブリスター

maxfactory_nyaruko_06maxfactory_nyaruko_07

ブリスターには本体・台座・名状しがたいバールのようなもの・お玉杓子が梱包。なんか台座の上に見覚えのある生物がいるんですけど…(ぉ)

maxfactory_nyaruko_08

組み立て説明書のようなものはなく、取扱上の注意が一枚箱に入っていました。

 

■全身

台座も含めてぐるっと回してみましょう。

maxfactory_nyaruko_09

ピンと脚を伸ばして片足立ちするポージングで、右手には「名状しがたいバールのようなもの」、左手は投げキッスをするような(あるいは誘うような)指のポーズを取ってますね。しかしここで一番重要なのは、コスチュームが絵に書いたような裸エプロンである、という事でしょう。

maxfactory_nyaruko_10

あざとい。あざと可愛い。それがニャル子だ!!

maxfactory_nyaruko_11maxfactory_nyaruko_12

maxfactory_nyaruko_13maxfactory_nyaruko_14

maxfactory_nyaruko_15maxfactory_nyaruko_16

もう、全方位的に痴女ですよねコレ。

 

■ちょいアップで

maxfactory_nyaruko_17

すこーし寄ってみましょう。キワドイ衣装がいっそう引き立ちます。フリル付きエプロンのヒラヒラ感が堪らないです。

maxfactory_nyaruko_18

1/7スケールで少し大き目なので、細かい部分まで余裕を持って造形されている印象があります。

maxfactory_nyaruko_19

この衣装は横からのアングルがエロいのです。

maxfactory_nyaruko_20

正真正銘の裸エプロンなので、お尻のワレメもクッキリ見えます。

maxfactory_nyaruko_21

赤ちゃんの前掛けのようにも見えますね。狙ってるのか。

maxfactory_nyaruko_22

 

■お顔

maxfactory_nyaruko_23

お顔・アイプリはアニメの雰囲気をよく再現していて、安定のニャル子さんといった印象。強いクセもなく、似てる似てないを抜きにしても普通に可愛いと思います。

maxfactory_nyaruko_24 maxfactory_nyaruko_25

どちらかというと、アニメ1期の絵に近い気がするけどどうなのだろう…。

 

■髪の毛

maxfactory_nyaruko_26

邪神レーダーも健在w。しかもハート仕様です。

maxfactory_nyaruko_27

後付ではなく最初からこの状態で梱包されており、動かせるような仕様にはなっていません。ウッカリ引っ掛けて破損しないよう注意が必要かも。

maxfactory_nyaruko_28

髪の毛はクリアパーツではなく普通の塗装ですが、その分色合いや造形は安定しているように思えました。造形の情報量も多く、髪の毛はこのフィギュアの見所のひとつかも知れません。

maxfactory_nyaruko_29maxfactory_nyaruko_30

maxfactory_nyaruko_31

広がった髪にはボリューム感がありますね。毛先のうねりも何となく邪神っぽくていいじゃないですか。

maxfactory_nyaruko_33maxfactory_nyaruko_34

特に身体の手前に垂れた髪の毛のねじれやウェーブ感が素晴しい。

 

■コスチューム

maxfactory_nyaruko_32

このエプロンは間違いなく「裸エプロン用」ですねw。

maxfactory_nyaruko_35

胸の部分はハート型になっており、「ま  ひ  ろ」の文字がw。

maxfactory_nyaruko_36 maxfactory_nyaruko_37

背中のリボンのスキマからのぞくお尻がとてもセクシーです。お尻丸見えだと、あぁ、本当にエプロンの下は裸なんだなぁと思いますね。

maxfactory_nyaruko_38

胸はそれほど強調されていませんが、腰~太ももに至る肉付き感には目を見張るものがあります。

maxfactory_nyaruko_39

何か太マジックで手書きしたっぽい「ま  ひ  ろ」の3文字がジワジワ来るんですけどw。

maxfactory_nyaruko_40

首の部分にも何かはめていますね。飾りの模様が細かく造形されているのが分かります。

 

■お手手

maxfactory_nyaruko_41 maxfactory_nyaruko_42

指先の爪にはピンクの塗装が。仕上げは綺麗でした。

maxfactory_nyaruko_43 maxfactory_nyaruko_44

手首や二の腕にもフリルやリボンが付いたバンドのようなものをはめています。

 

■下半身

maxfactory_nyaruko_45

ムチムチ感タップリの太ももにはガーターリングのようなものをはめていますが、片足のみですし用途的には意味を成さないのでこれはきっと挑発用でしょう。

maxfactory_nyaruko_46

ニャル子の魅力はこの太ももにあり!

maxfactory_nyaruko_47 maxfactory_nyaruko_48

むっちりとした太ももを過ぎると、スラッとした脚のラインに変化し、更にその先には…なんかいる!!

 

■足

maxfactory_nyaruko_49

足のアップも見てみましょう。指先までキッチリ造形されており、今年の『踏まれたい足ランキング』の上位にランクインすると思います。

maxfactory_nyaruko_50maxfactory_nyaruko_51

maxfactory_nyaruko_52maxfactory_nyaruko_53

足の爪にもピンク色の塗装が。そしてニャル子の足の下にいるのは…。

maxfactory_nyaruko_54

作者やん!!

maxfactory_nyaruko_55

踏まれてますねw。

maxfactory_nyaruko_56

ニャル子にモロ踏みつけられてます。もしかして踏まれるのがお好きなんでしょうか?

 

■台座

maxfactory_nyaruko_57

ニャル子の台座は『お皿』がモチーフになっています。表面の光沢感がそれっぽい雰囲気を醸し出していますね。

maxfactory_nyaruko_58

お皿部分は少し斜めに角度が付けられていますが、これはニャル子の重心が後ろの方にあるため、簡単に倒れないようバランスを取る効果もあるのかも知れません。

maxfactory_nyaruko_59maxfactory_nyaruko_60

ニャル子を取り外すとお皿と作者のみになるのですが、はんぺんみたいで旨そうですねこれ。ちなみに作者も台座から取り外すことが可能です。

maxfactory_nyaruko_61

ただ、作者の底部にはダボが突き出ているため、単体で飾るのは困難かもしれません。

maxfactory_nyaruko_62maxfactory_nyaruko_63

台座と本体の接続は片足のみで行いますが、足の内部に金属棒が埋め込まれているなど、強度に対する配慮がしっかりとなされています。作者側のダボにはこの金属棒を受け止めるための穴が空けられていました。

 

■名状しがたいバールのようなもの

maxfactory_nyaruko_64

裸エプロンになぜバールのようなものなのか分かりませんが、こちらもシャープに造形されていました。

maxfactory_nyaruko_65

先とか尖ってて痛そう。

maxfactory_nyaruko_66

まあ、ニャル子らしいと言えばらしいですね。

 

■お玉杓子

maxfactory_nyaruko_67

交換用のパーツとして「お玉杓子」が付属しています。少し小さいですが、こちらもリアルに造形されていました。

maxfactory_nyaruko_68

お玉杓子を持たせる時の角度はやや限定的で、上手く合わせないと掌からすり抜けてしまいます。(柄の部分は楕円形をしており、角度によってはバールのようなものより細くなってしまうため。)

maxfactory_nyaruko_69

お玉杓子を持たせると新妻感がUPしますね。

 

■ローアングル

maxfactory_nyaruko_70

裸エプロンなので、アソコは一体どうなってるんだろうと股間期待を膨らませていた皆様、全てお見せしましょう。

maxfactory_nyaruko_71

前貼りぃいい!!!

maxfactory_nyaruko_72 maxfactory_nyaruko_74

まあ邪神と言えどもMOROはマズイだろうという判断なのでしょう。これなら安心して飾れますね!!(ちょっと残念ではある)

maxfactory_nyaruko_73 maxfactory_nyaruko_75

こういうのは見えそうで見えない方がエロい。

maxfactory_nyaruko_76

……ね?

 

■フリーアングルショット

ニャル子の自由作例です。頭の中がお花畑な感じを出したかったので、途中から花柄がプリントされたラッピングペーパーを背景紙として使用してみました。以前色々買い集めてきた中で、まだ使用していないものだったので、ちょっと試してみようかと。

柄物の紙は煩くなる傾向にあるのですが、少し絞りを開けてボケを活かす方向で調整しました。現像も少しハイキーな仕上げにしています。花の形状云々よりも、単にさまざまな色をランダムに散りばめてみたかった、というのが本当のところです。これはこれでなかなか面白い効果が出たのではないかなと思います。ニャル子にはあっけらかんとしたカラフルな配色が似合う気がしますねw。

maxfactory_nyaruko_77 maxfactory_nyaruko_78 maxfactory_nyaruko_79 maxfactory_nyaruko_80

maxfactory_nyaruko_81 maxfactory_nyaruko_82 maxfactory_nyaruko_83 maxfactory_nyaruko_84 maxfactory_nyaruko_85 maxfactory_nyaruko_86 maxfactory_nyaruko_87 maxfactory_nyaruko_88 maxfactory_nyaruko_89 maxfactory_nyaruko_90 maxfactory_nyaruko_91 maxfactory_nyaruko_92

ちなみに、上の写真をF16まで絞り込むと↓こんな感じになります。ボケを活かした方が雰囲気が出る気がしますねー。

maxfactory_nyaruko_93

裸エプロンは着るキャラによっては嫌悪感すら抱きかねない危ういコスチュームかなと思いますが、ニャル子には「まぁ、ニャル子なら仕方ない。許す。」と思わせてしまう可愛さがあって、これがあざと可愛さというものなんですかね。^^;

マックスファクトリーのニャル子は1/7スケールの適度なボリューム感とヒラヒラのキワドイ衣装が楽しめる魅力的な商品に仕上がっていました。ただ少々露骨過ぎる感があるのは確かですので、エロ方面に抵抗がある方は普通に服を着てるニャル子を選ぶ方が無難かも知れませんw。抵抗がない方は迷わず裸エプロンをドゾー。露出面積で見れば水着の方がたぶん上なんですが、エロさではこちらが勝っていますねw。

『這いよれ!ニャル子さんW ニャル子』製品レビューをお送り致しました。

写真はFlickrにもアップしてあります。

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販