[マックスファクトリー] figma とある魔術の禁書目録II 上条当麻 & インデックス 製品レビュー

kamijo_index_01

マックスファクトリーの「figma とある魔術の禁書目録II 上条当麻 & インデックス」製品レビューです。

アクションフィギュアシリーズは普段は買わないのですが、値段が手頃という事もあって当麻とインデックスの2人を揃えてみました。

通常のスケールフィギュアと異なり、「動かしてなんぼ」のシリーズですから、色々とパーツやポーズを変えて撮影してみましたが、これが思った以上に大変でした。

交換パーツを組み合わせながら色々なシーンを再現可能ですが、動きが自由な分ポーズの調整に時間が掛かってしまい、通常の撮影の倍以上の時間がかかってしまいました。

ポーズ取りでキャラクターの性格まで再現するためには、色々と研究を重ねる必要がありそうです。

ちなみに、今回の撮影ではズームレンズが大活躍したのでした。

 

■上条当麻

kamijo_index_02

原作通り、ダルそうな表情。ツンツン頭もしっかり再現されてます。シャツは軟体素材でできているため、握るとグニャリとした癖になりそうな質感を味わえます。

kamijo_index_03

幻想殺し(イマジンブレイカー)用のエフェクトパーツはクリア素材を使用。

kamijo_index_04kamijo_index_05

kamijo_index_06

白い方のエフェクトパーツはパンチ用? 穴にはめ込むわけですが、何かシュールです。

kamijo_index_07

「不幸だーーーーーっ!!!」もしっかり再現可能。

kamijo_index_08kamijo_index_09

kamijo_index_10kamijo_index_11

kamijo_index_44

「上条当麻」付属品一覧

 

■インデックス

今回のハイライトはやはりインデックスでしょうか。表情含め、完成度は高いと思います。小柄で愛らしい雰囲気がしっかりと再現されてます。服の一部に布製パーツを使用しており、足の動きが制限されていないのが特長。

kamijo_index_12

kamijo_index_13kamijo_index_14

kamijo_index_15kamijo_index_16

kamijo_index_17 kamijo_index_18

祈りポーズの組み手は両手で1パーツになってます。

kamijo_index_19

kamijo_index_20kamijo_index_21

 

頭のケープは脱着可能です。前髪部分にジョイント用の穴が開いているため、前髪も穴のないものに交換できるようになっています。

kamijo_index_22

怒り顔の顔パーツ。このポーズを取らせる場合、ケープと腕が干渉してしまうのが残念な点。

kamijo_index_23 kamijo_index_24

kamijo_index_25

kamijo_index_26kamijo_index_27

背中のジョイント部。あごを引く感じでうつむかせると現れます。穴が髪の毛の下にあるため、干渉しないようジョイントパーツも1関節多い設計になっています。

kamijo_index_28

腹ペコモードも再現可能。

ナイフとフォークが標準仕様って、どんなシスターだよ。

kamijo_index_29

kamijo_index_30

※ナイフとフォークを持って走り回ってはいけません。

kamijo_index_31 kamijo_index_32 kamijo_index_33

スフィンクス逃げてーーー!!

kamijo_index_34

スフィンクス危機一髪。

さて、figmaだからと言って容赦はしません。服が布パーツということは、こんなポーズだって可能なわけです。

kamijo_index_35

布パーツは光沢感のある柔らかめの素材を使用。もう少し高級感が欲しいところですが、耐久性とか値段を考えたらこんなものかと。

真っ白なので汚れが付きやすいかもしれません。

kamijo_index_36

figmaなんで関節部分がアレですが、普段見ることのないインデックスの生足はなかなか貴重です。

kamijo_index_37

ちなみにパンツは白でした。

kamijo_index_38 kamijo_index_45

「インデックス」付属品一覧

kamijo_index_40

スフィンクスはケープの上に乗せることが可能。固定されているわけではないので、動かすと落ちます。

kamijo_index_41 kamijo_index_42

kamijo_index_43

figmaはスケールが小ぶりなため観賞用として飾るには物足りない気がしますが、色々動かしてポーズを付けられるのは面白いですね。表情を変えるだけでも雰囲気がガラッと変わります。スケールフィギュアだと発売されるまで時間がかかる事が多いので、気になっているキャラをお試し感覚で買ってみて色々遊んでみるのもアリかもしれません。価格もリーズナブルなのでお財布にも優しいし。

「figma とある魔術の禁書目録II 上条当麻 & インデックス」製品レビューでした。



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販