[シーエムズコーポレーション]グッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ14 ニャル子(メイド服)製品レビュー

cms_nyaruko_27

シーエムズコーポレーションより発売の「グッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ14 ニャル子(メイド服)」製品レビューをお届け致します。

アニメ第2期も絶賛放送中の「這いよれ! ニャル子さん」から、ブルーのメイド服姿のニャル子が登場です。ここに来て各社からスケールフィギュアのニャル子が続々と登場する気配があり、結構楽しみにしております。今回はグッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ(長いので以下グッコレ)版のニャル子をレビューしたいと思います。

  • メーカー:シーエムズコーポレーション
  • 商品名:グッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ14 ニャル子(メイド服)
  • サイズ:全高 約180mm
  • 原型制作:潤
  • 発売日:2013年5月

■パッケージ

cms_nyaruko_01cms_nyaruko_02

レースリボンのデザインがあしらわれた商品パッケージ。ピンク基調でニャル子らしいデザイン。スケールはおそらく1/8だと思われますが、箱の大きさは標準的ものかと思います。正面と背面、天面に窓が開けられており、正面からの視認性は高いです。背面の窓は斜めにリボンがかけられたようなデザインのため中は少々見づらいですね。箱の外からパンツをしっかりと拝むのは角度的に難しいかと思います。(見るな

cms_nyaruko_03

■ブリスター

cms_nyaruko_04cms_nyaruko_05

本体・台座と、別パーツのアホ毛が収納されたシンプルなブリスター。

■全身

cms_nyaruko_06

ブルーのメイド服の裾をちょこっとつまんで片足立ちするポージング。このコスチュームはアニメ1期のエンディングにチラッと登場するメイド服が元になっていると言うことで、ラノベ4巻の表紙にも登場していますね。ニャル子というと市松模様の白黒コスチュームが強く印象に残っていて、爽やかなブルーのコスチュームがかえって新鮮でした。

cms_nyaruko_07

表情や仕草があざと可愛くて、思わず(・∀・)ニヤニヤ。

cms_nyaruko_08cms_nyaruko_09

cms_nyaruko_10cms_nyaruko_11

cms_nyaruko_12 cms_nyaruko_13

何かもう、開始早々チラッと見えちゃってますが、カメラの位置はそんなに下げてないので、これは管理人が悪いわけではない!

cms_nyaruko_14 cms_nyaruko_15

角度の違いで、微妙に表情が変化するのが面白い。少しだけ悪女度が増した。

cms_nyaruko_16 cms_nyaruko_17

誘ってるのか。

cms_nyaruko_18

あざといもののそれほど嫌味がない可愛さがニャル子の魅力なのかなと。時としてウザくはあるが。

■ちょいアップで

cms_nyaruko_19 cms_nyaruko_20 cms_nyaruko_21

コレ、おススメのアングルです。☆☆☆☆☆

cms_nyaruko_22cms_nyaruko_23

cms_nyaruko_24cms_nyaruko_25

cms_nyaruko_26

中身はドエロの癖にロリ衣装とか着ちゃうもんだから対処に困る。これは真尋の好みなのかっ。

■アップ/ディテール

cms_nyaruko_28

お顔はクセが抑えられていて安定感のある顔立ち。ニャル子はお口の形に特徴があって、ここにクセが強く出る傾向があるかと思うのですが、グッコレ版は無難にまとめた印象。普通に可愛いです。

cms_nyaruko_29

ニャル子のお顔は何を基準に考えれば良いやらといった感じで、似てる似てない論を語るのは正直難しい。アニメも1期と2期では絵柄が若干変わっていますしね…。結局のところ、「あなたがニャル子だと思うものがニャル子です。※ただし、他人の同意を得られるとは限りません」状態なので、好みの範囲に収まるかどうかの問題かと思います。(よし、上手く逃げた

■アホ毛

cms_nyaruko_30

びよ~んと伸びたアホ毛の毛先は見事なハート型。「真尋さんラブ」な感じが出ていてよろしい。

cms_nyaruko_31

こちらのアホ毛は別パーツになっており、頭頂部の穴にブッ刺します。可哀想なのでフォークとかはやめてあげてね!

cms_nyaruko_32 cms_nyaruko_33

cms_nyaruko_34cms_nyaruko_35

可愛らしい小さなお手手。ややシャープさに欠ける印象もありますが、指先まで綺麗に造形されています。

cms_nyaruko_36

爪造形・塗装はともに無し。毎回爪に言及してる気がしますが、実はあまりこだわってなかったり…。

■髪の毛

cms_nyaruko_37

髪の色はベージュの絵具を限界まで薄めたところに黒インクを一滴垂らして薄めたような淡いグレー色で、かなり明るめです。(言葉では表現しづらい)何だか妙に透明感があるな…と思って良く見たら、髪の毛はクリアパーツ+塗装仕上になっていました。毛先に近づくにつれ、透明感が増す感じです。後ろ髪の毛先とかちょっとダルい感じもありますが、髪の毛の情報量は充分あるかと思います。

cms_nyaruko_38cms_nyaruko_39

光を透かすとこの通り。最近この仕上げが増えている気がしますね。

■下半身

cms_nyaruko_40

ストライプラインが印象的なオーバーハイニーソは光沢感のあるグロス仕上げ。他の部位がマットなので相対的に目を引きますね。ソックス部までは比較的スラっとしたおみ足で、そこから上はムッチリした感じの太ももへと続いていきます。ちょっとソックス食い込ませ過ぎだって。こういうの好きだけど。

cms_nyaruko_41 cms_nyaruko_42 cms_nyaruko_43 cms_nyaruko_44

靴も光沢感のある塗装。

■台座

cms_nyaruko_45

市松模様の円形台座。サイズはかなり小さめで、設定面積を取らないのが美点ですね。足一点のみの固定で小さな台座の割には安定しているように感じました。ジョイント部分が細めなので、ちょっと破損が怖い気もする…。

■ローアングル

cms_nyaruko_46

既に見えちゃってましたが、ローアングルもしっかりと。

cms_nyaruko_47 cms_nyaruko_48 cms_nyaruko_49

スジさんは確認できませんでしたが、その代わり「中身」の盛り上がりを感じる造形で、おぉ、そっちで攻めて来たかと。

cms_nyaruko_50

パンツの色は純白で、割とシンプルなデザイン。フリルはなくとも、飾りのリボンくらいはあっても良かった気はします…。

cms_nyaruko_51

まぁ、でも、結構盛ってますし。

■フリーアングルショット

cms_nyaruko_52 cms_nyaruko_53 cms_nyaruko_54 cms_nyaruko_55 cms_nyaruko_57 cms_nyaruko_58 cms_nyaruko_59 cms_nyaruko_60 cms_nyaruko_61 cms_nyaruko_62

アングルによって「見えそうで見えない」も「バッチリ見えちゃう」も楽しめるフィギュアですので、くるくる回してお好みのポジションを探ってください。管理人的には、やはり後ろからのアングルがお気に入りですね。まぁ、いつもそうなんですが。

cms_nyaruko_63 cms_nyaruko_64

派手なエロさではないものの、ニャル子らしい「あざと可愛い」感じがにじみ出る造形で、この表情やポーズ、コスチュームにグッと来る方にはおススメしたいフィギュアですね。管理人はブルーメイド版を購入しましたが、ブラウンメイド服の宮沢限定版には「キス顔」も付属し、差し替えが可能になっているようです。今後もスケール版のニャル子ラッシュが続きますが、果たしてどこまで追い求められるか。

「グッとくるフィギュアコレクション ラ・ボーテ14 ニャル子(メイド服)」製品レビューをお送りしました。

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販