[電撃G’s Festival! Vol.32付録]神北小毬いっしょにおふろフィギュア レビュー

gsfestival_kamikita_komari_46

電撃G’s Festival! Vol.32 2013年 06月号付録の『神北小毬いっしょにおふろフィギュア』製品レビューをお送り致します。

おふろフィギュアのクドをレビューして胸を撫で下ろしていたのも束の間、今度は小毬の登場です。月刊誌のG’sマガジンではなく、電撃G’s Festival!の付録として登場しました。結構いいお値段ですので迷いもありましたが、これはきっと逃れられない運命なんだよ、と自分に言い聞かせレビューしてみることに。でもコレ、フィギュアだけを目当てで買うにはちょっと高いですよね…。今後の展開が不安でなりません。

■パッケージ

gsfestival_kamikita_komari_01 gsfestival_kamikita_komari_02

A4よりも少し横幅が大きな変形サイズのパッケージ。フィギュア・抱きマクラカバーが収められた外箱と冊子が重ねられてシュリンクされております。少々分かりづらいですが、箱の背面の薄い冊子状のものがG’s Festival!本誌という事になります。本誌の表4にはトイズワークスの広告が掲載されていました。

gsfestival_kamikita_komari_03

外箱から中身を引き出すとこんな感じ。

gsfestival_kamikita_komari_04

じゃーん! クドがアップで登場! 上部には小毬のおふろフィギュアが納められております。

■能美クドリャフカ等身大 抱きマクラカバー

gsfestival_kamikita_komari_05

抱きマクラカバーですな。梱包サイズは思っていたより小さくて一安心。

gsfestival_kamikita_komari_06

残念ながら抱きマクラ本体を持ってないのでこちらのレビューは省略。もし持っていたなら、「さぁて、これからクドのカバーにマクラを挿入するよ~!」とかそう言うけしからんレビューをやらかしていた事でしょう。でもこのマクラカバーのクドは、抱きしめたくなるほど可愛い表情ですね。ちょっと涙目だったり、全裸に首リボン状態なのがまたいい。

■G’s Festival! Vol.32 本体

gsfestival_kamikita_komari_07

で、こちらがG’s Festival! Vol.32本体です。これが付録ではありません。こちらが本体です。(キリッ!)A変形判オールカラー52P構成(広告含む)で、キャラ紹介やアニメ全26話のプレイバック、版権イラスト、声優インタビュー、4コマ漫画など結構盛りだくさんな内容。ファンアイテムとしては充分な内容かと思います。

gsfestival_kamikita_komari_08 gsfestival_kamikita_komari_09 gsfestival_kamikita_komari_10 gsfestival_kamikita_komari_11

さて、それでは早速フィギュアレビューに参りましょう。

gsfestival_kamikita_komari_13

外箱が抱きマクラカバーと共通なので、フィギュア単体でのパッケージはありません。頭部・身体・台座の3つに分割されてビニール梱包されています。

■全身

gsfestival_kamikita_komari_14

gsfestival_kamikita_komari_15gsfestival_kamikita_komari_16

gsfestival_kamikita_komari_17

gsfestival_kamikita_komari_18gsfestival_kamikita_komari_19

gsfestival_kamikita_komari_20

クドと鈴は全裸でしたが、小毬は身体にバスタオルを巻いております。露出度自体は低いのですが、股の間から伸ばしたシャワーのホースが上手くエロさを増幅させていますね。タップリと盛られた胸元にも注目です。

gsfestival_kamikita_komari_21 gsfestival_kamikita_komari_22 gsfestival_kamikita_komari_23

髪をアップにしているので、キャラの印象が少々???な所はありますが、まぁ、可愛いからいいや。

■上半身アップ

gsfestival_kamikita_komari_24

このサイズ感にして、ここまで胸を強調してくるとは…。侮れん。

gsfestival_kamikita_komari_25 gsfestival_kamikita_komari_26

gsfestival_kamikita_komari_27

背中の辺りのバスタオルのシワがなかなかよいですな。

gsfestival_kamikita_komari_28 gsfestival_kamikita_komari_29

シャワーヘッドの吐水口もうっすらと造形されてるのが分かります。しかしアレですね、このアングルではシャワーより胸の方に目が行ってしまいますよね。

gsfestival_kamikita_komari_30

■ディテール

gsfestival_kamikita_komari_31

アイプリはクドや鈴と同じ傾向のもの。シャープでカリッとしたラインが特徴です。頬を赤く染めているのが可愛いらしいですね。

gsfestival_kamikita_komari_32

お風呂なのでさすがにリボンはしてませんが、星型の髪飾りは健在。

gsfestival_kamikita_komari_33

サイズを考えれば髪の造形もしっかりしている方なのではないかと。

■下半身アップ

gsfestival_kamikita_komari_34 gsfestival_kamikita_komari_35 gsfestival_kamikita_komari_36

シャワーホースがしっかりと仕事をしており、股の付根は見えません。シチュエーション的に何故シャワーホースを股の間に通しているのかについては説明出来ませんが…。

gsfestival_kamikita_komari_37 gsfestival_kamikita_komari_38

お尻の先のホースは軟質素材で、くねくね動かせます。

gsfestival_kamikita_komari_39

■ローアングル

gsfestival_kamikita_komari_40 gsfestival_kamikita_komari_41

■フリーアングルショット

gsfestival_kamikita_komari_42 gsfestival_kamikita_komari_43

これまでのシリーズ同様、首はボール式のジョイントが採用されており、角度や向きを変えることが可能です。髪の毛が邪魔をしない分、クドや鈴よりも自由に動かせますね。

gsfestival_kamikita_komari_44

例えばこんな角度にして…。

gsfestival_kamikita_komari_45

モザイクをかけたりして楽しみ方、自由自在!

gsfestival_kamikita_komari_47

■シリーズ集合

gsfestival_kamikita_komari_48

同シリーズのサイズ感の比較。こうして並べると一番背が高くなりますね。背筋を伸ばしたポーズというのも関係しているかも。首のジョイントは共通なので、例によって頭部を付け替えて色々遊べます。

gsfestival_kamikita_komari_49

クドボディの小毬。

gsfestival_kamikita_komari_50

鈴ボディの小毬。

gsfestival_kamikita_komari_51

小毬ボディのクド。スタイル抜群だが個人的には激しく違和感が!!

gsfestival_kamikita_komari_52

小毬ボディの鈴。クドほどの違和感はないものの、何か違う気が…。

gsfestival_kamikita_komari_53

というわけで、リトバスのおふろフィギュアシリーズ(付録版)もこれで3人となりました。小ぶりながらしっかりと造形されており、コレクションしたくなる品なのは間違いないですね。次は誰がフィギュア化されるんだろうか…。

電撃G’s Festival! Vol.32 2013年 06月号付録『神北小毬いっしょにおふろフィギュア』製品レビューをお送りしました。

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販