[メガハウス エクセレントモデル]迷い猫オーバーラン! 芹沢文乃 Ver.1.02 製品レビュー

serizawa_fumino_01

メガハウスより発売の「エクセレントモデル 迷い猫オーバーラン! 芹沢文乃 Ver.1.02」製品レビューです。再販にあたり、猫と下着の色が変更になっているようです。同シリーズの「霧谷 希」と合わせて蔵出し撮影を行いました。

■全身

serizawa_fumino_02

serizawa_fumino_03serizawa_fumino_04

serizawa_fumino_05serizawa_fumino_06serizawa_fumino_07

serizawa_fumino_08serizawa_fumino_09

serizawa_fumino_10

駆け出す感じで片足立ちしたポージングで、振り返りながら人差し指を立ててます。台詞はやっぱり「2回死ね!」でしょうか。

スカートがやたら短いので、角度によっては下から覗き込まなくても下着があらわになってしまいます。身体のラインにまとわりつくようにふわりと開いたスカートが印象的。黒オーバーニーソとの相乗効果で思わず拝みたくなる太もも。大きく身体を反らせたポーズなので、夏場は傾きが少々心配かも。

■アップ

serizawa_fumino_11 serizawa_fumino_12 serizawa_fumino_13 serizawa_fumino_14

指の先までしっかり造り込まれています。

serizawa_fumino_15 serizawa_fumino_16

■おみ足

serizawa_fumino_17 serizawa_fumino_18 serizawa_fumino_19

中に風船でも仕込んでいるのか…?と疑いたくなる豊満なバスト。微妙に揺れ乳してる??

serizawa_fumino_20

教会の娘らしく、髪のリボンには十字架マークが。

serizawa_fumino_21

ぱくっとくわえたくなる人差し指です。

■ローアングル

serizawa_fumino_23 serizawa_fumino_24 serizawa_fumino_25

パンツそのものよりも、縞パンがくい込んだヒップラインに目が行ってしまいます…。見えている布の面積が小さい割りに確かな主張を感じるのは縞パンのなせる技かと。

…って、俺は何を真面目に考察しているんだ。

serizawa_fumino_26 serizawa_fumino_27 serizawa_fumino_28

このむっちりとした太ももがたまりません。スカートが身体のラインにしっかり張り付いているため、下着全体を見ることはできませんが、お尻にくい込む縞パンがなんともエロいです。Ver.1.02ではカラーがピンクに変更されているようですね。

serizawa_fumino_35 serizawa_fumino_36

前面にはリボンの造形が確認できました。

serizawa_fumino_29

見えそうで見えないこのアングルも管理人は大好きですが。

serizawa_fumino_30

猫が2匹付属しています。こちらの猫も色が変更になっているようです。固定用の穴は開いていないため、好きな場所に配置可能。

表情パーツとして「デレ顔」が付属しています。

serizawa_fumino_32 serizawa_fumino_33 serizawa_fumino_34

デレ顔では八重歯は引っ込んでいるようです。

serizawa_fumino_22

ポーズのせいかも知れませんが、こちらの文乃にはやはり「ツン顔」の方がしっくりくる気がします。伊藤かな恵ボイスが脳内再生されるほどに。

serizawa_fumino_31

表情含め、キャラクターの魅力がしっかり再現されていると思います。揺れるバストとか、太もものむっちり感とか黒オーバーニーソの破壊力とか、見所も多いです。再販でカラーリングが変更になってますが、管理人はあまり気になりませんでした。若干値が張るようですが、初期版もまだ手に入るようなので、パンツの色にこだわりのある方はそちらをドウゾ。

同シリーズの「霧谷 希」編に続きます。



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販