[クイーンテッド]ものべの 夏葉 いちごデコレーションVer. 製品レビュー

queented_natsuha_01
クイーンテッド」より発売の「ものべの 夏葉 いちごデコレーションVer.」製品レビューをお送り致します。

この記事には過激な表現(アダルト描写)が含まれておりますので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

(・ω・)ノ 太陽系のロ○コン紳士の諸君!おまたせしました!!!

マイルストンのフィギュアブランド「クイーンテッド」より発売の、ロリな妹系prprフィギュアのレビューです! 時代への挑戦とも受け取れるラインナップに惚れたぜ!!

このブランドのフィギュアを購入するのは、過去にレビューした「久我山このか」に続いて2作目になりますね。原作であるPCゲームの「ものべの」(Loseより発売)は未プレイですが、夏葉たんの容赦なきロリエロ造形に惚れ込んで購入。ナイスバディなアダルトフィギュアは数多く存在しますが、ふくらみかけの妹をストイックに立体化するフィギュアブランドはそう多くはないハズですw。(その意味では、非常に貴重なブランドと言えるかも知れませんw)

届いてから少し時間が経ってしまいましたが、「ショートケーキのイチゴは最後までとっておく主義」などといった体の良い理屈をこねて放置しておりました。(WF後のドタバタでダンボールの下層に埋まっていただけですw)

アダルト作品という事で容赦なくprprしちゃいましたので、妹の赤裸々な痴態をご賞味くださいまし…!

 

  • メーカー:クイーンテッド
  • 商品名:夏葉 いちごデコレーションVer.
  • 作品名:ものべの
  • サイズ:1/6スケール
  • 原型制作:もえのり
  • 発売日:2015年7月

 

■パッケージ

queented_natsuha_02queented_natsuha_03

淡いピンクを基調としつつ、上部からチョコをだら~んと垂らしたようなデザインが印象的な商品パッケージ。どことなくケーキづくりを彷彿とさせますね。共通のフォーマットを使用しつつ、製品ごとにデザインを変えて展開させていくようです。

queented_natsuha_04

1/6スケールとしてはだいぶ小ぶりなパッケージで、サイズは約W140mm×H190mm×D140mm。これなら持ち帰りも苦にならないでしょう。窓は正面~天面・側面の2箇所で、正面からの視認性は良好です。パッケージ側面と背面にはデコマス写真がレイアウトされています。

 

■ブリスター

queented_natsuha_05queented_natsuha_06

フィギュア本体・台座(ソファ)・いちごが収められたブリスター。胸にはあらかじめホイップパーツが取り付けられた状態で封入されています。(粘着素材を使用)

 

■取扱説明書

queented_natsuha_07

ホイップパーツとパンツの取り外し方法が記載された説明書が付属。キャストオフする際には目を通しておきましょう。

 

■注意点!!

queented_natsuha_08

ブリスターから取り出して、ビニールを取り外す際に注意点がひとつ。首と胴体の間のビニールはハサミで切るか破いて取り外しましょう。首は接着されているっぽいです。

queented_natsuha_09

スリット穴が開けられたビニールが挟まっていたので首を抜いて取り外すのだろう…と思ったのですが、これがどうやっても外れない…。首はビニールを挟み込んだ後で接着されたのだろうと思います。(‘A`) 細かい事ではあるのだけれど、こういう事は説明書で一言フォローして欲しいなぁと感じたり。

 

■全身

queented_natsuha_10

メイドコスチュームでソファに座った姿を立体化…なのですが、いきなりポーズがエロすぎる!! 胸をはだけ、脚を開き、お口にはイチゴを咥えているだと…!? (;゙゚’ω゚’)

queented_natsuha_11

完全無欠のエロフィギュアですが、胸のホイップクリームが仕事をしているおかげで、この状態ではモロにはなってません。ナイス!ホイップ!w

queented_natsuha_12

(*´д`*) 一部のロリ○ン紳士たちに『妹×メイドコス×エロポーズ=感動!!!』を与えてやまない希少なエロフィギュアですw。

queented_natsuha_13

ソファに座っているため、後ろからだと殆んど髪の毛しか見えません。なんだ、このリビングであられもない姿の妹に遭遇してしまった感はw。

queented_natsuha_14

想像力を掻き立てられるバックアングルw。頭部のサイズ感から、ちゃんと幼さが伝わってくる造形にも注目したいところぢゃっ!(ロリ元帥)

queented_natsuha_15

正面からだと誘っているようなポーズに見えるのですが、横から眺めると手の向かう先が見えず、イケナイ自慰タイムに見えてくるから不思議なものですw。

queented_natsuha_16

華奢なロリ妹が、こんなにも艶かしいエロポーズを晒している事へのギャップと背徳感…!w 胸のホイップクリームとお口に咥えた真っ赤なイチゴが、良いアクセントになっています。

queented_natsuha_17

萌えツボを押さえたシチュエーション演出と、艶かしいロリ肢体の造形美に見惚れてしまいますw。キャラデザや元絵が良かった…とも言えると思いますが、立体物として見た時、ポーズや仕草にしっかりとした説得力が与えられているのは、造形の確かさによるものでしょう。

queented_natsuha_18

(*´ω`*) アダルトフィギュアとしての「エロさ」と、ロリ妹の「可愛らしさ」の両面が堪能できる、素晴らしい一品です!

 

■少しアップで

(*´ω`*) もう少しアップでprprしていきましょうw。

queented_natsuha_19

ソファの背もたれに深く身体を預け、脚を開いてこちらを誘っているような思わせぶりなポージング。「デコレーションした夏葉を食べて…」と言うことか…!(*´д`*)

queented_natsuha_20

脚の開き具合がとても秀逸で、下半身ばかりに目が行ってしまいますなw。黒のハイサイソックスが生み出す太ももの絶対領域が眩しすぎて困るw。

queented_natsuha_21

扱い的にアダルトフィギュアですが、梱包されていた状態では肌の露出面積もそれほど高くはなく、モロな部分は一切ありません。だがこれは、シチュエーション的にエロいw。これは罪だw。

queented_natsuha_22

ソファは元絵では数人掛けの長いものでしたが、フィギュアでは一部が切り出された形で造形されているようです。場所を取らないのでこの方がありがたいかも。メイド服のエプロンのリボンが両サイドから垂れている様子にも、ほのかなエロさを感じるから不思議w。

 

■ソファ

queented_natsuha_23

ソファはどっしりとした固まり感を感じるマッシブな造形。表面はグラデーション塗装で質感が高められています。このソファ、フィギュアを絡めて遊ぶアイテムとして、隠れた需要がありそうですw。

queented_natsuha_24

「おにいちゃん、後ろからはダメだよぉ…!」的な?(*´ω`*)

ソファに座らせるため、夏葉のお尻部分はまっ平らに造形されています。スカートの継ぎ目は、夏葉たんをキャストオフする際にこじ開けるためのものですw。

queented_natsuha_25

アダルト作品では寝そべり系のフィギュアが多く見られますが、こうしたお座り系のフィギュア造形も良いものですね。飾る場所をそれほど取らず、普通の立ちフィギュアと同じようなアングルで鑑賞できるのは点はメリットと言えるかも。

 

■上半身アップ

queented_natsuha_26

恥ずかしそうな表情で脚を開く夏葉たん。じっくりと愛でたい可愛さですね。

queented_natsuha_27 queented_natsuha_28

(*´ω`*) ここまでで十分堪能してしまった気もしますが、まだまだ先は長いのだ…!

 

■イチゴprpr

queented_natsuha_29

夏葉たんは、艶やかな真っ赤なイチゴをお口に加えております。これがまたエロいw。

queented_natsuha_30

(*´д`*) 上目遣いでイチゴをprprしてる風のアングルからは、色々なヤバさを感じますなw。

queented_natsuha_31

ああああああボクの膨れ上がった真っ赤なイチゴもprprして下さい…!!(意味深)

queented_natsuha_32

口に咥えるならヘタの部分の方が咥えやすいのでは…?と最初思ったものですが、どちらがエロいかを考えた時、見えてきた新しい世界がありましたw。そうか、prprできるのは果実の方なんだな…!!(いや、本当にそういう理由でこうなっているのかは知らないよ?w)

queented_natsuha_33

イチゴはお口の穴に差し込まれているだけなので簡単に着脱できます。

queented_natsuha_36

ツヤのある塗装が艶かしさを演出するイチゴちゃん。小さなパーツですが、細かく造形されています。先端が潰れているのはお口の穴の形に合わせるためですね。

queented_natsuha_34

ぽかんと小さく開いたお口も可愛らしいので、イチゴの有り無しはお好みでどうぞ。お口にゴムを咥えさせたりして更なる背徳感を演出しても良いかも知れませんw。表情が良く見えるので、後半はイチゴを取り外して撮影しています。

 

■ホイップクリーム

queented_natsuha_35

イチゴ同様に、胸のホイップクリームも着脱が可能です。粘着素材で貼り付けられているので、ロリ乳首を拝みたい時は舌先で舐め取ってベリッと剥がしましょうw。(さすがアダルト作品や!)

queented_natsuha_37

ホイップパーツの取り付けには粘着素材を使用しているため、剥がすと胸の部分に跡が残る場合がありますが、麺棒や消しゴムでこすれば綺麗になります。これは製品仕様との事なので仕方ないですね。

queented_natsuha_38

イチゴとホイップパーツを取り外してみました。これぞエロフィギュア…!! ぱんつも取り外せますが、後の楽しみに取っておきましょうw。

 

■お顔

queented_natsuha_39

どこか切なく、恥ずかしそうな表情を浮かべる夏葉たんのお顔。

(*´д`*) この表情には、兄のリミッターを全解除させてしまうだけの破壊力があると思いますw。

queented_natsuha_40

お顔立ちは、ぷにっと柔らかい確かなロリの息遣いを感じる造形w。原作ゲームをプレイしていないので似ているかどうかは判断できませんが、とても可愛らしいお顔だと思います。

queented_natsuha_41

アイプリントはシャープな仕上がりで、瞳のグラデーションも綺麗な仕上がり。瞳部分には光沢があるため、若干テカリが出るかも知れません。漫画的なピンクの頬染めがチャーミングですね。

queented_natsuha_42

夏葉たんは、やや下から見上げ気味のアングルで目線が合います。(゚∀゚) 脚→ぱんつ→お胸→お顔みたいな流れで鑑賞してみるのもオツなものですよw。(ゲス顔で)

 

■髪の毛

queented_natsuha_43

長い栗色の髪の毛は、柔らかいカーブを描きながら細やかに造形されています。黒リボン付のヘッドドレスが可愛らしいですね。

queented_natsuha_44

髪の毛の塗装・仕上げは可もなく不可もなく、といった感じです。割と普通。

queented_natsuha_45

細かく造形された後ろ髪。情報量はかなり多く、繊細なカーブがとても美しいです。あと、後姿のシルエットがちゃんとロリしてるのがスゴイと感じましたw。

 

■( ゚∀゚)o彡゚ちっぱい!ちっぱい!

queented_natsuha_46

( ゚∀゚) じゃあそろそろ、夏葉たんのちっぱいを堪能するぜ!!

queented_natsuha_47

メイド服とブラジャーは元からはだけており、乳首のみをホイップクリームで隠していたのですねw。こんなことされたら舐めたくなるだろう…?

queented_natsuha_48

ロリキャラなので、胸はささやか。ふくらみかけの柔らかそうなバストですw。

queented_natsuha_49

乳首は胸の膨らみのラインの先に、ツンと上を向いた柔らかな突起として造形されています。塗装はほのかなピンク色で、先端にはてらてらとした光沢感が…!

queented_natsuha_50

夏葉たんのちっぱいは造形も塗装の色合いも若干おとなしめなので、巨乳キャラのようなどーん!と言う強いインパクトはありません。ホイップクリームを付けていた方が、見た目のインパクトや想像力を掻き立てられるエロさがあるかも知れませんね。(*´ω`*) まぁでも、ロリは心の奥で静かに愛でるものですし…w。(ご時勢的にもw)

queented_natsuha_51

ロリのちっぱいは、表情や仕草と組み合わせてこそ、価値を生むものです。小さな胸の突起は、やがて明確な輪郭を持ったオトナ乳首へと成長するのでしょうが、今はまだその途上にある、ということをヒシヒシと感じさせてくれますw。

queented_natsuha_52

(*´д`*) 理屈はともかく、ちゅぱちゅぱちゅぱちゅぱ…!!!

queented_natsuha_53

(*´д`*) ブラをたくし上げている仕草が何ともエロいですw。ツンと勃った乳首さんも勿論エロい…!

queented_natsuha_54

乳首さんとぱんつさんを組み合わせて堪能してみるのもおススメです…! 乳首とぱんつは、ワインとチーズのような蜜月関係です!! ※感じ方には個人差があります

queented_natsuha_55

(*´ω`*) 何にせよ、ロリちっぱいを堪能できる希少なフィギュアなのは間違いないです。(ロリ好きは買っとけ!)

 

■コスチューム

queented_natsuha_56

夏葉たんは、白と黒のオーソドックスなメイドコスチューム姿。フリルの量がスゴイことになってますが、細やかに造形されています。

queented_natsuha_57

はだけた胸の部分のスキマ感など、ロリ好きにはたまらない仕掛けもw。『着衣エロ系メイドコスチュームロリフィギュア』と名付けてみましたが、口に出したら舌を噛みましたw。(出すな)

queented_natsuha_58

首には黒いチョーカー風のリボンを巻いています。この部分で胴体と頭部が分割されているようですが、製品はしっかりと接着させていました。

queented_natsuha_59

だらりと垂れたエプロンのリボン。何故こんなに長いのかは謎ですが、垂れ方が妙にエロく見えたりもするのでまぁ良いかなとw。もしかして長い方がプレイが盛り上がるとか…?w

 

■お手手

queented_natsuha_60

両手は爪まで細かく造形され、ツヤのある塗装が施されていました。

queented_natsuha_61

(*´д`*) 指先の仕草までエロ気がするのは気のせいでしょうか…!w

 

■おみ足

queented_natsuha_62

御開帳モードでオープンしちゃってる夏葉たんのおみ足w。こんなポーズされたら、視線の向かう先は白い太ももとあらわになったぱんつで決まりでしょうがっw。

queented_natsuha_63

(*´ω`*) 片足を上げている仕草が何ともエロいですw。シンメトリックに開脚して指でぱっくりするのとは違った趣がありますw。

queented_natsuha_64

黒いサイハイソックスのおかげで、太ももの白さが際立っていますね。そして、太もも~お尻に至るぷにっと柔らかそうな肉感造形も見逃せません…!(*´д`*)

queented_natsuha_65

夏葉たんの靴には、白いリボンの装飾が。靴の塗装色は黒ではなく深い焦げ茶色で、光沢はありませんでした。

 

■ぱんつ

queented_natsuha_66

(*´ω`*) さてさて、ついにぱんつのお時間がやって参りましたヨ…!! このフィギュア、ぱんつまでしっかりキャストオフ出来るのですが、まずは穿いたままじっくり堪能しましょうw。

queented_natsuha_67

夏葉たんは、白いストライプのラインが入ったピンク色のぱんつを穿いています。大きなフリルが付いているのが特徴的で、このぱんつもメイドコスの一部なんでしょうか…?

queented_natsuha_68

(*´д`*) オォン…なんだ、この感動的なまでのシワ感は…!! ぷっくりとした中身の存在を感じるスジ造形が素晴らしいですw。

queented_natsuha_69

キャストオフ仕様のぱんつの場合、あまり造り込まれないケースが多いような気がするのですが、夏葉たんのぱんつは造形的にも仕上げ的にも、かなり凝った作りになっていると感じます。

(*´д`*) これは、見せる事を前提として創造されたぱんつ…!!w

queented_natsuha_70

さーて、んじゃあキャストオフすっかー、とスカートの底を外したその時、捜査員が目にしたものとは…!!

queented_natsuha_71

(;´Д`A  このぱんつ、後ろまでしっかり造り込んであるじゃんよ!! パーツを外さなきゃ見えない部分なのに!w

queented_natsuha_72

お座りポーズでスカートの中は見えないので、ぱんつは見える部分だけ造形された前貼りのような構造なんだろうと勝手に想像していたのですが、お尻側までしっかり造形されていましたw。シワまでしっかりとw。(このコダワリに打ち震えたぜ…!w)

 

■キャストオフ(ぽんつ)

queented_natsuha_73

で、こちらが分離した夏葉たんの下半身になります。ぱんつをキャストオフするためには、まだあちこち外さなくてはなりませんw。

queented_natsuha_74

サイド部分のフックのフックを外して…。

queented_natsuha_75

更に左足を外して、太もも方向に引き抜く感じでキャストオフします。

queented_natsuha_76

脱がしたぱんつですw。見えているのは一部だけなのですが、ぱんつ全体が作り込まれているのが分かります。なんと言うコダワリw。

queented_natsuha_77

(;´Д`A このぱんつ、単体で飾っておいても良いのでは?思わせるほど良く出来ていますw。クイーンテッドはぱんつにこだわるブランドなのか…?w

 

■完全キャストオフ ※局部には修正を入れています。

queented_natsuha_78

( ゚∀゚) 妹を完全に剥いちゃいましたー!!!! ウヒョー!!

queented_natsuha_79

ここまで脱がさなくとも十分エロさは堪能できましたが、スジまで味わってこそのエロフィギュアですので遠慮なくprpr!

queented_natsuha_80

(;´Д`A ポーズ的に嫌でも局部に視線が向くフィギュアなので、エロさもひとしおですw。

 

■(*´д`*) すじさん

queented_natsuha_81

局部はぷっくりとした肉のふくらみの中心軸に、明確なスジがやや深めに掘り込まれたシンプルな造形。包皮やお豆、ビラビラの再現はありません。((;´Д`A あったらたいへんだ)

queented_natsuha_82

スジの周囲は、ネイティブ製品に見られるような強烈な光沢仕上げではなく、特に塗装もされていないため、若干大人しい印象かも知れませんね。

queented_natsuha_83

写真タイトル:「いま、ここにあるスジ」

スジさんは、表面にうっすらと付けられた「浅いライン」ではなく、その奥へと続いていく「入り口」の様相を呈しています。これは評価できるエロポイント!!

queented_natsuha_84

(*´ω`*) 思い付きでホイップしてみたのぢゃが、これはこれでエロくて好きw。

queented_natsuha_85

(*´д`*) ほ、ホイップクリーム、舐めていいですかー!?

queented_natsuha_86

(;゙゚’ω゚’) 『小さなマロンをふんわりとしたホイップクリームで優しく包み込みました。中から溢れ出すメープルシロップのとろけるような味わいをご賞味ください』…的な?w

queented_natsuha_87

(*´ω`*) 真っ赤なイチゴで隠してみる、と言うのも味わい深いものですw。

queented_natsuha_88

(*´д`*) ぱんつは完全に脱がさず、足に引っ掛けておくのがルール!! これは法律だ!! ※色移りには十分ご注意ください

 

■フリーアングルショット

さて…これ以上何を撮るのよ?と言うくらいに堪能しましたが、もう少しエロいアングルを探ってみましょうかw。背景はそのままで、夏葉たんの可愛さ、エロさを引き出す画を追求してみましたw。

queented_natsuha_89

夏葉たんは、幼さを感じる肢体と、ポーズや表情のエロさの間に大きなギャップがあり、これは色々な意味でアカンのではないかと心配になってしまいますねw。(;´Д`A

queented_natsuha_90

露出度はそれほど高くありませんが、グッと来るポーズや表情、メイドコスチュームの相乗効果で、シチュエーション的なエロさを効果的に演出していますw。

queented_natsuha_91

(*´ω`*) モロ状態にしなくても、十分可愛い。そして脱がせば、もっと可愛いw。(おぃ)

queented_natsuha_92

ポーズ的にバランスの難しそうな開いた脚などは、造形の確かさが感じられるポイントです。

queented_natsuha_93

「おにいちゃん、夏葉のココ、変なのぉ…!」的なw ※本製品に姿見は付属しません

queented_natsuha_94

(;´Д`A 夏葉たん、もしかして自慰タイム?

queented_natsuha_95

目線アングル以外でも、様々なニュアンスを帯びた表情を見せてくれるのが面白いですね。エロいアングルを探りたくなるのは、きっとこの表情のせいなのですw。

queented_natsuha_96

(*´д`*) 色々楽しめるMOROフィギュアやねw。

queented_natsuha_97

ソファが台座の役割を兼ねているため、フィギュア単体で飾るのは難しいです。でも、こんな風に置き方を変えてみるのはアリかも知れませんw。

queented_natsuha_98

「おにいちゃん…きて…」

queented_natsuha_99

「夏葉のここ…あったかいよ…」

queented_natsuha_100

「うしろからなんて…はずかしいよぅ…!」

(゚∀゚) なんか、今回のレビューはエロポエムのオンパレードでどうしてこうなった…w!!

queented_natsuha_101

何気なくフレーミングして切り取るだけでストーリーが出来上がるのが、このフィギュアの素晴らしい所ですw。(;´Д`A エロポエム書いちゃうのは仕方ない事だよね!w

queented_natsuha_102

(*´д`*) これでオモチャが付いていれば完璧だった…!w

queented_natsuha_103 queented_natsuha_104

(*´д`*) 夏葉たんハァハァ…!

queented_natsuha_105

(*´д`*) 今回のレビューでは、エロスのありかたについて、タップリと勉強させて頂きましたw。更なる高みを目指して邁進して参ります…!!(やめんかw)

queented_natsuha_106

クイーンテッドブランド第2弾となる「ものべの 夏葉 いちごデコレーションVer.」は、可愛らしさとエロさの両方が1度に楽しめる、ちょっと贅沢なフィギュアに仕上がっておりました。第1弾の「久我山このか」は、肌の色がちょっとアレすぎて、この部分に関しては辛口の評価をさせて頂きましたが、今回はそうした不備はなく、肌はとても綺麗な発色で手元に届きました。(一安心^^;)

アダルト作品ですし、やはりMOROなキャストオフのギミックが注目されそうなフィギュアですが、夏葉たんの魅力はちっぱいとモロスジだけにあらず…! 妹のロリ肢体を法的にアカンと感じるレベルで立体化できたのは、造形の力あっての事だろうと感じるからです。そう、このロリ造形にはゆるぎない説得力がある…!(褒めてるつもりw)

まぁ、ロリかどうかはともかく、すっぽんぽんのフィギュアに対する情熱が最近冷めてきたところもあり、「やっぱこれからは『着衣エロ』系だよな」と、この先の展開をぼんやり考え始めている管理人ですw。(もう、どうにでもなってしまえw。)

あと見逃せないのは、夏葉たんのぱんつは、普通に飾っている状態では絶対に見ることのないお尻部分まで丹念に造り込まれている点で、これはぱんつへの情熱無くしては成せない偉業と言えるでしょうw。ウッディに被らせるなど、様々な利用方法が見出せそうですw。

クイーンテッドからは、まだ2作しかリリースされていませんが、他社とは少し目先を変えたラインナップが面白くなりそうなブランドですね。ロリ特化型なのかどうかはまだ分かりませんが、今後も差異化された独自の路線を突き進んで欲しいものですw。

「ものべの 夏葉 いちごデコレーションVer.」製品レビューをお送りしました。

 



前後の記事


“[クイーンテッド]ものべの 夏葉 いちごデコレーションVer. 製品レビュー” への1件のコメント

  1. […]  [クイーンテッド]ものべの 夏葉 いちごデコレーションVer. 製品レビュー  あ、アウト!! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販