[アルター]阿万音 鈴羽 & マウンテンバイク 製品レビュー

alter_amane_suzuha_mountainbike_01

アルターより発売の「STEINS;GATE 阿万音 鈴羽 & マウンテンバイク」製品レビューをお送り致します。

度重なる延期の末、バイト戦士こと阿万音鈴羽がこちらの世界線に到達しました。少し出遅れた感がありますが、じっくりとレビューしてみたいと思います。(11/20若干ですが加筆しました。)

鈴羽をいつ予約した履歴を見返してみたら、2012年の9月になっておりました。この時点では2013年1月発売予定だったのですね…。今年に入ってからフィギュア関係のイベントに参加するようになったのですが、2月に行われたワンフェス、5月に行われたメガホビEXPOでは、アルターブースにて発売前の鈴羽のデコマスを「まだかなー」と思いながら撮影しておりました。

ワンダーフェスティバル2013[冬] での展示

wf2013winter_alter_35

この時点で2013年3月以降発売予定

 

メガホビEXPO2013 SPRINGでの展示

megahobby_2013_spring_alter_52megahobby_2013_spring_alter_57

5月に行われたメガホビでは2013年6月以降発売予定に…!!

そして2013年11月、台風によるプチ延期を経てめでたく発売となりましたー!

( ;∀;) 待ってたぜ…バイト戦士!!

というわけで、ようやくレビューにこぎつけた次第であります。自転車ばかりprprしてしまった感がありますが、レビューの方をドゾー。

 

  • メーカー:アルター
  • 商品名:阿万音 鈴羽 & マウンテンバイク
  • サイズ:1/8スケール(全高約180mm)
  • 原型制作:阿万音 鈴羽:沼倉 としあき マウンテンバイク:みうら おさみ
  • 発売日:2013年11月

 

■パッケージ

alter_amane_suzuha_mountainbike_02alter_amane_suzuha_mountainbike_03

1/8スケールですが、自転車とセットになったフィギュアなので、パッケージは大きめの部類に入るかなと思います。(アルター製品としてはこれくらいが普通?)サイズは約W260mm×H300mm×D170mmで横幅と高さがありますね。素材はダンボールのような厚手の紙で、強度的にもかなり頑丈そうです。(積みベースに最適)白をベースにしつつ、いかにもシュタゲ的な世界観を表現した汚れとも模様ともつかぬ複雑なテクスチャがあしらわれたデザイン。汚く見えないのは色合いが鮮やかだからでしょうか。

alter_amane_suzuha_mountainbike_04alter_amane_suzuha_mountainbike_05

窓は正面・天面・向かって右側面に2個の系4箇所。正面窓が大きく取られていますので視認性は良好です。パッケージ裏には複雑な色とテクスチャ模様のバック地にイラストと製品写真が大きくコラージュされています。

 

■ブリスター

alter_amane_suzuha_mountainbike_06alter_amane_suzuha_mountainbike_07

箱が大きければブリスターも大きい。パーツ的には鈴羽本体・マウンテンバイク・台座と支柱の4点です。ブリスターの構造が良く出来ていて、ビニールの量が少なめなのが嬉しいところ。(個人的には)

 

■説明書

alter_amane_suzuha_mountainbike_08

詳細な説明書が付属しています。持ち方や可動部が記載されていますので、組み立て前に一読しましょう。特に自転車は細かいパーツを破損しやすい気がするので、持つ部分などに注意が必要です。

 

■全身

alter_amane_suzuha_mountainbike_09

ジュースを片手にマウンテンバイクに跨り振り向いたようなポージング。身体にピタッとフィットしたコスチュームが、しなやかな身体のラインを浮かび上がらせています。

alter_amane_suzuha_mountainbike_10

鈴羽のしなやかな身体のラインとマウンテンバイクのメカメカした直線的なシルエットの対比がとても面白いです。

alter_amane_suzuha_mountainbike_11alter_amane_suzuha_mountainbike_12

alter_amane_suzuha_mountainbike_13

こういうポーズって、実際取ろうとすると難しいものなんですが、ビシッと決まってますね。

alter_amane_suzuha_mountainbike_14alter_amane_suzuha_mountainbike_15 alter_amane_suzuha_mountainbike_16

後ろからのアングルが個人的にはお気に入りだったり…。

 

■ちょいアップ

alter_amane_suzuha_mountainbike_17 alter_amane_suzuha_mountainbike_18 alter_amane_suzuha_mountainbike_19 alter_amane_suzuha_mountainbike_20

表情なのか、瞳の印象なのか、とてもミステリアスな雰囲気のフィギュアです。

alter_amane_suzuha_mountainbike_21alter_amane_suzuha_mountainbike_22 alter_amane_suzuha_mountainbike_23

見つめていると吸い込まれそう。

 

■お顔

alter_amane_suzuha_mountainbike_24

お顔はアニメ版ではなくゲーム版のイラストに準拠といった感じ。瞳を見ると特にそう感じますね。アイプリの瞳部分は黄色1色(濃淡はあり)のみでの再現で極端に色の濃い部分が存在しないため、見る者に独特の印象を与えます。

alter_amane_suzuha_mountainbike_25alter_amane_suzuha_mountainbike_26

「表情の無い表情」とでも形容すればよいのか、彼女の内面にある感情が何であるのかを推し量るのは非常に困難です。見る角度によっても微妙に印象が変わります。この雰囲気がシュタゲっぽくてとてもよい。

 

■髪の毛

alter_amane_suzuha_mountainbike_27

髪の毛はおさげやゴムバンド部分も細かく造形されています。

alter_amane_suzuha_mountainbike_28

鈴羽の後ろ髪はショートカットのような短めの髪型ですが、こちらも綺麗に再現されています。情報量も十分かと。

 

■手とジュースなど

alter_amane_suzuha_mountainbike_29

指先をアップで。爪も造形されており、この部分のみ光沢のある塗装が施されていました。

alter_amane_suzuha_mountainbike_30

ジュースのカップに刺さったストローの曲がる部分の再現にも注目。細かい。

alter_amane_suzuha_mountainbike_31

ピンクなどの色を乗せるのではなく、光沢感で爪を表現するやり方も良いものですね。リアリティを感じます。

 

■コスチューム

alter_amane_suzuha_mountainbike_32

ぶっちゃけ、衣装はちょっと地味かも知れません。(ジャージですので…)色気的にどうよ?と思わなくもありませんが、身体のラインはバッチリ見えるのだぜぃ!

alter_amane_suzuha_mountainbike_33

ジッパーの立体的な造形にも注目したい。

alter_amane_suzuha_mountainbike_34

全体的にスレンダーな印象の鈴羽ですが、ちゃんと出るとこ出てます。身体の線が細いから余計に目が行くのかも知れません。

alter_amane_suzuha_mountainbike_35

ジャージの造形は比較的シンプルなものですが、塗りは非常に丁寧で微妙なグラデーションが付けられているなど立体感を感じます。スパッツ部分にはやや光沢感のある塗装が施されており、ジャージ部分とは素材の違いを感じさせる仕上がりです。

 

■お尻

alter_amane_suzuha_mountainbike_36

スパッツに包まれた太ももとお尻。上から被さったジャージにもその起伏がモロに出ていますね。

alter_amane_suzuha_mountainbike_37

お尻自体はそれほど大きくはないのですが、パッツンパッツンにフィットしたスパッツが生み出すラインと、お股の部分の盛り上がり感にハッスルしたくなる事請け合いです!ヽ(゚∀゚)ノ

サドル部分と鈴羽のお尻は接触しておらず、腰を浮かせたようなポーズでマウンテンバイクに跨っています。接地の仕方にもよると思いますが、鈴羽とマウンテンバイクが接触するのは右足に乗せたペダルと左腕を置いたステム部分のみです。

 

■おみ足

alter_amane_suzuha_mountainbike_38

太ももから足元へとスラリと続く脚のラインが美しいです。スレンダー系の脚なので、グラマラスというのとは程遠いですが、健康的で引き締まった肢体といった印象。

alter_amane_suzuha_mountainbike_39

左脚は真っ直ぐ伸ばして接地しており、爪先立ちするようなポーズになっています。

alter_amane_suzuha_mountainbike_40

脚は結構長くて、鈴羽のプロポーションは抜群ですね。

 

■シューズ

alter_amane_suzuha_mountainbike_41alter_amane_suzuha_mountainbike_42

スニーカーも細かい部分まで丁寧に造形されています。鈴羽と台座との接続は左足のみで行います。2本のダボを足裏にはめ込んで固定します。

alter_amane_suzuha_mountainbike_43

右足は角度を合わせてペダルの上に置くだけです。クランク・ペダルはそれぞれ可動しますので、鈴羽の足の位置に合わせて角度を調整します。

 

■適当に何枚か

alter_amane_suzuha_mountainbike_44 alter_amane_suzuha_mountainbike_45 alter_amane_suzuha_mountainbike_46 alter_amane_suzuha_mountainbike_47

( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!

alter_amane_suzuha_mountainbike_48

alter_amane_suzuha_mountainbike_49

スパッツなので撮る意味ないかもですが、ついいつものクセで撮ってしまった…。今回ぱんつ撮れねぇじゃん!!

 

■マウンテンバイク

alter_amane_suzuha_mountainbike_50

さて…今回の主役マウンテンバイクの登場です。超絶クオリティを貫き続けるアルターだからこそ、ここまでの精密さで量産可能だったと言っても過言ではないでしょう。やり過ぎ感がハンパないです。※この自転車欲しさに鈴羽を買った人がどれだけいるだろう…。

alter_amane_suzuha_mountainbike_51

正直、写真を遠目で見たら実物と見分けが付かないんじゃないかと思うくらい緻密に作られています。

alter_amane_suzuha_mountainbike_52

この存在感…!

alter_amane_suzuha_mountainbike_53alter_amane_suzuha_mountainbike_54

チェレステカラーのフレームが印象的なMTB。チェレステとはイタリア語で「青空・碧空」の意味で、これはイタリアの有名な自転車メーカー・ビアンキ社のシンボル的なカラーなのです。

alter_amane_suzuha_mountainbike_55

この自転車、例によってあちこち可動します。ハンドルの角度を変えるなんて朝飯前です。

alter_amane_suzuha_mountainbike_56

フレームには「Rianchi」の文字がw。明らかにこれはBianchiをもじったものですね。

alter_amane_suzuha_mountainbike_57

クランク部分には「SUZUHA」のロゴがw。書体の雰囲気が明らかにSHIMANOを意識したものでニヤニヤしてしまいます。

alter_amane_suzuha_mountainbike_58

ハンドルはフラットバータイプで、ブレーキやシフターなどのメカが取り付けられています。ハンドル部分は少しマットな感じのブラック塗装で、金属の冷たい質感まで伝わってきそう。

alter_amane_suzuha_mountainbike_59

一番大きなレバーがブレーキ、その奥に見えているのがギアを操作するシフターです。メカも細かく造形されています。同じ黒でもハンドルとブレーキ部分で光沢感が違うのがお分かり頂けるでしょうか? パーツごとの塗り分けが凄いですね、このフィギュアは。

alter_amane_suzuha_mountainbike_61alter_amane_suzuha_mountainbike_60

左右のシフターをまじまじと。それぞれリア(写真左)とフロント(写真右)のギアに対応しています。インジケーターが実際のギア位置を指しているなど芸が細かいです。フロント3段・リア8段の24段変速のMTBのようです。

alter_amane_suzuha_mountainbike_62

MTBのサスペンション部分は塗装というよりもメッキに近い質感でした。同じシルバーでも部位によって塗装の色や仕上げが異なり、パーツの質感まで細かく再現されているのがスゴイ。

alter_amane_suzuha_mountainbike_63alter_amane_suzuha_mountainbike_64 alter_amane_suzuha_mountainbike_65

タイヤのトレッドパターンもこの通り。ミゾが細かく刻み込まれています。

alter_amane_suzuha_mountainbike_66

フロントタイヤの様子。タイヤは前後輪とも回転します。タイヤの回転には適度な重みがあり、クルクルと回ってしまうという事はありません。

alter_amane_suzuha_mountainbike_67alter_amane_suzuha_mountainbike_68 alter_amane_suzuha_mountainbike_69

ハンドルから伸びるブレーキやシフターのワイヤー類。この部分はゴムに近い素材で再現されていました。ハンドルを動かせるのはこのためです。細いパーツなので、切断しないよう注意が必要ですね。

alter_amane_suzuha_mountainbike_70 alter_amane_suzuha_mountainbike_71

リアブレーキの様子。ディスクブレーキではなく、ブレーキシュータイプのようです。

alter_amane_suzuha_mountainbike_72

鈴羽のお尻を受け止めるサドル部分。ピンクのポイントカラーがお洒落ですね。

alter_amane_suzuha_mountainbike_73alter_amane_suzuha_mountainbike_74

サドルは中央部に穴が開いたタイプで、スポーツ車などでよく見られます。サドルの裏も抜かり無い造形。

alter_amane_suzuha_mountainbike_75

フロントギアとクランク周辺。ギアの外周部にクリアパーツが使用されていますが、これはチェーンの油がズボンの裾に付かないようにするためのガードですね。

alter_amane_suzuha_mountainbike_76

フロントギアは3枚構成。真ん中にチェーンが掛かっており、これはシフターのインジケーター位置ともちゃんと一致しています。

alter_amane_suzuha_mountainbike_77

クランクも可動パーツになっており、ぐるぐる回すことが可能。鈴羽の足を置く際に位置を調整したりもします。

alter_amane_suzuha_mountainbike_78alter_amane_suzuha_mountainbike_79

クランクだけでなく、ペダル部分もちゃんと回転しますよ~。

alter_amane_suzuha_mountainbike_80

可動はしませんが、チェーンも細かく再現。金属の質感溢れる塗装で、これで動かないのが不思議なくらいです。

alter_amane_suzuha_mountainbike_81

スポーツ車の華、リアディレーラー周辺部。

alter_amane_suzuha_mountainbike_82

リアギアは8枚構成。チェーンとは微妙に異なるシルバーで塗装されています。スプロケットの輝きは、自転車好きには堪らないのではないでしょうか。

alter_amane_suzuha_mountainbike_83alter_amane_suzuha_mountainbike_84

リアディレーラーには「Ace SUZUHA」の文字が。この自転車、肉眼では判読できない程小さな文字がいたるところにプリントされています。どうなってんだ。

alter_amane_suzuha_mountainbike_85

MTBはリアのスタンドを使用することで、支柱なしでもディスプレイが可能になっています。このスタンドも可動します。

alter_amane_suzuha_mountainbike_86

説明書には、鈴羽と一緒に飾る場合にはスタンドを上げるよう記載がありました。

alter_amane_suzuha_mountainbike_87

クリアパーツで成型された支柱が付属しており、スタンドを上げてディスプレイする場合はフレームの部分を下から支えるようにしてMTBを安定させます。…が、鈴羽と一緒に飾る場合は、支柱が無くても倒れる事はありませんでした。(転倒防止のため、取り付けておいた方が安心ですが)

alter_amane_suzuha_mountainbike_88

バルブとキャップ部分。一般的な自転車と長さや形状が微妙に異なるのはフレンチバルブを採用しているためでしょうか。

alter_amane_suzuha_mountainbike_89

フレームの溶接後の盛り上がりまで再現されていたのは驚きました。他にも見所はたくさんありますが、キリが無いのでこのくらいにしておきますね…。マウンテンバイクはとにかく精巧に作られており、撮影する身にもなってくれと言いたい(^^;;

 

■台座

alter_amane_suzuha_mountainbike_90

台座は楕円形でクリアパーツ仕様。背景色が透けているため写真では緑がかって見えますが、実際の色はクリアグレーです。台座手前には「STEINS;GATE」のロゴが白でプリントされています。台座は横方向にそれなりに大きな設置面積が必要となります。(1/8スケール2体分程度?)自転車とセットなのでこれはしゃあなしですな。

 

■ラボメン集合~!!(持ってる分だけ)

alter_amane_suzuha_mountainbike_91

というわけでシュタゲコレクション大集合~!(ずっとこれがやりたかった!)

コトブキヤの紅莉栖PLUMのオカリンを交えて色々撮影してみました。久々に黒バックでの撮影です。それぞれメーカーは異なりますが、並べてみるとそれほど違和感がない…。というかむしろこれは格好いいですぞ!(・∀・)

alter_amane_suzuha_mountainbike_93 alter_amane_suzuha_mountainbike_95 alter_amane_suzuha_mountainbike_96 alter_amane_suzuha_mountainbike_97 alter_amane_suzuha_mountainbike_99 alter_amane_suzuha_mountainbike_100 alter_amane_suzuha_mountainbike_101 alter_amane_suzuha_mountainbike_102 alter_amane_suzuha_mountainbike_103 alter_amane_suzuha_mountainbike_104 alter_amane_suzuha_mountainbike_105 alter_amane_suzuha_mountainbike_106 alter_amane_suzuha_mountainbike_107 alter_amane_suzuha_mountainbike_108 alter_amane_suzuha_mountainbike_109

長いこと(‘A`) 鈴羽コネーとかぼやいてましたが、無事に発売されてヨカッター!! ずっと楽しみにしていたフィギュアだっただけに、撮影できて喜びもひとしおです。PLUMのオカリンを購入したあたりで「これは鈴羽も一緒に撮りたい」と思っていたのですが、ようやく夢が叶いましたわ。フフフ…あとはダルが発売されれば完璧ですな!! (えー!

あえてこのフィギュアの欠点をひとつだけ挙げるなら、それはぱんつが撮れないというでしょうか。これは仕方ありませんね。あー!

「STEINS;GATE 阿万音 鈴羽 & マウンテンバイク」製品レビューをお送り致しました。

もう少し大きな写真をFlickrにもUPしてあります。

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販