[SKYTUBE]フォルト!!S~新たなる恋敵~ 神和住 真夜 製品レビュー

skytube_kamiwazumi_maya_22

この記事には過激な表現(アダルト描写)が含まれておりますので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、「フォルト!!S~新たなる恋敵~ 神和住 真夜」の製品レビューをお送り致します。

フォルト!!シリーズでは、同社の佐伯藍をこちらでレビュー済みですが、またしてもどエロいフィギュアが登場しました。(∩´∀`)∩ワーイ! 正直に申しますと原作のゲームは未プレイで、キャラに関する知識はゼロ。これはもう完全に造形買いですね。エロ買いとも言うかも知れませんw。あまり意識していなかったのですが、ゲームのキャラクターデザインを手がけたのがTony氏である、というのも関係しているかも知れません…。今後Tony氏キャラデザインのフィギュアが増えそうな気がしております…。

それでは、エロ可愛い真夜たんの痴態を存分にお愉しみください。

 

  • メーカー:SKYTUBE
  • 商品名:フォルト!!S~新たなる恋敵~ 神和住 真夜
  • サイズ:1/6スケール(全高:約9cm・奥行き:約22cm)
  • 原型制作:EGG
  • 発売日:2013年8月

 

■パッケージ
skytube_kamiwazumi_maya_01skytube_kamiwazumi_maya_02

薄ピンク色の地に商品写真が配されたシンプルなデザイン。ドットのパターンなどはこのシリーズ共通のデザインとなっているようです。完全にアダルトなフィギュアですが、パッケージのデザインはわりと大人しめでしょうか。^^; 大きさは約W26cm×H26cm×D18cmで、1/6スケールフィギュアとしては結構大きい方かと思います。円形の台座が結構大きいためこのような形状になってしまうのは仕方がないかと。

skytube_kamiwazumi_maya_03

正面と言うか、天面というか、箱の一面がカバーのようになっていて、開いて中が見えるようになっています。裏側には原画イラストも大きく掲載。

skytube_kamiwazumi_maya_04

箱の側面に窓はなく、中を確認できるのはめくり上げた先の窓1箇所のみとなっています。

 

■ブリスター

skytube_kamiwazumi_maya_05

箱が大きいだけに、ブリスターも結構巨大です。写真では見えませんが、本体と台座の間に他の付属パーツが収められたトレイが収納されています。結構大掛かりなブリスターです。

 

■全身

skytube_kamiwazumi_maya_06

じゃーん。

制服をたくし上げて胸があらわになってる上に、ストッキングとパンツまで脱ぎかけという極上のエロシチュエーション!! これでグッと来ないわけがない!!

んじゃ、回して見ましょう。

skytube_kamiwazumi_maya_07 skytube_kamiwazumi_maya_08

冷静に見ると肉体的に負担の大きいポーズかなと思いますが、背中に大きなクッションを敷いているのですね。このクッションの色や形もなんだかえろいです。

skytube_kamiwazumi_maya_09skytube_kamiwazumi_maya_10

skytube_kamiwazumi_maya_11skytube_kamiwazumi_maya_12

skytube_kamiwazumi_maya_13

(・∀・)これはえろいぞ!

 

■ちょいアップ

skytube_kamiwazumi_maya_14

どう見てもM字開脚ですね。ストッキング・ぱんつ・靴をはいたまま、というのがマニア心をくすぐります。

skytube_kamiwazumi_maya_15

ぱんつも半ば脱ぎかけで、低いアングルから覗くと「具」がチラチラと見えてしまっています。

skytube_kamiwazumi_maya_17

スカーフを口に咥えているのが色っぽいですね。赤いスカーフは彩り上のアクセントにもなっています。どうせなら別のものを咥えさせたい衝動にかられますが、ここはグッと抑えてレビューを続けましょう。

skytube_kamiwazumi_maya_18 skytube_kamiwazumi_maya_19 skytube_kamiwazumi_maya_20

いい眺めだろう…?

skytube_kamiwazumi_maya_21

ものすごく整った顔立ちの美人さんがこんなポーズをしている!というギャップがたまりません。切れ長の目でちょっとキツそうな感じに見えて、でもその奥には可憐さを秘めている、という感じの不思議な雰囲気の娘さんです。これはTony氏のキャラデザのなせる技なのかも…?

 

■お顔

skytube_kamiwazumi_maya_22

原作を詳しく知らないので似ているかどうかの判断はできませんが、お顔の造形はとても綺麗に仕上がっていると感じました。 アイプリは光沢のないタイプでとてもシャープ。微妙なグラデーションまで綺麗に再現されています。瞳の網点もかなり細かいですね。テカらないので撮影は楽チンでした。^^; 髪留めはシルバー塗装されていました。

■髪の毛

skytube_kamiwazumi_maya_23

紺色の長い髪は柔らかいカーブを描いており、かなりの情報量。寝そべりポーズで広がった髪って色っぽいですね。塗装・仕上げは普通かなと思います。

skytube_kamiwazumi_maya_24skytube_kamiwazumi_maya_25

skytube_kamiwazumi_maya_26

髪の毛の一部はクッションの上にまわすのが正解のようです。(全身8方向でズレてました)

 

■口に咥えたスカーフなど

skytube_kamiwazumi_maya_27

お口に咥えたスカーフは、制服の胸の部分の黒いパーツと一体になっていました。顔パーツと一緒に交換することで「スカーフなし」の状態で飾ることも可能です。

skytube_kamiwazumi_maya_28

ぱっと見は何の違和感もありませんが、注意深く見ると口の下にパーツが差し込まれているのが分かります。

skytube_kamiwazumi_maya_29

個人的には「スカーフあり」の方が好きなのですが、制服パーツの一部と一体になっているため、制服をキャストオフした時に使えないという欠点も…。上半身を裸にしてスカーフだけ咥えさせるとか、そういうマニアックなプレイがしたかった!!

skytube_kamiwazumi_maya_30 skytube_kamiwazumi_maya_31

■お手手

skytube_kamiwazumi_maya_32

1/6スケールという事もあり、指先の爪までキッチリ造形されています。手を小さくデフォルメするフィギュアが多い気がしますが、こちらは結構大きく作られているなと感じました。

skytube_kamiwazumi_maya_33

skytube_kamiwazumi_maya_34

ボインから下腹部へと続く過程にはおへその造形も。

 

■下半身

skytube_kamiwazumi_maya_35

黒ストッキング脱ぎかけでM字開脚なう、な真夜さん。ストッキングは布製で、やたらリアル。正直ビビッた。色移りが少し心配なんですが、こちらのストッキングは取り外し不可との事。このまま飾っておけば気にならないかな?

■おみ足

skytube_kamiwazumi_maya_36

黒ストッキングの下にあらわになった太ももやお尻の白さに目を奪われてしまいますね。あと、つま先にかけてのラインが秀逸だなと感じました。靴の形が足の指の動きに合わせて変形している様子など、素晴しいの一言。フィギュアに緊張感が生まれます。

skytube_kamiwazumi_maya_37

■靴

skytube_kamiwazumi_maya_38skytube_kamiwazumi_maya_39

靴は鈍い光沢感のある塗装で、柔らかい革の雰囲気がよく出ているなと感じました。ツルツルピカピカの塗装が多い気がしますが、少し渋めの光沢の方がリアリティが増すのかも知れません。

 

■魅惑ゾーン

skytube_kamiwazumi_maya_40

黒ストッキングとパンツが生み出す複雑奇怪な魅惑ゾーン。

skytube_kamiwazumi_maya_41

低いアングルから眺めると、チラチラと中身が見えちゃってます…。

skytube_kamiwazumi_maya_42

で、こんな風にすると……更によく見えますね!

skytube_kamiwazumi_maya_43

(;´Д`)ハァハァ

 

■説明書

skytube_kamiwazumi_maya_44

かなり詳細な説明書が付属しています。開封してビニールを取り外すためにはパーツを外してバラバラにする必要があるため、最初に目を通すべきものかも知れません。手順や方法を間違えると破損の危険もありますので、しっかりと目を通しておきましょう。

 

■交換パーツ

skytube_kamiwazumi_maya_46

台座以外のパーツをバラして並べたところ。写真ではバラしてませんが、顔パーツの交換のために前髪部分も分離できるようになっています。

skytube_kamiwazumi_maya_45

スカーフあり顔パーツ(標準)とスカーフなしの顔パーツ(オプション)。制服をキャストオフする場合は、スカーフなしの顔に交換する必要があります。

 

■スカーフなし顔パーツ

skytube_kamiwazumi_maya_47 skytube_kamiwazumi_maya_48

エロさは半減する気がしますが、お顔は良く見えますね。とても端正な顔立ちで、お嬢様風の敬語で罵られたくなります。(暴走的曲解)

skytube_kamiwazumi_maya_49 skytube_kamiwazumi_maya_50

 

■クッション

skytube_kamiwazumi_maya_51

背中に敷いているピンクのクッションは結構なボリューム感で、髪の毛の形に窪みが付けられています。青い髪の色移りが少々心配。

skytube_kamiwazumi_maya_52skytube_kamiwazumi_maya_53

■台座

skytube_kamiwazumi_maya_54

ほわほわの植毛処理された円形台座。同シリーズの佐伯藍に付属しているのと同じものでしょうか。大きさは直径約20cm程度で、広い設置スペースが必要になります。これだけ大きな台座ですが、フィギュアを乗せると足の部分が少し飛び出ます。

skytube_kamiwazumi_maya_55

何かウチにはこれ系の台座がたくさんあるんですが…。それはエロいって事かっ!

 

■キャストオフ(制服)

さーて、お待ちかねのキャストオフです。顔パーツを「スカーフなし」に変え、制服の上着を脱ぎ脱ぎしてもらいました。

■全身

skytube_kamiwazumi_maya_56

制服を脱いだことで肌色率がアップしました。グンと色気がアップしています。ワンポイントだった赤いスカーフがなくなったことで、色のイメージが大人びたものに変化しましたね。

skytube_kamiwazumi_maya_57 skytube_kamiwazumi_maya_58

両腕の分割位置はシルバーのリングで目立たなくなるように処理されています。

skytube_kamiwazumi_maya_59skytube_kamiwazumi_maya_60

skytube_kamiwazumi_maya_61skytube_kamiwazumi_maya_62

skytube_kamiwazumi_maya_63

 

■ちょいアップ

skytube_kamiwazumi_maya_64

( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!

skytube_kamiwazumi_maya_65

( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!

skytube_kamiwazumi_maya_66

それにしても真夜さん、美乳ですね。柔らかな膨らみと、細くて白い身体のラインとの対比が目に眩しすぎて生きるのが辛いです。

skytube_kamiwazumi_maya_67

バストのサイズは結構大きい方だとは思いますが、巨乳と称するほど大きくはないかなと思います。大きさよりも形重視でしょうか。とても綺麗なおわん型で、揉み心地は良さそう。

skytube_kamiwazumi_maya_68

乳首は確かな突起を感じる柔らかい造形で、淡いピンクに塗装されています。先端部分には弱い光沢感が。乳輪の部分にも若干の隆起があり、乳房→乳輪→乳首という感じで変化を楽しみながら頂上を目指す感じですね。何を書いてるんでしょうね、この管理人は。

skytube_kamiwazumi_maya_69

このアングルだと乳首を弄ってるように見えるのはきっと目の錯覚ですよ。

skytube_kamiwazumi_maya_70

( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!

skytube_kamiwazumi_maya_71

( ゚∀゚)o彡゜おっぱい!おっぱい!

skytube_kamiwazumi_maya_72 skytube_kamiwazumi_maya_73 skytube_kamiwazumi_maya_74

 

■キャストオフ(ぱんつ)

さて…最後はぱんつをキャストオフしてしまいましょう。剥いちゃうぞ~!

skytube_kamiwazumi_maya_75

ぱんつは軟質素材で出来ており、比較的簡単に取り外しが可能です。技術の進歩を感じますね。

skytube_kamiwazumi_maya_76

さすがにそのままは掲載できないので、モザイク処理しますが、局部はかなりリアルに造形されていました。

skytube_kamiwazumi_maya_77

局部はいわゆる「くぱあ」系ではなく、ピッチリと閉じた感じですが、ヒダの前段階である「包皮」部分がしっかりと造形されており、これが結構生々しいのです。局部造形の方向性は、同シリーズの佐伯藍とは全く異なったもので、管理人はこちらの方が良いなぁと思いました。

skytube_kamiwazumi_maya_78

局部の色は綺麗なピンク色で、ブラシで全体に吹き付けたような雰囲気。細かく塗り分けられてはいませんが、それはあまり気になりませんでした。

skytube_kamiwazumi_maya_79

菊は確認できず。あったらあったで扱いに困るが…。

skytube_kamiwazumi_maya_80

ピントをずらしてアップ気味に。やはり「さや」の部分の造形が特徴的ですね。スジの彫り込みだけで、この部分の盛り上がりが無いフィギュアのなんと多いこと。

skytube_kamiwazumi_maya_81

ストッキングが脱がせればなぁ…とちょっと思ったりもしますが、たぶんこの方がエロいのだろう。

skytube_kamiwazumi_maya_82 skytube_kamiwazumi_maya_83 skytube_kamiwazumi_maya_84 skytube_kamiwazumi_maya_85

SKYTUBE=エロいという図式が全てのケースに当てはまるかは分かりませんが、このフィギュアは文句なしにエロかった! 久々に直球のエロさを堪能させてもらいました。制服を着せたままスカーフを咥えたお顔を愉しむのもよいでしょうし、欲望にまかせて剥いちゃうのもアリでしょうw。肌の色が綺麗なので、脱がしても飾り栄えしますね。寝そべり系で台座も大きく、設置面積を取るのが難点といえば難点ですが、この造形が気に入ったのであれば買っても損はないかなと思います。ストッキングもキャストオフ可能だと嬉しかったのですが、さすがにそれは望みすぎでしょうか…。今後のラインナップにも期待!です。

「フォルト!!S~新たなる恋敵~ 神和住 真夜」の製品レビューをお送り致しました。

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販