[native]紺堂 夢 製品レビュー

native_kondo_yume_01
この記事には過激な表現(アダルト描写)が含まれておりますので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、nativeより発売されました「紺堂 夢」製品レビューをお送り致します。(こちらの商品はネイティブオンラインショップ限定の受注生産商品で、既に受注受付は終了しております。)

 

「大人のオモチャ」ならぬ「オトナのための玩具」を情熱的にリリースし続けるnative(あれれ?意味同じじゃね?w)

えっちなフィギュアが大好きなオトナたちの熱い股間期待に応えるべく世に送り出される珠玉の製品は、どれもアダルトオンリーメーカーの本気を感じさせるものばかり…。完全受注生産ゆえ、店頭で気軽に買える代物ではありませんが、一度手にすればそのクオリティと衝撃的なエロさに虜になってしまう方も多いことでしょう。(管理人もその一人ですw)

さてさて、今回レビューします「紺堂 夢」は、CUTEG氏の描き下ろしイラストをフィギュア化したもの。原型制作はReplyFrom…のFio氏が担当されています。このフィギュアの情報はメーカー公式ブログ等でも度々目にしており、原型師さんが女性という事にちょっと驚いたりもしました…。^^;

とは言え、製品のネーミングやシチュエーションは完全にオトナ向けのフィギュアですので、いつも通り遠慮なくprprしてみたいと思います。ホントに遠慮しないよ…?w

それではレビューの方をドゾー。

 

  • メーカー:native
  • 商品名:紺堂 夢
  • 作品名:CUTEGオリジナルキャラクター
  • サイズ:1/7スケール(全高: 14.5cm)
  • 原型制作:Fio
  • 発売日:2014年9月

 

■パッケージ

native_kondo_yume_02

目が覚めるような鮮やかなピンクが印象的な商品パッケージ。ワンポイントでイチゴのイラストがあしらわれたシンプルかつミニマルなパッケージデザインです。箱には窓がひとつも無く、中が見えないためケーキの箱のように見えたりもしますw。大きさはW235mm×H185mm×D130mmで、1/7スケールのフィギュアとしては標準的なものでしょうか。

 

native_kondo_yume_03

パッケージはダンボールのような素材で結構がっしりとした造り。以前のnative製品(CAT LAP MILKなど)は箱にかなりコストをかけていた印象でしたが、ここ最近はわりと普通仕様のパッケージが続いていますね。凝った化粧箱も好きなのですが、フィギュアの価格も上昇気味なので、個人的にはこれで良いのかなと思ったりもします。

 

■ブリスター

native_kondo_yume_04native_kondo_yume_05

フィギュア本体のほか、オトナアイテムがぎっしり詰まったブリスター!! これはお子様には見せられないにゃあ…w。(*´д`*)

 

■布団と枕×2

native_kondo_yume_06

箱からブリスターを取り出すと、その下には布団と枕が収納されていました。なんと、オフトゥンと枕は布製です。(・ω・)フカフカダヨー!

 

■取扱説明書

native_kondo_yume_07

メガネやコンドームの取付・キャストオフ方法が記載された説明書が付属。キャストオフの手順はビニールを外す際にも参考になりますね。

 

■CUTEG氏イラストポストカード(特典)

native_kondo_yume_08

購入特典のポストカードは白封筒に入れられフィギュアのパッケージの外側に梱包されていました。

native_kondo_yume_09

(*´ω`*) イラストも可愛いくてキュンキュン!!

 

■付属品

フィギュア以外の付属品から見ていきましょう。

native_kondo_yume_10

まずはオフトゥンと枕です。実物を手にすると結構大きいですね。枕は2個付属しており、あっ(察し)といった感じですw。

native_kondo_yume_11

カバン、バイブレーター、ローター、コンドーム×2と、オトナアイテムがアイテム盛りだくさん…!!

native_kondo_yume_12

ハイ。バイブレーターです。ウィンウィンしちゃうアレですね。形状がリアルすぎてコメントに困りますw。※モザイクをかけるべきか迷いましたw。

native_kondo_yume_13

ハイ。こちらがローターです。ウィーンヴヴヴヴヴヴとなるアレですね。(意味深)色はイエローですが、思わずピンクローターと呼びたくなります。

native_kondo_yume_14

イチゴ柄のコンドームです。ビラビラと折り返されているところや、袋を切り離した後のギザギザなどが妙にリアルw。袋の中身の盛り上がり感も再現されています。

native_kondo_yume_15

単体のコンドームは紺堂さんのお口に咥えさせる用ですね。マグネットでピタッと貼り付く仕様になっているようです。

 

■カバン

native_kondo_yume_16

いかにも学校の通学に使われそうな何の変哲も無いカバンです。口が開いており、中にモノを詰め込むことが出来ます。

native_kondo_yume_17

(;´Д`A 教科書でも参考書でも無く、バイブとローターを詰め込んでみたよ…!夜のお勉強頑張り過ぎないでね!!(汗

 

■全体ショット

native_kondo_yume_18

付属物全てを並べて元イラスト風にオフトゥンにセットしてみました。オフトゥンは台座としても使えるのはもちろん、他のフィギュアを寝かしつけるのにも良さそうですね…w。可動フィギュア遊びが捗りそうなアイテムですw。

 

■全身

native_kondo_yume_19

コンドームをお口に咥え、制服脱ぎかけで膝立ちしたポージング。ちょっと切なそうな表情でお口にはイチゴ柄のコンドームを咥えております。何と言いますか、もうこれ以上の説明は不要だよね!と思えるほど準備オッケーなエロシチュエーションですねw。

native_kondo_yume_20

ポーズや表情も素晴らしいのですが、紺堂さんが眼鏡っ娘というのが効いています。こんな真面目で大人しそうな子が…!? というギャップ萌えを愉しめるのがポイントだお。(ゲス顔で)

native_kondo_yume_21

大人しそうな顔して、出るとこはしっかり出てますw。(ぉ

native_kondo_yume_22 native_kondo_yume_23

髪の毛は柔らかいカーブを描きながら、腰のあたりでふんわりと広がっています。

native_kondo_yume_24

足に引っかかった脱ぎかけのスカートが臨場感を高めてくれますね。

native_kondo_yume_25

紺堂さん、ロリっとしているのにナイスバディで反則ですよこれはw。

 

■少しアップで

native_kondo_yume_26

このフィギュアの見所はたくさんありますが、まずはシチュエーションや仕草を愉しみましょう。制服もこうやって脱がせるとエロくなるんだなぁと感心感心w。

native_kondo_yume_27

前をはだけたシャツから豊満なバストが飛び出しております。

native_kondo_yume_28

パンツも脱ぎかけで、紐部分がクルクルっと丸まった感じまで再現されている凝りようです。

native_kondo_yume_29

横から眺めると、紺堂さんの胸がいかに大きいかが判ります。この胸はどーやってシャツの中に収まっていたんだ…!?

 

■お顔

native_kondo_yume_30

切なそうな表情がゲス心に火をつけてやまない紺堂さんのお顔。眼鏡+咥えゴムの最強装備です。

native_kondo_yume_31

お顔の印象はデコマスからそれほど大きく変わってはおらず、アイプリの精度にも満足。デコマスは製作過程で面相が変更された事が紹介されていましたが、変更後のお顔の方がダンゼン好みですね。(個人的見解)

native_kondo_yume_32

眼鏡はフレームのないタイプのため、瞳が隠れず良く見えます。この眼鏡は自分で取り付けるのですが、我ながらズレ加減が絶妙だぜ…!!と自画自賛w。

native_kondo_yume_33native_kondo_yume_34

お口の咥えゴムはマグネットでピタッと貼り付けます。お口のダボ穴にはめ込む方式ではないため、ゴムなしでも飾れるのはありがたい点。

native_kondo_yume_35

眼鏡はクリアパーツで出来ており、髪の毛とお顔の隙間にはめ込んで固定します。…が、眼鏡の取り付けは正直若干難しかったです。見た目を重視して髪の毛にミゾ等は設けなかったようですが、きちんと固定される位置を探るのに手間取りました。何度眼鏡がポロリしたことかw。

native_kondo_yume_37

若干コツはいりますが、眼鏡は一度しっかりとはめてしまえば簡単には外れないと思いますので、その点は安心できます。

native_kondo_yume_36

少し上から覗き込んだときの表情も切なそうで萌えますねw。

 

■メガネなし

native_kondo_yume_38

真の眼鏡っ子は、眼鏡を外してもちゃんと可愛い(持論)。というワケで、眼鏡OFF!!

(*´ω`*) うん、可愛い。

native_kondo_yume_39

眼鏡を外すと目の表情が良く分かりますね。ピンクの頬染めもいい感じです。(*´ω`*)

native_kondo_yume_40

アイプリは光沢のないマットなタイプ。テカらないため、個人的にはこのタイプが好きだったりします。

native_kondo_yume_41

(*´д`*) この表情とバストの膨らみのギャップに萌えるがいい…!!

 

■髪の毛

native_kondo_yume_42

髪の毛は毛先にカーブが付けられたロングヘアで、柔らかそうな髪質が伝わってきそうな繊細な造形です。情報量も多く、毛先が広がっているためボリューム感を感じますね。

native_kondo_yume_43

髪の毛にはグラデーションで濃淡が付けられています。塗装も綺麗です。

native_kondo_yume_44

髪の毛は柔らかいカーブを描いているのですが、ウェーブヘアという程のものではなく、紺堂さんはちょっとクセっ毛な女の子なんでしょうか…w。

native_kondo_yume_45

この髪の乱れはこの後行われる行為を暗示してる…のか?w

 

( ゚∀゚)o彡゜ ( ゚∀゚)o彡゜

native_kondo_yume_46

(・∀・)ノ お待たせしました!! おっぱいカメラのお時間です!!

native_kondo_yume_47

シャツのボタンが弾け飛んで、ボンッ!!と飛び出したような超弩級バストですねw。ブラはフロントホックなのかな…。

native_kondo_yume_48

柔らかさと弾力を兼ね備えた至高の芸術品…!! 大人しそうな表情とのギャップが萌えますな!!

native_kondo_yume_49

ちなみに乳首さんは片側のみの露出となっておりますので、右の乳首さんは拝むことが出来ません。左の乳首さんを一点集中型でprprしちゃいます。

native_kondo_yume_50

以前から感じておりましたが、nativeの乳首はエロいですw。(*´д`*) 乳首は大きさがやや強調された明確な突起で、色はサーモンピンクに塗装されています。

native_kondo_yume_51

思わず押したり吸ったり摘んだりしたくなる可愛らしい乳首さんですね。乳首には強い光沢感があり、てらてらと光る感じがまた艶かしいのです…。(*´д`*)

native_kondo_yume_52

乳首の色合いは薄すぎず濃すぎずの良い塩梅で、それほど派手ではないため光沢感が良い仕事をしていると考えるべきでしょうか。

native_kondo_yume_53

作品が作品だけに、この部分にぱっと目が行くような工夫がなされているのかも知れませんね…。

 

■腕・手

native_kondo_yume_54

ほっそりとした両腕はシャツの裾を引っ張るようなポーズを取っています。写真は腕の角度がちょっとおかしかったかも…。

native_kondo_yume_55

腕はとても繊細でしなやかな造形。特に肘の部分の窪みの造形がリアルですね。

native_kondo_yume_56

爪は光沢感のある淡いピンク色に塗装されていました。ひっくり返さないと見えない部分ですが手抜かりなし。

 

■カーディガン

native_kondo_yume_57

腰の部分には淡いイエローのカーディガンを巻いています。柔らかい生地の質感と厚みを感じる造形で、パステルトーンの色合いも綺麗ですね。

native_kondo_yume_58

カーディガンの上からでもお尻の膨らみ感が伝わってきますw。

 

■スカート

native_kondo_yume_59native_kondo_yume_60

足元の脱ぎかけスカートは着脱可能。半分のみ造形された「かぶせ式」です。

native_kondo_yume_61

ヒダやシワ感もリアルに造形されています。オフトゥンの上に置く場合は足との間に隙間が空いてしまうことがあるので、外しておいても良いかもしれません。

 

■おみ足

native_kondo_yume_62

程よい肉感の太ももが眩しいです。ぱんつは着脱可能ですが、それはキャストオフ編でkwsk。

native_kondo_yume_63

(*´ω`*) うむ。ソックスは穿いたままがいいよw。

native_kondo_yume_64

ソックス越しではありますが、しっかりと指の存在を感じる足造形。

 

■おぱぬつ(*´д`*)

native_kondo_yume_65

足に引っかかった脱ぎかけのおぱぬつ。あぁ、紐の部分をクルクルして擦り下ろしたんですね、分かります。

native_kondo_yume_66

ぱんつはキャストオフ可能ですが、外すには他も色々とバラさなければなりません。元々が脱ぎかけなので、外さなくても十分エロいのですがね…w。

 

■キャストオフ

native_kondo_yume_67

ぱんつを脱がすため、キャストオフを強行。一通りバラすとこんな感じになります。

 

■カーディガン

native_kondo_yume_68

腰の部分に巻いていたカーディガンです。軟質系の柔らかい素材で出来ており、グリッと剥くようにして胴体から取り外します。固いときは少し温めてあげると良いかも知れません。

native_kondo_yume_69

接続部のダボがちょっと曲者で、カチッとしっかりはまるタイプではないため、レビュー用の撮影でも隙間が出来てしまったカットが結構ありました。カーディガンは腕とモロに干渉するパーツなのですが、はめ込みが甘くて腕の角度がおかしいカットが何枚かありますw。個体差もあるのだろうか…。

 

■おぱぬつ再び!

native_kondo_yume_70

(・ω・)h 実はこのぱんつはすごいのじゃよ…!

native_kondo_yume_71

(;゙゚’ω゚’) 一部が外れたーーーーー!!!

native_kondo_yume_72

紐の部分ではなく股布が外れるとは…。このぱんつ、革新的です。股布を外した上で、腰方向に向かって引き抜くことで完全に取り外すことが出来るのです。

 

■全身

native_kondo_yume_73

ぱんつとカーディガンを外してみました。よりベッドイン(正確にはオフトゥンイン)っぽいシチュエーションになった気が。

native_kondo_yume_74 native_kondo_yume_75

おねだりしてるようにも見えるかっら不思議なものです。(何を?

native_kondo_yume_76

カーディガンを外したことで、お尻のラインがあらわになりました。局部は…元々見えていたかw。

native_kondo_yume_77

(;゙゚’ω゚’) ワレメさんも丸見えなんですよね、このフィギュア…w。

 

■XXX

native_kondo_yume_78

そろそろ物語の核心に迫りましょう。

native_kondo_yume_79

ぶっちゃけ、すんげーリアルな造形で焦りましたw。ヒダやワレメ、クリトリスまで緻密に再現されています。色はお約束のサーモンピンクで、強い光沢感が与えられており、濡れ濡れだな、まったく。(ゲス顔で呟く

塗装の色合いはそれほど濃いものではなく、造形と光沢で魅せている感じですね。とにかくエロい。さすがnativeと言った感じです。

native_kondo_yume_80

オフトゥンに寝かせて後ろから…というのもおススメだお(*´д`*)

 

■フリーアングルショット

あとは適当に何枚か。

native_kondo_yume_81 native_kondo_yume_82 native_kondo_yume_83

紺堂さんはポーズもシチュエーションもエロいのですが、それを上回る可愛さがあって、眺めているだけで幸せになれます。(*´ω`*)

native_kondo_yume_84 native_kondo_yume_85

アングルを変えながら表情の変化を愉しむのがおススメです!

 

■自由作例

最後に背景を変えた作例を何枚か。元イラストの雰囲気を重視するなら「和室」で攻めるのが正解だと思うのですが、本格的なセットを組むのはなかなか難しい…。そこでフィギュアのカラーイメージに近いトーンのラッピングペーパーを使用して、少しファンシーな路線で撮影してみました。大いなる曲解かも知れませんが、個人的には紺堂さんには可愛らしい背景が似合うと思うんだ…。

native_kondo_yume_86

背景紙は以前伊東屋で買ったパッチワーク調の柄紙があったので、そちらを使用。背景がうるさくなり過ぎないよう、絞りを開けてボケ気味で撮影してみました。

native_kondo_yume_87

なんつーか、ポップなラブコメ路線だな。

native_kondo_yume_88 native_kondo_yume_89 native_kondo_yume_90 native_kondo_yume_91 native_kondo_yume_92

そこはかとなく「ふたりエッチ」っぽくね?w

native_kondo_yume_93

オフトゥンも導入w。

native_kondo_yume_94 native_kondo_yume_95 native_kondo_yume_96 native_kondo_yume_97

照明の角度を変えて、ホワイトバランスを微調整。ほの暗い雰囲気も悪くないですね。

native_kondo_yume_98

塩ビ板を使用して映り込み撮影の練習をしてみたり。慣れていないので正直実践で使えるレベルじゃないです…。もう少し練習したい…。

native_kondo_yume_99

こちらは雲模様柄の紙「彩雲」。レビューでは殆ど使ってませんが、イメージ撮りでは重宝する紙かも知れません。

native_kondo_yume_100

そして紺堂夢ちゃんとコンドームの夢のコラボレーション!!

\(^o^)/よい子のみんなー!ゴム使おーーー!!

native_kondo_yume_101

とまぁ、ひとしきり撮影を楽しんだとさ。めでたしめでたし。

「紺堂 夢」は案内開始当初から気になっていたフィギュアで、管理人の期待値も相当高かったのですが、その期待を裏切らないクオリティで手元に届いてひと安心です。布製のオフトゥンをはじめとして豊富なオトナアイテムが付属しており、プレイバリューも高いと思います。眼鏡やカーディガンの着脱に多少コツが要るのが少々難儀な点なのですが、眼鏡っ娘好きにとってマストバイアイテムなのは間違いないでしょうね。

つい先日案内が開始された「エレベーターガール」もかなり凝ったシチュエーションのようで、こちらも要チェックですね…!

「紺堂 夢」製品レビューをお送りしました。

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販