[グリフォンエンタープライズ]能美クドリャフカ~スク水ver.~ 製品レビュー

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_16

グリフォンエンタープライズより発売の『リトルバスターズ! 能美クドリャフカ~スク水ver.~』製品レビューをお送り致します。

紺スクール水着という名の正義をまとって、クドが帰ってきました。リトバスのアニメ化以降、各社からまたクドのフィギュアが登場する気配があり、あまり種類を持ってない管理人はいつもの癖で補完的にポチポチやっていたりします。制服版もスク水版も既に他社から発売済みですが、グリフォンエンタープライズ版のクドはスク水にマント+帽子というなかなかオイシイポイントを押さえて発売されました。これはクドリャフカというよりペドリャフカと呼ぶに相応しい内容! まあ妄言はこのくらいにして、レビューの方をドゾー。

 

  • メーカー:グリフォンエンタープライズ
  • 商品名:リトルバスターズ! 能美クドリャフカ~スク水ver.~
  • サイズ:1/8スケール(全高約14.5cm)
  • 原型制作:i-con
  • 発売日:2013年7月

■パッケージ

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_01griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_02

1/8スケールですが、パッケージはとても小さかったです。(高さで見れば、ビーチクの箱よりも小さい。)淡いグラデーションに星型をあしらったデザインで、各側面に商品写真がレイアウトされていました。窓は正面と両側面、天面に一つずつの計4箇所。正面以外の窓はそれほど大きくありませんが、視認性は高い方かと思います。

 

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_03

箱が小さいので、電車での持ち帰りも容易かと。

 

■ブリスター

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_04griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_05

台座と本体が収納されたブリスター。帽子はビニールに包まれた上で頭に被せてありました。オプションパーツは特にありません。

 

■全身

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_06

スク水姿にマントを纏い、トレードマークの帽子を被っていますよ! 単にスク水、という事ではなく、マントや帽子を身に着けているのがポイントです。一体どういうシチュエーションなんだ!

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_07

色々身に着けていたほうが、剥ぎ取る楽しみがあるというものですよ。

 

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_08griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_09

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_10griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_11

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_12griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_13

 

■ちょいアップ

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_14

「ふぁいと!なのですぅ!」的なポーズでにぱあっと微笑む表情が可愛らしいです。それほど動きのあるポーズではないんですが、マントや髪の毛の広がり感が全体のボリュームを補っている印象。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_15 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_17

クド可愛いよクド。

■お顔

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_18

ちょっと上目遣いで屈託無く微笑むクド。お口の八重歯もちゃんと造形されています。アイプリは光沢のあるタイプで、仕上げはまあまあといった感じ。普通に可愛いです。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_19

リボンから上だけ見ていると普通に制服クドかな?という感じなのですが、下はスク水ですからねぇ。

 

■帽子

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_20griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_21

トレードマークの帽子。ボタンや黒リボンなどは結構細かく造形されていました。

 

■アップ・ディテール

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_22

マントの赤いリボンが色彩上のワンポイントになっており、紺スクに映えます。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_23griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_24

流れるような髪の毛は結構細かく造形されており、情報量は充分。さらさらな感じが良く出ています。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_25

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_26

軽く握ったお手手。若干ダルさはあるものの、非常に細かい部分なのであまり気になりません。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_27

爪の部分は淡いピンクに塗装されていました。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_28

コウモリの髪留め?と思われる部分。黒く塗られているだけのような…。前髪に隠れて良く見えないです。

■ボディ

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_29

やっぱスク水は紺でしょ。白も良いけど、あれは反則だね。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_30

幼女感タップリのボディライン。おへその窪みが生々しいです。スク水の塗装はグラデで濃淡が付けられており、妙になまめかしい。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_31

形状から察するに、旧スクールタイプではない模様。あと名札が無い。マントを羽織っている状態では、後ろ側を見ることは不可能ですね。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_32

マントは淡いピンクのグラデ塗装が施されており、立体感を感じます。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_33 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_34

マントの内側は薄いピンク系の塗装。パール系ではないです。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_35

赤リボン→紺スク→【絶対領域】→白オーバーニーソという展開。

■下半身

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_36

太ももの肉付きはムッチリ系ではなく、割ととあっさり系。(ロリなので仕方ない)だがしかし、紺スクと白オーバーニーソの狭間で、まばゆい光をはなっている…。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_37

白ニーソは肌が微妙に透けた感じになっています。これは塗装による再現だと思われる。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_38 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_39

飾りのリボンなど。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_40

多くはありませんが、要所要所にシワの感じも再現されていました。

■帽子

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_41griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_42

帽子は着脱が可能な仕様。マグネット式ではありませんが、内側は髪の毛の形にくりぬかれており、位置を合わせれば、それなりにちゃんとはまります。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_43

 

■台座

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_45

フィギュア自体が小さいので、台座も小さめです。本体とは2箇所で固定。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_46

正面にはメタル調のプレートが埋め込まれています。両サイドにはコウモリのあしらいが。

 

■キャストオフ(マント・帽子)

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_44

マントと帽子は取り外し可能。スク水を心行くまでprprする場合にはマントを外すことをおススメします。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_47

これぞスク水の醍醐味!!

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_48

身体のラインが良く見えるようになりました。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_49

この緩やかなS字を描くラインが見たかったのです。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_50

マントがなくなったことで、胸元も良く見えるようになりました。が、まるで、何も、ない。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_51 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_52 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_53 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_54 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_55

お尻は小ぶりですが、太ももから続く柔らかいラインは魅力的ですね。

 

■ローアングル

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_56

ちょっと残念だったのは、股の部分に塗装が剥げたような箇所があったこと。デリケートな部分なんですから…。(撮る方も撮る方だが)

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_57 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_58

小さいが、柔らかそうな感じは良く出ている。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_59

おへそも見ものですな。

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_60

 

■適当にスク水prpr

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_61 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_62 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_63 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_64 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_65 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_66

ほとばしる幼女感!!

 

■フリーアングルショット

例によって夏っぽいシチュエーションのアレンジショットです。もちろんマントは外させてもらった!

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_67 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_68 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_69 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_70 griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_71

 

■サイズに関して

griffon_noumi_kudrjavka_sukumizu_72

今回撮影していて思ったのは、このクドはサイズがちょっと小さいかな…?という事でした。

5月に行われたトレフェスで着色サンプルを見ておりましたので、サイズ感は何となく分かってはいたのですが、実際届いてみるとやはり小さく感じました。1/10スケールをうたうWAVEビーチクイーンズシリーズと並べてみたのが上の写真です。体格差を加味してスケール比だけ見ると、同じか少し小さいくらいに見えますね…。スケール比はメーカーさんによって解釈が色々あるかと思いますので単純には比較できませんが、1/8をうたうなら、個人的にはもう少しボリュームがあっても良かったかも、と思ったりしました。

塗装や仕上げについても、もう少し丁寧に仕上げてもらえれば…という箇所が結構あり、造形自体は良いのに仕上げが…という少々残念な印象も。最近はプライズフィギュアのクオリティがぐんぐん上がっていますし、それとは異なる価格帯でリリースされるスケール製品には、やはりそれなりのクオリティを求めたいところです。フィギュアの価格も上昇傾向にありますし、お客さんも目が肥えて来ていると思います。

グリフォンさんからは他社にはないラインナップが続々と登場する気配がありますので、クオリティや仕上げの精度UPも是非期待したいところです。

『リトルバスターズ! 能美クドリャフカ~スク水ver.~』製品レビューをお送り致しました。

 



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販