[ファニーナイツ]制服少女 Illustrated by ぽよよんろっく 織姫 美琴 製品レビュー

aoshima_orihime_mikoto_77

青島文化教材社のフィギュアブランドファニーナイツより発売の『制服少女 Illustrated by ぽよよんろっく 織姫 美琴』製品レビューをお届け致します。

青島文化教材社から目が放せません。

アオシマはプラモデルメーカーとして認識していましたし、実際そうだと思うのですが、ここに来て気になるフィギュアがファニーナイツブランドから登場しました。洋式便所もある意味革新的(?)で大変素晴しかったですが、正統派萌え美少女フィギュアが発売されたとあっては黙ってはいられません。襟を正してレビューに望みたいと思います。

  • メーカー:ファニーナイツ(青島文化教材社)
  • 商品名:制服少女 Illustrated by ぽよよんろっく 織姫美琴
  • サイズ:1/10スケール
  • 発売日:2013年4月

■パッケージ

aoshima_orihime_mikoto_01aoshima_orihime_mikoto_02

ほぼ立方体形状のパッケージ。1/10スケールという事もあり、非常に小さいです。白を基調にした上品なデザインで、正面にぽよよんろっく氏のイラストが掲載されています。こちらのフィギュアは「制服少女」シリーズの第一弾という事で、パッケージ背面にシリーズコンセプトに関する説明が記載されています。見出しを引用しますと、「日常の中に隠れ潜んでいるエロスやフェティッシュを忠実に再現するオリジナルフィギュア」という事で、参った、これはクリティカルヒットだったわ。

aoshima_orihime_mikoto_03

パッケージの窓は正面から天面に沿って大きく開けられており、視認性は高いと思います。側面のデザインも上品で綺麗ですね。

■ブリスター

aoshima_orihime_mikoto_04aoshima_orihime_mikoto_05

本体と台座が収められたブリスター。コード付きの音楽プレーヤー(あるいはスマホ)は、ヘッドホンとの一体パーツなのでブリスターの中で繋がっています。

■全身

aoshima_orihime_mikoto_06

服をはだけてヘッドホンで音楽を聴く制服少女。別に誘っているわけではなく、自室でくつろいでいるシーンをそのまま切り出したようなシチュエーション。妹の部屋をうっかり覗いてしまったような背徳感に襲われますね。「制服少女」シリーズのコンセプトを高次元で再現していると思います。

aoshima_orihime_mikoto_07aoshima_orihime_mikoto_08 aoshima_orihime_mikoto_09

aoshima_orihime_mikoto_10aoshima_orihime_mikoto_11

aoshima_orihime_mikoto_12

aoshima_orihime_mikoto_13 aoshima_orihime_mikoto_14

■ちょいアップ

aoshima_orihime_mikoto_15

しっかりと盛られた胸元に目が行きます。身体つきは小柄な妹キャラを連想させるのに、胸はしっかり特盛ってどういうことだ。

aoshima_orihime_mikoto_16 aoshima_orihime_mikoto_17 aoshima_orihime_mikoto_18 aoshima_orihime_mikoto_19 aoshima_orihime_mikoto_20 aoshima_orihime_mikoto_21 aoshima_orihime_mikoto_22

■アップ/ディテール

aoshima_orihime_mikoto_23

お顔はややツリ目がちな大きな瞳が印象的。「うっかり部屋に侵入してしまった不届き者を、上目遣いで見ているシーン」のようにも見えますね。デコマスとは若干アイプリの感じが違うようにも感じましたが、可愛いのでこれはこれでいいかなと。細かいラインも比較的綺麗に仕上げられている印象を持ちました。

aoshima_orihime_mikoto_24

ヘッドホンはブラック・シルバー・ピンクに塗り分けられていました。造形もそれなりといった感じ。何か未来的なデザインに思えましたが、最近のヘッドホンはみんなこんな感じなのかな。

aoshima_orihime_mikoto_25aoshima_orihime_mikoto_26

髪の毛には吹き付けの陰影が付けられており、立体感を感じます。造形の情報量も充分かと。

aoshima_orihime_mikoto_27

結び目にはまんまるの髪飾りが。

aoshima_orihime_mikoto_28

首元のリボン! これは重要なアイテムです。現実では真っ先に外すものだと思いますが、あえて残してしまうのがこの業界のルールなのです!

aoshima_orihime_mikoto_29

指先が何か光ってるなーと思ったら、爪にシルバーの塗装が施されていました。なるほど、こういう塗装もあるのか。

aoshima_orihime_mikoto_30 aoshima_orihime_mikoto_31

音楽プレーヤー。小さいパーツですが、造形はしっかりされていました。軟質素材なのでグニャっと曲がりますが。

■上半身

aoshima_orihime_mikoto_32

肩紐がずり落ちたブラがステキ過ぎます。ブラは軟質素材ですが、パール系の塗装が施されており一際目を引きます。こういう下着、ありそうじゃないですか。

aoshima_orihime_mikoto_33 aoshima_orihime_mikoto_34 aoshima_orihime_mikoto_35

腋の窪みあたりに造形上のフェティシズムを感じますねー。

aoshima_orihime_mikoto_36

あー、もう、ハイアングル万歳!(ちゃんとレビューしろよ)

aoshima_orihime_mikoto_37 aoshima_orihime_mikoto_38 aoshima_orihime_mikoto_39

ブラウスも軟質素材なんですが、吹き付けの陰影のおかげでシワの立体感が強調されてます。

aoshima_orihime_mikoto_40

■下半身

aoshima_orihime_mikoto_41

おへそのあたりからピタッと閉じた膝先までの造形に女の子らしさがにじみ出ていて溜息が漏れますな。

aoshima_orihime_mikoto_42

お腹まわりの肉付き感がいい感じです。

aoshima_orihime_mikoto_43

脚を閉じているので少々見づらいですが、股の間のスキマゾーンも拝むことが可能。手を突っ込みたくなるね。

aoshima_orihime_mikoto_44

膝先の脱ぎかけスカートは別パーツになっており、カパッと外すことができます。

aoshima_orihime_mikoto_45

色移りする可能性もありますので、外しておいた方が良いかもしれません。

■おみ足

aoshima_orihime_mikoto_46 aoshima_orihime_mikoto_47

ちょっと失礼な言い草ですが、これが至高の太もも!という訳ではないと思うんです。でもこのちょっとした仕草やポーズにグッと来てしまうのは、現実にありそうなリアリティというか、女の子の日常感を良く観察して立体化しているからなのではないかと思います。この辺は原画の絵師さんの力量によるところが大きいのかも知れませんが…。制服少女、恐るべし!

aoshima_orihime_mikoto_48

足の爪もシルバー塗装。

aoshima_orihime_mikoto_49

管理人は足指の感じが可愛らしくて好きです。

aoshima_orihime_mikoto_50

パンツもブラと同じパール塗装。

■ヘッドホンコード

aoshima_orihime_mikoto_51

ダラーンと伸びたヘッドホンコードはゴムっぽい軟質素材で、頭部のヘッドホンと一体パーツになっています。撮影中は邪魔になるので後ろに回したりしていました。取り外せないので、手に持たせる以外にはこうして成り行きで転がしておく感じでしょうか。

aoshima_orihime_mikoto_52

ヘッドホンコードの付根部分。流石に着脱式には出来ないか。

■音楽プレーヤー(あるいはスマホ)

aoshima_orihime_mikoto_53 aoshima_orihime_mikoto_54

背面には何だか良く分からない動物マークとPoYo PoYoの文字が。芸が細かい。

■台座

aoshima_orihime_mikoto_55

白い円形台座には特にジョイント等は設けられていません。上から置くだけの仕様です。台座にはそこそこ厚みがありますね。

■フリーアングルショット

お気に入りのショットを何点か。

aoshima_orihime_mikoto_79 aoshima_orihime_mikoto_80 aoshima_orihime_mikoto_81 aoshima_orihime_mikoto_82

さて…、恐ろしい事にこのフィギュアには更にギミックが隠されていました。ムフフな画像の閲覧には(一応の)年齢制限を設けさせていただきます。モザイク処理しておりますが、これ以降には過激な表現が含まれておりますので、18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■キャストオフ

aoshima_orihime_mikoto_56

じゃーん。こんな感じで脱がすことが可能です。そして更に…

aoshima_orihime_mikoto_57

ブラの後ろにはこんな感じの連結部が!

aoshima_orihime_mikoto_58

と言うわけで、早速お脱ぎ頂きました。リボンは残しましたが、これは管理人のシュミによるものです。申し訳ございません。

■キャストオフ全身

aoshima_orihime_mikoto_59

aoshima_orihime_mikoto_60

aoshima_orihime_mikoto_61aoshima_orihime_mikoto_62

aoshima_orihime_mikoto_63

aoshima_orihime_mikoto_64aoshima_orihime_mikoto_65

aoshima_orihime_mikoto_66  aoshima_orihime_mikoto_68

少しおとなし目ではありますが、乳首は造形・塗装共にありでした。

aoshima_orihime_mikoto_69

乳房の山の先端が少し尖っている、といった感じの造形で、塗装も若干薄めです。アダルト作品でもないのにここまでちゃんと再現してくれた点は評価できると思います。キャストオフを謳っているわけですし、脱がしてみたらツルツルだった、では興醒めですので…。

aoshima_orihime_mikoto_70

aoshima_orihime_mikoto_71 aoshima_orihime_mikoto_72 aoshima_orihime_mikoto_73 aoshima_orihime_mikoto_74 aoshima_orihime_mikoto_75 aoshima_orihime_mikoto_76

aoshima_orihime_mikoto_78

「制服少女」第一弾である本作品ですが、管理人的には大満足の内容でした。今後の展開にも期待が高まります。管理人は妹キャラ的な印象の本作を購入しましたが、マイルストン流通限定版でストレートヘアバージョンも発売中ですので、気になる方はそちらもチェックしてみて下さい。ガハラさん似と話題になってましたので…。

『ファニーナイツ 制服少女 Illustrated by ぽよよんろっく 織姫 美琴』製品レビューをお送り致しました。



前後の記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • Amazon(撮影機材)

  • ホビー通販